恋と弾丸 ネタバレ2巻(2話)【狂う程の恋?危ない恋を選んだユリ】

    2019y01m08d_085644022

    恋と弾丸
    作者名 :箕野希望
    こんにちは!漫画花子です。
    「恋と弾丸」2話を読みました。

     

     

    1話から読んでいたら、
    ヤクザの若頭桜夜とユリが今後どんな
    進展になるのか!

     

     

    気になってしまって、
    2話も購入してしまいました。

     

     

    『こんなに狂う程の恋ってあるの!?』

     

     

    それは、危険とわかっていながら桜夜に惹かれて
    しまうユリ…。

     

     

    スリルとドキドキが一緒になった恋で、
    読んでいる側もドキドキしちゃいます(笑)

     

     

    そして、
    この2話で恋は実のるですが、
    桜夜の言葉もなんか怖いです…。

     

     

    『本来支配欲の強い人間だから…』

     

     

    その意味は、一度決めたらもう離れられない。

     

     

    ただの恋じゃないことを示しています。

     

     

    その後、狂ったように野獣化した
    桜夜にユリはゾクゾク感
    感じてしまうのです。

     

     

    『恋と弾丸』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    『恋と弾丸』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    恋と弾丸2話のネタバレ

    「こんなに興奮して」

     

     

    桜夜と再会したユリは、
    その腕に抱かれながらもキスをされる…。

     

     

    桜夜のキスがユリを興奮させるのでした。

     

     

    ユリを床に寝かすと、
    桜夜はその上着を脱ぎます。

     

     

    下から見る桜夜のその体には、
    キレイな刺青が…。

     

     

    『初めて見た』

     

     

    刺青を初めてみたユリはドキッ…と
    してしまいます。

     

     

    『キレイ…』

     

     

    そう思いながら眺めているものの
    脳裏には、ヤクザで危ない人だと
    いう事も考えてしまいます。

     

     

    『いつでも逃げていい』

     

     

    桜夜がユリに惹かれていて、
    自分が巻き込んでしまっているのだから、
    嫌だったら逃げればいい。

     

     

    桜夜は忠告していた。

     

    しかし、ユリはそんな忠告よりも
    感情が抑えられず桜夜にのめり込んでいきます。

     

     

    今ユリがここにいる意味は、
    何も覚悟はないけど、桜夜に
    会いたかった。

     

     

    そんな好意をよせる感情のままに
    動いていました。

     

     

    「私帰りません」

     

     

    恋人になる覚悟はまだない。

     

     

    そのまま、桜夜に抱かれようとした
    その時、兄から1通のメールが…。

     

     

    ユリはそのまま帰宅することになったのです。

     

     

    狂う程の恋?危ない恋を選んだユリ

    桜夜とユリは棲む世界が違う…。

     

     

    そう思いながらも、ユリは
    自分の世界へ戻ります。

     

     

    それ以来桜夜からの連絡はなく、
    桜夜の着信履歴を何度もチェックする…。

     

     

    自分でキモいと思いながらも
    TVを見ていると…。

     

     

    『すげー血…』

     

     

    そういって兄は話す。

     

     

    そこには、桜夜幹部の男性が血を
    流して倒れている姿が映っていたのです。

     

     

    ユリは居ても立っても居られなくなって、
    家を出ると桜夜に電話をかけます。

     

     

    しかし、電話はつながらない…。

     

     

    大学へ向かっている途中に
    心配になりすぎて涙がポロポロ流れ
    おちる…。

     

     

    「これから迎えに行くところだった」

     

     

    ユリがメソメソしながら歩いていると、
    一台の車が止まります。

     

     

    降りてきたのは、桜夜でした。

     

     

    「恋人になります」

     

     

    桜夜を目の前にユリが
    告白する。

     

     

    そっと顔に手を添える桜夜はユリに…。

     

    恋と弾丸2話の感想

    危険な人であることを知りながらユリは、
    桜夜に近づきます。

     

     

    それは覚悟ができていないまま、
    ただ好きという感情だけで。

     

     

    そして、その日ユリは桜夜と
    キスをしてそのまま抱かれようとしていました。

     

     

    タイミング悪く兄から1通のメールが届くと
    その日は帰らないといけなくなるユリなのでした。

     

     

    また別の日、
    TVで桜夜組の幹部が血を流して倒れている
    姿が報道されます。

     

     

    それをみたユリは居ても立っても居られなくなり
    桜夜に電話をする。

     

     

    しかし、桜夜は電話に出ることはなかったのです。

     

     

    大学へ向かう途中も桜夜のことを
    想うと涙がポロポロでてしまう。

     

     

    そこへ、桜夜が車でユリを迎えにきます。

     

     

    桜夜の恋人になることを決意したユリは
    恋人になることを伝える。

     

     

    その後、桜夜の抑えていた感情に、
    激しくユリは巻き込まれていきます。

     

     

    激しく、危険。

     

     

    そして、素敵すぎる恋にドキドキしちゃいますよ(笑)

     

    恋と銃弾3話ののネタバレはコチラ
    恋と弾丸3話のネタバレと感想【桜夜とが結ばれたユリ?秘密の人物と恋人に…】

     

     

     

    「恋と弾丸」はBookLive!で108円
    読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。
    BookLive!はコチラです。
    『恋と弾丸』と検索してください。

     

     

     

      コメントを残す