恋と弾丸(最新刊)6巻のネタバレと感想【桜夜の弱みはユリ?ターゲットにされたレディ】

    2019y03m05d_124038337

    恋と弾丸
    作者名 :箕野希望

     
    こんにちは!漫画花子です。
    「恋と弾丸」6巻を読みました。

     

     

    「恋と弾丸」を
    ここまで読んできましたが、
    桜夜とユリの愛し合い方がスゴすぎます(笑)

     

     

    まるで一般公開のように、
    周りを気にせず愛すという…。

     

    桜夜自身も、
    自分の素直な気持ちのまま、
    ユリとキスしたければする。

     

     

    抱きたければ抱く。

     

     

    しかし、ベットの中では
    ユリに服従する桜夜…。

     

     

    普段は部下をひきいる、
    ヤクザの若頭という怖い所もあるのに
    そのギャップがいいですね。

     

     

    そんなユリですが、桜夜から
    愛されれば、愛されるほど桜夜の
    弱みになっていきました。

     

     

    そこをついた、
    他のマフィアはユリをターゲットにする?

     

     

    『恋と弾丸』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    『恋と弾丸』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    恋と弾丸6巻のネタバレ

    「じっとしてて…」

     

     

    ベッドの上でユリは桜夜に抱かれる。

     

     

    しかし、今回はユリが上に
    なりリードしていました。

     

     

    「っ…」

     

     

    顔を赤らめながら、
    歪める桜夜の顔。

     

     

    『ゾクゾク…』

     

     

    大勢の部下を率いるヤクザの若頭が
    今は自分に服従している…。

     

     

    ユリはその優越感に浸るのでした。

     

     

    『死に近い人』

     

     

    外国ですら、
    命を狙われる桜夜。

     

     

    いつどこで何があるかわからない。

     

     

    そして、いつ死ぬのかも…。

     

     

    この時間がどんなに幸せなことで大切なのか
    感じるユリなのでした。

     

    桜夜の弱みはユリ?ターゲットにされたレディ

    「何度見てもおかしい」

     

     

    そういって、
    民族衣装を着てデートする桜夜とユリの
    写真を見ていたセミリオ。

     

     

    セミリオは桜夜の命を狙う
    マフィアだった。

     

     

    「さぁレディに会いに行こう」

     

     

    それは、ユリを狙うことを意味していました。

     

     

    「スゴク震えているよ」

     

     

    危険が迫っている中、
    ユリと桜夜は一緒にいる時間
    ずっと愛しあっている。

     

     

    ユリの身体は体力的にも限界か
    震えていました。

     

     

    しかし、ユリ的にはまだまだ
    桜夜と繋がっていたい。

     

     

    強くて優しくて、
    裏の世界ではスゴイ人。

     

     

    ユリが桜夜に抱かれる意味は、
    桜夜が生きていることを実感するのと
    同じでした。

     

     

    「いただきます」

     

     

    桜夜と2人で食事をしていると、
    ウエイトレスがシャンパンをこぼしてしまう。

     

     

    そして、ユリの洋服が汚れてしまいます。

     

     

    着替えのために
    別の所へ案内される。

     

     

    その後、
    ユリは桜夜の所へ戻ってくることは
    なかったのです。

     

    気が付いた桜夜は…。

     

    恋と弾丸6巻の感想

    他マフィアのセミリオから
    桜夜の女として目を付けられたユリ。

     

     

    ユリは桜夜の弱みとして、
    ターゲットにされます。

     

     

    危機が迫る中、
    桜夜とユリは何度も愛し合う。

     

     

    しかし、そんな時間は長く続かなかったのです。

     

     

    読んでいると恥ずかしくなるくらい、
    ユリは桜夜に愛されていました。

     

     

    ネコ語とかスゴイけど(汗)

     

     

    キスしたい時にする。

     

     

    抱きたい時は抱く。

     

     

    欲のままに生きる桜夜はやっぱり
    かっこいい!

     

     

    「恋と弾丸」はBookLive!で108円
    読むことが出来ます。

     

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     
    BookLive!はコチラです。
    『恋と弾丸』と検索してください。

     

     

     

      コメントを残す