母の浮気 4(マイクロ)ネタバレと感想【ココから逃げ出したい!?夫婦だからこそわかる心境】

    2019y02m22d_125147237
    母の浮気

    作者名 :水谷愛
    4巻未完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    水谷愛さんが描く『母の浮気』4巻を読みました。

     

     

    この話についつい引き込まれてしまい、
    あっという間に4巻まで読んでしまった私です。

     

     

    早く5巻も出るといいなぁ~。と5巻がでることを待どうしく
    思っています(笑)

     

     

    もしかしたら、
    今度は伊織の恋が始まるのかもしれませんね。

     

     

    4巻は、伊織の母京子と圭の父いさおとが浮気をしていた。

     

     

    その事実をしって、
    母の本心を圭から聞くことになります。

     

     

    結婚は幸せな時だけじゃない…。

     

     

    それは夫婦になれば必ず経験することじゃないかと思います。

     

     

    結婚はいつも良い訳じゃありません。

     

     

    時には辛すぎて逃げ出したくなることも
    あるのかもしれません…この伊織の母のように…。

     

     

    『仕事で夫の帰りが遅い』

     

     

    『一人で育児するのはキツすぎる』

     

     

    『義母の介護から逃げたい』

     

     

    伊織の母親は、
    いつもニコニコしていたけど、
    本当はいつも辛かったのかもしれない。

     

     

    時には生活のストレスから逃げようとしたことも
    あったそうです。

     

     

    しかし、伊織の母が最後にとったのは家族。

     

     

    その心境に感情移入せずにはいられませんでした。

     

     

    『母の浮気』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    『母の浮気』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    母の浮気(マイクロ)4巻のネタバレ

    『母の浮気を知ってしまった』

     

     

    父の葬儀の時に母 京子の浮気を知ってしまった伊織。

     

     

    そして、伊織の目の前に現れたのが、
    母の浮気相手でもあるいさおの息子 圭でした。

     

     

    京子といさおは幼馴染であり、
    初恋の相手。

     

     

    学生時代に叶わなかった恋が
    再び燃え上がるのはよくある話。

     

     

    しかし、京子もいさおも結婚して
    家庭があります。

     

     

    「結婚生活が上手くいってないから浮気」

     

     

    圭の話を聞いていくうちに、
    結婚生活が上手くいっていない母が
    いさおの電話をキッカケに浮気をした。
    ことを知ります。

     

     

    しかし、京子もいさおも会ったわけではない。

     

     

    月に1,2回程度の電話だけだったという。

     

     

    ココから逃げ出したい!?夫婦だからこそわかる心境

    「ご主人は?」

     

     

    いさおが京子に電話をかけた時に
    そんな風に聞いてくる。

     

     

    京子の夫は仕事で帰宅が遅い。

     

     

    毎日一人で幼い伊織とその弟の面倒を
    みていたのです。

     

     

    いさおとの電話は子供達が寝た後でした。

     

     

    「うしろめたい…」

     

     

    いさおと電話していることが、
    いさおの家族に後ろめたい。

     

     

    京子はそういいます。

     

     

    そう言いながらも、京子自身いさおとの
    電話をやめたくなかったのです。

     

     

    それは、
    生活のストレスから一人で
    泣いている孤独な自分に戻りたくなかったから。

     

     

    しかし、

     

     

    「電話やめたくない」

     

     

    いさお自身も京子と電話を辞めたくなかったのでした。

     

     

    『私は心の余裕がもてた』

     

     

    京子はいさおと電話することで、
    育児ストレスから心の余裕ができる。

     

     

    いつもニコニコ明るい母で
    いることができたのです。

     

     

    「もう逃げだしたい」

     

     

     

    一度だけ京子がいさおに会いたい。と言った時がありました。

     

     

    それは、義母の介護の時…。

     

     

    夫も相変わらず仕事で
    家にいない。

     

     

    子供達もまだ学生で母の大変さなんてわかりません。

     

     

    義母の介護から逃げ出したい…。

     

     

    そう思った母は、
    いさおと旅行へ行こうとしていました。

     

     

    しかし…。

     

     

    「きもちわるい…」

     

     

    いさおとの旅行当日、
    伊織が体調を崩し学校を休みます。

     

     

    母がとった行動は家にいる。

     

     

    という選択でした。

     

     

    母がどんな想いで家にいることを
    選択したのか?

     

     

    伊織はその時知る由もなかったのです。

     

    母の浮気 4(マイクロ)の感想

    伊織から見たら結婚生活も上手くいっていたように
    見えた母。

     

     

    そして、いつも明るくニコニコしていました。

     

     

    そんな母は本当は生活のストレスを抱え
    いつも苦しんでいたのです。

     

     

    そして、幼馴染で初恋の相手いさおからの
    1本の電話がキッカケで浮気を
    することになります。

     

     

    浮気といっても体の浮気ではなく、
    心の浮気。

     

     

    いさおの存在が母を支えていたことを
    知る伊織なのでした。

     

     

    母の浮気は娘の立場としては、
    受け止めがたい出来事。

     

     

    しかし、母が笑顔でいれたのも
    いさおがいたから…。

     

     

    そう思うと、
    なんともいえない気持ちになりました。

     

     

    結婚生活良いことばかりではないので、
    母親 京子の気持ちもわかるから、
    感情移入してしまいます。

     

     

    そう思うと、逃げに走らなかった京子は
    強い母親だったのかも
    しれません。

     

    「母の浮気」はBookLive!で108円で読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     
    BookLive!はコチラです。
    『母の浮気』と検索してください。

     

     

     

      コメントを残す