先生、あたし誰にも言いませんのネタバレと感想【教師と女子生徒の秘密の関係?】

    2019y01m21d_235402037

    先生、あたし誰にも言いません
    作者名 :藤緒あい
    1巻未完結

     

     

    こんにちは!
    『先生、あたし誰にも言いません』を読みました。

     

     
    『可愛いこと付き合いたい。』

     

     

    そう思いながらも、
    一度も可愛い女の子と付き合ったことがない。

     

     

    そんな、女子高の教師清野は一回の間違いを
    犯してしまいます。

     

     

    それは、女子高生と関係を持ってしまうこと。

     

    男の欲を掻き立てるようにその女子高生は
    清野を誘った。

     

     

    なぜ、清野を誘ったのかはわからない…。

     

     

    クラスでは暗くて無口なその女子生徒。

     

     

    前の学校では明るくて人気者だった、
    そんな噂を聞いて…。

     

     

    女子高生自身にも何か起きたのだろうか?

     

     

    何か奥が深そう…気になる所です。

     

     

    『先生、あたし』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    『先生、あたし誰にも言いません』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    先生、あたし誰にも言いませんのネタバレ

    『特別いいことがひとつもない…』

     

     

    友人の結婚式に出席している清野。

     

     

    その友人の奥さんは元ミスA大。

     

     

    めちゃ可愛い奥さんだったのです。

     

     

    『うらやましすぎる…』

     

     

    そんな、友人を見てうらやましくて、
    うらやましくてたまらなかったのです。

     

     

    「席ついてー」

     

     

    そんな清野は女子高の教師。

     

     

    唯一若い男の教師だったのです。

     

     

    そんな清野は女子高生から結構モテる。

     

     

    しかし、手を出す気などさらさらなかったのです。

     

     

    『クソッかわいいいな』

     

     

    点呼をとっているときに、
    結木理央が返事をする。

     

     

    その姿に可愛いい…。

     

     

    と感じる清野なのでした。

     

     

    「寄原は休みか?」

     

     

    清野のクラスには寄原という女子生徒が
    いました、彼女は暗く声も小さい。

     

     

    清野はこれから、そんな女子高生達に
    振り回されることになるのです。

     

     

    教師と女子生徒の秘密の関係?

    「彼氏と別れたんだ」

     

     

    清野にそんな相談をしてくる結木。

     

     

    なんで、俺に!?

     

     

    と思いながらも結木のしぐさに、
    可愛いいと感じてしまいます。

     

     

    そして、相談にのるという名目で、
    lineの交換をしてしまうのでした。

     

     

    「アレ今日までなんだけど」

     

     

    寄原はまだ進路のプリントを
    提出していませんでした。

     

     

    そのプリントをもらおうと、
    引き止める。

     

     

    そして、
    寄原が書き終わるまで、
    英語科の準備室で待っているから。

     

     

    と伝えます。

     

     

    「寝てた?」

     

     

    清野は英語科の準備で寝てしまい、
    気が付いた時には辺りが暗くなっていました。

     

     

    「しつれいします」

     

     

    そこに、寄原がプリントを持って
    準備室に入ってきます。

     

     

    真っ暗な部屋なので、
    電気をつけてほしい。

     

     

    とう清野が頼むと、
    寄原は電気をつけずカギをかける。

     

     

    そして、スタスタ…と清野に近づくと…。

     

     

    「明日誕生日なんです」

     

     

    そういうと、
    寄原は清野の手を掴むと自分の
    胸へ…。

     

    先生、あたし誰にも言いませんの感想

    女子高の教師清野。

     

     

    生徒を女としてみたことは
    ありませんでした。

     

     

    可愛いと思うことはあっても…。

     

     

    清野の生徒に、寄原という女子生徒が
    いました。

     

     

    彼女は、
    暗くて無口で何を考えているか
    わからない女子生徒。

     

     

    そんな彼女を苦手とも思っていたのに…。

     

     

    進路のプリントを清野に届けた
    寄原。

     

     

    その時、寄原は強引に清野の
    手を掴み自分の胸に当てる。

     

     

    男の欲を掻き立てるように…。

     

     

    前の学校では明るかった寄原に
    何がおきたのか!?

     

     

    寄原と清野が今後どうなるのか
    気になって続きが早くみたいです。

     

     

    「先生、あたし誰にも言いません」は
    BookLive!で読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     
    BookLive!はコチラです。
    『先生、あたし』と検索してください。

     

     

      コメントを残す