醜女シンデレラのネタバレと感想・無料お試し読み【9歳の男の子が思う大人事情?僕ってパパの子じゃないかも!?】

    2019y04m04d_115742188

    醜女のシンデレラ~母と娘の顔面格差~
    作者:安武わたる
    1巻完結

     
    こんにちは!漫画花子です。
    「醜女のシンデレラ~母と娘の顔面格差~」です。

     

     

    この話は全部で5部作となっています。

     

     

    その中でも最初の3作は美しい母親を持つ子供達のことが
    描かれています。

     

    最初は母親と娘のエリカ。

     

     

    2作目はその弟 薫のことが描かれています。

     

     

    お金持ちで美人なママ。

     

     

    そして、パパはママのやる事には何も言わない。

     

     

    『結婚したら一人の人を愛し通す』

     

     

    そんな感覚を壊すようなエリカと薫の家庭。

     

     

    それは、ママには沢山のボーイフレンドがいる。

    からです。

     

     

    そんな家庭でそだった9歳の薫はこう思う。

     

     

    それは、僕はパパの子じゃないのかも!?

     

     

    『醜女のシンデレラ~母と娘の顔面格差~』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    『醜女のシンデレラ』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    醜女のシンデレラ~母と娘の顔面格差~のネタバレ

    『僕にはわからないことが沢山ある』

     

     

    3つ上の姉 エリカを持つ薫。

     

     

    薫は頭が良くクラス1の秀才です。

     

     

    そんな姉と話していると、
    良く『あんたはバカね…』と言われます。

     

     

    更に、

     

     

    『友達って自然にできるものじゃないの?』

     

     

    薫のクラスメイトが友達は作るものだ。
    と話すとそんな風に思うのでした。

     

     

    薫はエリカに比べると成績も良くない。

     

     

    得意なことといえばバイオリンを弾くことでした。

     

     

    母親に似て美形の薫。

     

     

    バイオリン教室では、
    女の子にキャーキャー言われます。

     

     

    『ペットの可愛さと同じ』

     

     

     

    お姉ちゃんにいわせると、
    薫の可愛さは犬や猫などのペットの可愛さと同じ。

     

     

    周りがキャーキャーいって可愛がってくれても
    どことなく悲しい顔をする薫なのでした。

     

    9歳の男の子が思う大人事情?僕ってパパの子じゃないかも!?

    「珍しい客を連れてきた」

     

     

    そういってパパが帰ってくると、
    岩永おじさんも一緒に連れてきます。

     

     

    岩永おじさんはパパの高校時代の親友。

     

     

    そして、世界を歩いて絵を描く売れない画家でした。

     

     

    そんな岩永おじさんがくると、
    皆がウキウキしていることがわかる薫なのでした。

     

     

    『ママが怒っている』

     

     

    薫が学校から帰ってくると
    ママの機嫌が悪かった。

     

     

    ママはめったに怒らない。

     

     

    なのに、機嫌が悪いのは岩永おじさんがいないから。

     

     

    と薫はスグに勘付きます。

     

     

    『パパはママが何しても怒らない』

     

     

    ママにはいまだに沢山の
    ボーイフレンドがいることも薫は気が付いていたのです。

     

     

    そして、
    ママが一番好きなのが岩永おじさん。
    ということも…。

     

     

    『誰かパパかはっきりしているんだから』

     

     

    薫は姉が羨ましいと思う。

     

     

    それは、パパに似ている姉は、
    絶対パパの子であることがわかるから…。

     

     

    薫は窓際からママと岩永おじさんが話しているのを
    眺めていました。

     

     

    そして、僕のパパは…。

     

    醜女シンデレラの感想

    母親がどんなに好きな事をしても何も言わない父親。

     

     

    母親には沢山のBFがいました。

     

     

    そんな中で育つエリカと薫。

     

     

    エリカは母の行動に涙を流し、
    薫は誰がパパなのか考えてしまう。

     

    幸せそうに見える家庭だが、
    子供達は複雑な心境になっていることが
    描かれていました。

     

     

    やっぱり子供は
    一人の人を愛し通す父と母が良いのでしょうね…。

     

     

    大人は大人の事情で大変なこともあると思うけど…。

     

     

    『醜女シンデレラ』はBookLive!で読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     

     
    BookLive!はコチラです。
    『醜女シンデレラ』と検索してください。

     

     

     

      コメントを残す