シングルマザーになりました1巻のネタバレと感想【ある日突然、夫が亡くなり家から追い出される…】

    2019y02m27d_122749725

    シングルマザーになりました
    作者名 :岡田理知
    3巻未完結

     

     
    こんにちは!漫画花子です。
    岡田理知さんの「シングルマザーになりました 」を読みました。
    いきなり旦那さんが亡くなったら…。

     

     

    この「シングルマザーになりました」は
    ある日突然、旦那が亡くなり未亡人になる話です。

     

    予期せぬ出来事に、
    ただ悲しむだけの妻。

     

     

    そんな妻に夫が亡くなったことで、
    更に苦悩が訪れます。

     

     

    それは、妻達は夫の実家を二世帯住宅にして
    住んでいました。

     

     

    その家から追い出されることになります。

     

     

    そして、追い出された家には、
    義母の娘が一緒に暮らすことになるのです。

     

     

    更に、夫の葬式代も支払わないといけない。

     

     

    身内だけで行う家族葬ならいいですが、
    そうじゃない場合、お葬式代も結構かかります。

     

     

    落ち着いた頃、
    お葬式代の請求も…。

     

     

    世間では、
    生きている旦那よりも
    死んだ旦那のほうが楽。

     

     

    など色々な人に言われる。

     

     

    シングルマザーってこんなに大変なんだ…。

     

     

    と色々考えさせられる漫画でした。

     

     

    「シングルマザーになりました 」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    「シングルマザーに」と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    シングルマザーになりました1巻のネタバレ

    『あれが最期になるなんて…』

     

     

    いつもの土曜日、
    笑顔でゴルフに出かける夫の耕介。

     

     

    そして、帰ってきたときは亡くなっていました。

     

    「ママ!」

     

     

    娘に呼ばれてハッとする。

     

     

    真歩は葬儀中にもショックで考えこんでいました。

     

     

    「喪主のあいさつ!」

     

     

    真歩は喪主であり、
    最後の挨拶になっても
    考え込んで、気が付かずにいたのです。

     

     

    「本日はお忙し中夫の…」

     

     

    そう話しだすと、

     

     

    「うわぁぁぁぁーーーん」

     

     

    真歩は大声をあげて
    号泣してしまうのでした。

     

     

    「あの喪主のあいさつ酷かった…」

     

     

    二世帯住宅の実家には、
    義妹の静香が来ていました。

     

     

    そして、義母とお葬式の話をする。

     

     

    「もういい加減にして」

     

     

    葬儀が終え、その後真歩は
    家にある夫の写真の前で横になっていました。

     

     

    真歩は夫を亡くしてから、
    気力を失い、家は服や食べ物が散らかり放題。

     

     

    娘のひなこにまで文句を言われます。

     

     

    「パパが悲しむよ」

     

     

    「ママ失格だよ」

     

     

    そんな風にまで言われる。

     

     

    ひなこ自身も悲しいはずだが、
    しっかりした娘に怒られる母親。

     

     

    しかし、哀しみに浸る母を悲しむでもなく、
    そんなひなこだからこそ良かったのかもしれない。

     

     

    ある日突然、夫が亡くなり家から追い出される…

    「まだ相続の話していないの!?」

     

     

    義妹の静香は母親と相続の話になる。

     

     

    しかし、気力のない真歩はまだ、
    相続の手続きをしていなかったのです。

     

     

    「あの人と結婚しなかったら死ななかった」

     

     

    義母は終いには、
    耕介が真歩と結婚したから、
    死んだとまで言い出します。

     

     

    真歩はどちらかというと、
    おっとりしていて、おっちょこちょいな
    所あります。

     

     

    始めは同居していたのですが、
    義母から見た真歩はどんくさく、
    真歩よりも、義母自身がストレスが溜る。

     

     

    そして、義母から二世帯をお願いするのでした。

     

     

    「いいよこれで」

     

     

    何もしない真歩に、
    娘のひなこはカップラーメンを食べようとします。

     

     

    しかし、真歩はそれじゃいけない!

     

     

    と買い出しにいきます。

     

     

    その後、相続のことなど少しはやる気をだします。

     

     

    「今日は銀行へいこう!」

     

     

    そう思って外へでると…。

     

     

    「ちょっといいかな?」

     

     

    義父に呼ばれて、
    家に入る。

     

     

    すると、義母と一緒に今後のことを
    話始めるのでした。

     

     

    「この家を出て行ってほしいの」

     

     

    義母からはっきりと言われます。

     

     

    そして、”耕介を殺したのは、真歩のせい”
    とまで言われてしまうのでした。

     

     

    始め、何をいっているのか理解できなかった
    真歩だが、このまま義母の家にいることは
    出来ないと悟ります。

     

     

    真歩が耕助を殺したなど、
    耕介と真歩の出会いを考えれば、
    そんなことは決してなかったはず。

     

     

    短い間だったけど、耕介は幸せだったと思います。

     

     

    家を追い出された真歩、
    その後ひなこと2人だけの生活が始まるのでした。

     

    シングルマザーになりました1巻の感想

    ある日突然夫が亡くなる。

     

     

    予期しないことにどうしていいか
    わからず、ただ悲しむ真歩。

     

     

    そして、気力を失い家の中も荒れ放題でした。

     

     

    そんな中救いだったのが、
    娘のひなこ。

     

     

    ひなこはそんなママに喝を入れ、
    ママの気力を取り戻させます。

     

     

    少しづつやる気が出てきた所で、
    義母から家から出て言って欲しい。

     

     

    そんなお願いをされます。

     

     

    そして、ひなこと真歩2人の生活が始まる。

     

     

    シングルマザーになると、
    色々なことがあります。

     

     

    しかし、真歩は幸せそうに見える。

     

     

    彼女の特権だと思いました。

     

     

    心ほっこりするとても面白い漫画です。

     

     

    「シングルマザーになりました」は
    BookLive!で読むことが出来ます。
    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。
    BookLive!はコチラです。
    『シングルマザーに』と検索してください。

     

     

     

      コメントを残す