クズとケモ耳 7巻のネタバレと感想【ミミ付きと愛し合う時!?行方不明になったメルが見つかる?】

    2019y03m29d_121016207

    クズとケモ耳
    作者名 :杉しっぽ
    8巻未完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    「クズとケモ耳」7巻を読みました。

     

     
    九晟はメルと心の底から愛し合うことは
    出来るのだろうか?

     

    九晟は自分の意のままにメルを扱っていました。

     

     

    メル自身も惹かれているかのように
    見える所もあったけど、やっぱり嫌だったんですね…。

     

     

    メルは、九晟と愛し合ったその後、
    姿を消してしまう。

     

     

    嫌いな人に性的行為をされた。

     

     

    それは、貴族であろうとしては
    いけないことだったのです。

     

     

    ミミ付にとって
    それをやることは自殺行為とまで
    後から知った九晟は…。

     

     

    そして、メルは見つかる!?

     

    「クズとケモ耳」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    「クズとケモ耳」と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    クズとケモ耳7巻のネタバレ

    『情報求む』

     

     

    メルがいなくなって1ヶ月。

     

     

    九晟はメルを探していました。

     

     

    情報求むと書かれたメルの写真付きの
    ポスター。

     

     

    それを色んな人に配り行方を捜します。

     

     

    「新しいミミ付をもらってまいります…」

     

     

    使用人は、メルじゃなくて、
    他のミミ付を飼ったらどうか?

     

     

    そんな風に提案する。

     

     

    すると、九晟は使用人を殴り、
    激怒するのでした。

     

     

    『僕のものになたハズだった…』

     

     

    メルを抱いたその日から、
    メルは姿を消した。

     

     

    九晟の中では愛し合ったはずだった…。

     

     

    『裏切者』

     

     

    『裏切者』

     

     

    『裏切者』

     

     

    九晟はメルに対して更に
    強い想いを抱いてしまうのでした。

     

     

    ミミ付きと愛し合う時!?行方不明になったメルが見つかる?

    「ミミ付を保護している家が…」

     

     

    使用人から町から離れた場所に、
    ミミ付を保護している家があることを
    教えられます。

     

     

    九晟はスグその場所へ向かう。

     

     

    「僕一人でいく」

     

     

    山奥にあるその家まで、
    徒歩で2時間以上歩いていました。

     

     

    使用人もヘトヘトになり、
    休憩しましょう。といいます。

     

     

    しかし、
    九晟は休憩している余裕などなく、
    自分一人でその家に向かって歩きだす。

     

     

    「久しぶり」

     

     

     

    そこにいたのは、九晟のイトコ彰史なのでした。

     

     

    彰史はミミ付のボタンと
    駆け落ちをして行方不明だったイトコ。

     

     

    そこにもメルがいないと聞くと、

     

     

    「どうしよう…」

     

     

    九晟はまるで子供のように泣き出す。

     

     

    合意のない性行為は犯罪。

     

     

    そして、
    その行為をされたミミ付は
    自殺する事も珍しくない。

     

     

    そう彰史は話します。

     

     

    その話を聞いて、”ゾッ”としてしまう九晟。

     

     

    「変わりなよ」

     

     

    メルを自分の物にしたいと思うなら、
    他人を支配するのではなく、変わる必要があることを
    彰史は九晟に話します。

     

     

    そして、彰史とボタンが愛し合う姿を見て、
    九晟は何かが変わり始めるのでした。

     

     

    そんな時に、メルの行方の手がかりが…。

     

    クズとケモ耳 7巻の感想

     

    九晟から合意のない性的行為を受けたメル。

     

     

    九晟自身はメルが自分の物になったと
    勘違いしていたのです。

     

     

    その日からメルは行方不明になります。

     

     

    メルのことを想う九晟は
    メルに裏切られたと思う。

     

     

    のちにミミ付のボタンと駆け落ちしたイトコ彰史と
    出会い、九晟がしたことはメルに対しては自殺行為と
    いう事を知るのでした。

     

     

    その後、九晟は彰史とボタンが愛し合うのを見て、
    考え直すようになっていきます。

     

     

    メルは無事でいるようだが、
    その後が気になる所です。

     

     

    メルと九晟は上手く愛し合えるようになるのでしょうか…。

     

     

    「クズとケモ耳」はBookLive!で108円
    読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     
    BookLive!はコチラです。
    『クズとケモ耳』と検索してください。

     

     

     

      コメントを残す