にぶんおいち夫婦2話のネタバレと感想【結婚記念日に浮気相手と一緒に?】

    にぶんおいち夫婦

    作者名 :夏川ゆきの・黒沢明世
    6巻未完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    「にぶんおいち夫婦」2話を読みました。

     

     

    この話読んでいると、
    だんだん怖くなっていきました。

     

    それは、夫は平気な顔をして、
    嘘をつくし、浮気をしていても、
    妻には普段通りに接しているからです。

     

     

    夫が浮気していることを
    妻に内緒にする理由はなんなんでしょうか?

     

     

    それは、

     

     

    怒られるから?

     

     

    離婚されるから?

     

     

    それとも妻を大事に思っているから?
    (傷つけないために)

     

     

     

    周りからみたら、誠実で浮気なんかしなさそうな人でも、
    やっぱりそういたキッカケがあれば浮気してしまうのかもしれない。

     

     

    結婚記念日当日。

     

     

    夫 和真は浮気相手の所にいました…。

     

     

    『にぶんおいち夫婦』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive
    『にぶんおいち夫婦』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    にぶんおいち夫婦2話のネタバレ

    『一緒なんじゃないの?』

     

     

    結婚記念日当日。

     

     

    仕事の付き合いで遅くなる。

     

     

    そう和真から言われていた文。

     

     

    今まで結婚記念日に
    一緒に過ごさない日はありませんでした。

     

     

    そして、
    あの立川さとみという女と
    一緒なんじゃないか!?

     

     

    そんなに思えてならなかったのです。

     

     

    結婚記念日前日、手料理しながら、
    和真の帰りを待つ。

     

     

    『時計ばかり見てる』

     

     

    和真の帰りをまって、
    22時をすぎていました。

     

     

    しかし、和真はまだ帰ってきません。

     

     

    結婚記念日に浮気相手と一緒に?

    『23:31』

     

     

    和真はスマホの時計を見てため息をつきます。

     

     

    そして、
    のろのろとした足取りでマンションに
    入る。

     

     

    『家に帰るのが憂鬱になるなんて…』

     

     

    今まで家に帰るのが、
    癒しだったのに、自宅に帰ることが
    和真にとって憂鬱になっていたのです。

     

     

    「おかえりなさい」

     

     

    家に帰ると、
    和真の帰りを待っていたかのように
    文が玄関までお出迎え。

     

     

    和真はそんな文を見て、
    冷たい表情をします。

     

     

    「寝て良かったのに…」

     

     

    そう一言いうと、
    着替えにいきます。

     

     

    文はそんな和真の様子を見て

     

     

    『怒っている?』

     

     

    そう感じ取ってしまいます。

     

     

    『あざといようだけど、下手にでて…』

     

     

    その時、同じ会社の同僚の男の人が
    話していたことを思いだす。

     

     

    それは、下手にでて旦那さんの良心に
    訴えたらどうか?

     

     

    そういった話でした。

     

     

    文はその後、
    朝、しつこくしたことを謝ります。

     

     

    そして、
    結婚記念日に一緒に入れないことが
    ショックだった。

     

     

    自分の気持ちを素直に言うのでした。

     

    すると…。

     

     

    「ごめんね…」

     

     

    そういって、和真は文を抱きしめます。

     

     

    文は嬉しいのと、
    今までの不安が解消されたかのように、
    涙がポロポロと流れます。

     

     

    『大丈夫』

     

     

    和真の腕の中に包まれながら、
    文はそう思います。

     

     

    しかし、結婚記念日。

     

     

    和真は見事に文の気持ちを裏切るのでした。

     

     

    そして…。

     

     

    にぶんおいち夫婦2話の感想

    和真は何を考えているのかわからない。

     

     

    妻が大事なのか?

     

     

    それとも浮気相手?

     

     

    そして、文の会社の同僚の男の人の意見も
    気になる所です。

     

     

    それは、追及するとのが一番男は嫌だ。

     

     

    じゃあどうすればいいの!?

     

    と言った感じになります。

     

     

    夫婦生活って難しいですね…。

     

     

    『にぶんおいち夫婦』はBookLive!で162円
    読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     
    BookLive!はコチラです。
    『にぶんおいち夫婦』と検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す