わたし、映えてる?~SNSの痛い女1巻のネタバレと感想【真似る女の勘違い!?私カワイイはず?】

    2019y06m20d_123059209

    わたし、映えてる?~SNSの痛い女
    作者名 :浅野まいこ
    3巻未完結

     
    こんにちは!漫画花子です。
    『わたし、映えてる?~SNSの痛い女』1巻を読みました。

     

     

    『私はカワイイはず!』

     

    この『わたし、映えてる?~SNSの痛い女』は
    自分がカワイイと思っている勘違い女が描かれています。

     

     

    主人公の女性は
    お世辞にもカワイイと言えない。

     

     

    初めは自信がなかったのに、
    憧れの女性を真似をするようになったら…。

     

     

    『あの人と同じだからカワイイ』

     

     

     

    服装も化粧も髪型、
    部屋のインテリアまですべて真似をします。

     

     

    そして、
    自分自身に自信が持てるようになっていくのでした。

     

     

    自信を持つことはとても良いことです。

     

     

    しかし、
    その自信は過剰であり、
    そう思っているのは本人だけ。

     

     

    周りの人から見てみたらクスクス笑われるほど、
    服装も髪型も化粧も似合っていなかったのです。

     

     

    まるでその人のコピーのように真似る
    その女性があまりにもイタ過ぎるを通りこして…。

     

     

    不気味すぎる…。

     

     

    今回は漫画のストーリーだけど、
    本人の前であからさまにマネする女性
    現実にいるのかもしれませんね…。

     

     

    真似された人はどう思っているのだろうか?

     

     

    「わたし、映えてる?~SNSの痛い女」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    「わたし、映えてる」と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    わたし、映えてる?~SNSの痛い女1巻のネタバレ

    『ピッ!ピッ!ピピ…』

     

     

    部屋で一人、
    体育座りをして、スマホを片手にSNSにコメントする。

     

     

    SNSに映る美人な女性 里桜を見ながら

     

     

    「すべてをもっているってことね」

     

     

    そう、ひとり言をいう真琴なのでした。

     

     

    真琴は髪はショートカットで、
    体形もぽっちゃり。

     

     

    顔もお世辞にもカワイイと言える女性じゃ
    ありませんでした。

     

     

    「トップでした!」

     

     

    里桜は出版会社に勤めていました。

     

     

    そして、
    先月の里桜のアンケートの企画が
    トップだったのです。

     

     

    「嬉しい!!」

     

     

    それを喜ぶ里桜。

     

     

    仕事もプライベートも充実した生活を
    過ごしていたのです。

     

     

    しかし…。

     

     

    「新人の…」

     

     

    里桜の会社に新入社員が入ってきます。

     

     

    その人は小林真琴。

     

     

    里桜のSNSを見て、
    コメントしていた女性です。

     

     

    この真琴が入社し、
    里桜に近づいてきたことで、
    里桜の生活は乱されることになるのでした…。

     

     

    真似る女の勘違い!?私カワイイはず?

    「宜しくお願いします」

     

     

    里桜と真琴はお互い挨拶を交わします。

     

     

    そして、

     

     

    「SNSでチェックしていて…」

     

     

    真琴が里桜のファンであることも
    話す。

     

     

    すると、里桜が…。

     

     

    「今日は特別」

     

     

    その日、里桜は真琴を連れて取材に
    出るのでした。

     

     

    そして、
    本来なら真琴は事務作業をしてもらう
    けど、今日だけは里桜と一緒に特別に
    取材という仕事に行くのでした。

     

     

    「お気に入りなの」

     

     

    その日、
    真琴は里桜のお気に入りのカフェに
    連れて行ってもらいます。

     

     

    真琴は素敵なカフェだから
    自分のSNSに投稿していいか
    里桜にききます。

     

     

    里桜はもちろんOKという。

     

     

    その後も、
    里桜が良く行くブティックでコートを
    見たり、化粧品を見たりするのでした。

     

     

    その翌日…。

     

     

    「おはようございます」

     

     

    真琴が出社してくると、
    そのイメチェンに誰もが驚く。

     

     

    なぜなら、どうみても里桜の真似をした
    服装だったからだ。

     

     

    「一緒に撮ってください」

     

     

    真琴は自分のスマホを手に持つと、
    里桜と一緒に自撮りします。

     

     

    『#双子コーデ』

     

     

    そう書かれたSNSの投稿。

     

     

    里桜はなんだか恥ずかしくなってしまいます。

     

     

    そして、
    会社の人は真琴の姿を見て
    クスクス笑う…。

     

     

    それにも真琴は気が付かない…。

     

     

    更に彼女の行動はエスカレートしていきます。

     

     

    それは…。

     

    わたし、映えてる?~SNSの痛い女1巻の感想

    何でも手に入れている憧れの女性に近づくために
    同じ会社に入ったり…。

     

     

    更に、
    ある日同じ服装・髪型・化粧を
    してきたら…。

     

     

    そこまで親しくないのに、
    双子コーデとかSNSに投稿されたら…。

     

     

    里桜のように、
    嫌悪感かんじない人はいないはずでは?

     

     

    と感じてしまいました。

     

     

    とにかく、人の感覚と違う不気味な主人公が
    見所ですね(笑)

     

     

    「わたし、映えてる?~SNSの痛い女」2巻のネタバレ
    ⇒わたし、映えてる?~SNSの痛い女2巻のネタバレと感想【嘘をつく真琴!?平気で人を騙すその真相は?】

     

     

     

    『わたし、映えてる?~SNSの痛い女』はBooklive!で
    216円で読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     

     

    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     

     

     

    BookLive!はコチラです。
    『わたし、映えてる』と検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す