いとなみ1話のネタバレと結末・感想【何もしないで結婚!?卒業まで待ってください?】

    2019y03m02d_191049233

    いとなみ いとなめず
    作者名 :水瀬マユ

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    水瀬マユさんの『いとなみ いとなめず』1話を読みました。

     

     

    水瀬マユさんの漫画を読むと、
    何だかわからないけど、
    ドキドキしてしまいます…。

     

     

    今回も、女子高生のふとした顔に
    ドキドキしちゃった私です。

     

    この漫画のストーリーは、
    超純粋すぎる営業マンと、
    女子高生の恋を描いています。

     

     

    超純粋すぎるというのは、
    奥手すぎて、26歳まで女性との経験がゼロ。

     

     

    もちろん初体験もまだだったのです。

     

     

    そんなある日、
    いつも通う弁当屋に新しい女の子が
    働いていました。

     

     

    彼女は、二つ結びをして慣れない手つきで
    レジを打つ。

     

     

    レジを打ち終わった後、
    営業マンを見たふとした顔がたまらない。

     

     

    そして、その顔が忘れられなくなり…。

     

     

    「いとなみ いとなめず」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>まんが王国
    「いとなみ」と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    いとなみ いとなめず1話のネタバレ

    「女性を前にすると緊張するんです…」

     

     

    不動産の営業をしている清。

     

     

    露出の高い服を着た女性を目の前に、
    不動産契約の手続きをしていました。

     

     

    露出が高い服から見える、
    胸の谷間。

     

     

    更に、女性が彼氏の話をすると、
    ダラダラと冷や汗を大量にかく。

     

     

    「がむっ」

     

     

    終いには、焦りすぎて、
    舌を噛んで、話も噛んでしまうのでした。

     

     

    「契約取れたらよかったじゃん」

     

     

    女性にタジタジだった清を見ながら、
    会社の先輩の黒坂がそう言います。

     

     

    「僕みたいなのが…」

     

     

    「不愉快じゃないかと…」

     

     

    女性はすごくカワイイ。

     

     

    自分が近づいたら不愉快な
    想いをさせてしまうのではないか!?

     

     

    清はそんな風に思っていたのです。

     

     

    「ブスでも!?」

     

    ブスでもそんな風に思う?

     

     

    そんな事をいいながら、

     

     

    「アン…アン…」

     

     

    スマホに映るエロ動画を
    清に見せるのでした。

     
    赤面して、
    股間を抑える清。

     

     

    その姿を見て中学生みたいな反応で
    面白いとカラかう黒坂なのでした。

     

     

    何もしないで結婚!?卒業まで待ってください?

    「いらっしゃい」

     

     

    いつものお弁当屋さんに行く清。

     

     

    そこには、巨乳の実乃梨がいました。
    (ふくらみ・ふくらむの主人公の)

     

     

    実乃梨は清を見るが、
    清はなかなか目を合わせてくれない。

     

     

    女性と目を合わせられないのは、
    清の性分なのでした。

     

     

    「大丈夫だよー」

     

     

    ソワソワしながら、
    働いている女の子がいました。

     

     

    実乃梨が妊娠していて出産を
    控えていたために、アルバイトを
    雇っていたのです。

     

     

    「常連さん」

     

     

    実乃梨はアルバイトの澄に清の
    ことを紹介します。

     

     

    「これもお願いします」

     

     

    弁当とお惣菜をレジに持っていく。

     

     

    澄はレジを打ち始めます。

     

     

    『ピッ…ピッ』

     

     

    慣れないのか、
    レジの機会から唐揚げ弁当のボタンを探す。

     

     

    『そこそこ…』

     

     

    通い慣れている清は、
    レジの機会を見ながら
    唐揚げ弁当のボタンを心の中で
    さします。

     

     

    しかし、澄はわからず探す。

     

     

    「っしゃ!」

     

     

    唐揚げ弁当のボタンを澄が押すと、
    つい、「しゃっ!」と声が出る清なのでした。

     

     

    すると…。

     

     

    『カァ……』

     

     

    清と目を合わせながら、
    頬を赤らめて赤面する澄。

     

     

    三角巾に二つ結び。

     

     

    エプロンを付けて純粋そうな彼女を見ると、
    清は手汗をかいてしまう。

     

     

    お釣りを受け取って、
    店を出ると…。

     

     

    『ドキ』

     

     

    『ドキ』

     

     

    『ドキ…ドキ…』

     

     

    鼓動が高鳴り、
    心臓の音がスゴイことになっていたのです。

     

     

    その日、澄に一目ぼれをしてしまった清。

     

    いとなみ いとなめず1話の結末

    「え!?何を…」

     

     

    その夜、清は澄と初体験をする夢をみてしまう。

     

     

    女を抱いたことのない清は、
    澄に抱かれるような形で…。

     

     

    お弁当屋に勤めているあの三角巾に二つ結び。

     

     

    着ていたシャツを脱ぎ始めて清に
    近づいてきます。

     

     

    そして、清のズボンのベルトを
    ゆるめるとそのまま股ぎ始める。

     

     

    「好き…」

     

     

    澄がそういった時には…。

     

    再び、清が澄に会う時は、
    プロポーズするとは知らず、
    清はそんな夢をみていたのです。

     

     

    いとなみ いとなめず1話の感想

    純粋すぎる清も良いが、
    何が一番よかったって、
    澄です。

     

     

    彼女は見た目から純粋そうで、
    カワイイ感じの女の子でした。

     

     

    大人なのかと思ったら、
    女子高生とこの1話で発覚。

     

     

    清と澄が今後どのように進展していくのか
    楽しみです。

     

     

    純粋男をどう打破できるのだろうか(笑)

     

     

     

    「いとなみ いとなめず」はまんが王国で
    読むことが出来ます。

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでくださいね。

     

     

    まんが王国はコチラです。
    「いとなみ」と検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す