中学性白書のネタバレと感想【私が好き?幼馴染からの告白に…】

    2019y02m10d_214924760

    中学性白書
    作者名 :上原悠

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『中学性白書』を読みました。

     

     

    『私のことが好き!?』

     

     

    好きな男子が、
    友達に自分のことが好きって話していた…。

     

     

    聞こうと思ったわけじゃないけど、
    そんな話を聞いてしまった…。

     

     

    この漫画は中学生の幼馴染だった男子を
    男と意識して、恋愛対処になる話です。

     

     

    幼馴染だからこそ言えない『好き』
    それはこれまでの関係を壊したくないからです。

     

     

    つまり、彼を失いたくないからこそ、
    本音を言えない。

     

     

    両想いになれば絶対楽しいはずとわかっていても。

     

     

    そして、絶対的な信用があります。

     

     

    なかなか言えない告白。

     

     

    その行方は…。

     

     

    『中学性白書』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>>BookLive!
    『中学性白書』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    中学性白書のネタバレ

    「何俺の話しているの?」

     

     

    女子と話していると、
    晃くんがそう言います。

     

     

    中学生の千穂。

     

     

    まさか幼馴染の晃くんのことで
    こんなに女子に聞かれるとは…。

     

     

    晃くんは同じ学校の女子中学生に
    モテモテ。

     

     

    「いいなぁ千穂は」

     

     

    晃と家族ぐるみで仲が良い千穂に友達はいいます。

     

     

    そんな晃に対しての女子達の反応を見て、
    何だかモヤモヤしてしまうのでした。

     

     

    「皆と仲良くしちゃうのスゴイ」

     

     

    晃くんはどんな女子にも分け隔てなく
    良い顔をする。

     

     

    そんな晃に千穂は尊敬するのでした。

     

     

     

    「千穂はヤキモチやかない?」

     

     

    晃はいきなり、
    他の女子と仲良くしている所を見て、
    千穂はヤキモチをやかないのか?

     

     

    そんな風に聞いてきます。

     

     

    晃の頬は赤らみ、千穂の手を”ぎゅっ”と握る。

     

     

    その意味を千穂はよくわからないのでした。

     

    私が好き?幼馴染からの告白に…

    『やきもちやかないの…』

     

    それってどういう意味?

     

     

    千穂は晃の言葉に後から頬を赤らめる。

     

     

    「千穂ちゃんのこと好きだよね~」

     

     

    晃が千穂のことを好き。

     

     

    友達がそんな風に話す。

     

     

    『意識したことがなかったけど…』

     

     

    千穂は晃を男としてみたことが無かったのです。

     

     

    しかし、そう言われてから意識してしまう。

     

     

    「なんで彼女作らないの?」

     

     

    千穂が友達と外のベンチに座っていると、
    晃と友達の話声が聞こえる。

     

     

    それは、モテるのに晃はなぜ彼女を作らないのか?

     

     

    そんな話でした。

     

     

    すると、晃は…。

     

     

    「千穂のことが好きだから」

     

     

    晃は千穂が好きだと友達に話す。

     

     

    『ガサッ』

     

    その話を聞いて、
    つい音を出してしまった千穂。

     

     

    そして、晃と目があいます。

     

     

    「聞いてないから」

     

     

    そう千穂が話すと、
    晃はとても寂しそうな顔をするのでした。

     

     

    その後、気まずくて全然話さなくなって千穂と晃。

     

     

    バスケの大会で皆が集まっている前で、

     

     

    「なかったことにして」

     

     

     

     

    晃はあの告白はなかったことにしてほしい。

     

     

    そう話してきたのです。

     

     

    更に、

     

     

    「幼馴染として普通に話そ」

     

     

    晃は千穂にそう言うと…。

     

    中学性白書の感想

    中学生という多感な時期。

     

     

    幼馴染の晃と千穂の話です。

     

     

    千穂は今まで晃をただの幼馴染として
    見ていました。

     

     

    しかし、晃は小学生の頃から千穂
    をおもっていました。

     

     

    ある日、
    千穂が友達と外のベンチで座っていると、
    晃が友達に千穂が好きな事を話ていました。

     

     

    聞こうと思って聞いたわけじゃないけど、
    晃が千穂を想っていることをその時初めて
    気が付きます。

     

     

    晃が千穂に気があることを知ると、
    気まずくなる2人。

     

     

    しかし、千穂自身も晃を
    男としてみていることに気が付きます。

     

     

    中学生の恋愛なのに、
    どんどん大人になっていく感じに
    ドキドキします。

     

    発育が良い今の中学生ならあり得ることまで!?

     

     

    「中学性白書」はBookLive!で
    読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     

     
    BookLive!はコチラです。
    『中学性白書』と検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す