婚姻届に判を捺しただけですが1巻のネタバレと感想【恋愛の型破りすぎる男?自分の人生を担保に結婚する女!?】

    2018y11m22d_134844569

    婚姻届に判を捺しただけですが
    作者名 :有生青春
    2巻未完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『婚姻届に判を捺しただけですが』1巻を読みました。

     

     

    この話面白くて一気に読み進めた私です。

     

    常識とは無縁の恋愛をする男性って見たことがありますか?

     

     

    私はこんな型破りな男性
    見たことがありませんwww

     

     

    その男性の結婚の目的は

     

    ・片想いをずっと続けたいから
    ・わずらわしい世間の目を欺くため
    ・とにかく良い女性とおもえばすぐプロポーズ

     

     

    私が驚いたのは、
    片想いの女性がいるのに他の女性と結婚すること。
    片想いし続けたいから他の女性と結婚したいんだそうですwww

     

    他の人にあの女性がダメなら他をいけ!
    と言われないために、結婚をカモフラージュのようにするのだとか…。

     

     

    彼の発想は私にとって、
    もはや型破りを通り過ぎて未知の世界です。

     

     

    そんな彼ですが意外とイケメンでカッコイイ。

     

     

    更に、仕事もできて収入もよさそうです。

     

     

    そんな彼にプロポーズされた主人公。

     

     

    始めはプロポーズを断るんだけど、
    実家の借金返済で自分の人生を担保に300万
    借りることになります。

     

     

    つまり、結婚を条件にお金を借りてしまいます。

     

     

    とにかく、型破りな彼の恋愛と、
    意外と相性いんじゃないの?

     

     

    という主人公が面白いですよ~♪

     

     

    『婚姻届に判を捺しただけですが』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    『婚姻届に判を』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    婚姻届に判を捺しただけですが1巻のネタバレ

    「俺と結婚してください」

     

     

    ファミレスでお茶をしていると、
    そんな声が聞こえてくる。

     

     

    真昼間のファミレスでプロポーズ!?

     

     

    普通プロポーズと言えば、
    素敵なレストランなどでプロポーズをイメージ
    します。

     

     

    しかし、彼はファミレスで婚姻届けをだしていただけでした。

     

     

    「ふざけないでください!!」

     

     

    プロポーズをした男性は、
    コップに入った水をぶっかけられる…。

     

     

    そこを通りすぎようとした明葉に
    飛び散った水がかかってしまいます。

     

     

    『ま…まじか』

     

     

    気まずいシチュエーションに巻き込まれて
    しまった明葉。

     

     

    しかし、水をかけられた男性は
    無反応でしかも5%のクーポンを利用して
    店を後にしたのでした。

     

     

    『5%のクーポンって…』

     

     

    ショックでそうなったのか!?

     

     

    色々考えるが、
    その男性が何を思ってそういう行動を
    起こしたのか理解不能は明葉なのでした。

     

     

    恋愛の型破りすぎる男!百瀬

    「座って座って」

     

     

    取引相手との親睦会に参加した明葉。

     

     

    そこにいたのがあのプロポーズをして水を
    かけられた男でした。

     

     

    彼の名は百瀬。

     

     

    「先日はファミレスで失礼しました」

     

     

    聞いちゃ悪いことを何事もなかったかのように
    話す百瀬。

     

     

    そんな百瀬をみていた明葉はフラれたのに
    意外と普通なんだ…。

     

     

    そう思ていたら、

     

     

    「次にプロポーズするなら彼女がいいなって」

     

     

    明葉をさして、
    凄いことをサラリといいます。

     

     

     

    しかも、
    お酒の勢いでもなさそう。

     

     

    「結構モテるのにここ最近彼女いない」

     

     

    会社の同僚は百瀬のことをそんな風に言う。

     

    『彼女でもなかったのにプロポーズ!?』
    そんな同僚の言葉に明葉は、ますます彼は
    変わり者。

     

    と思い始めます。

     

     

    百瀬は他の同僚に見られない店の
    死角にいたかた思ったら…。

     

     

    明葉に、

     

     

    「本気でいいました」

     

     

    プロポーズを本気でいったと告白する。

     

     

    その意味は、
    わずらわしい世間の目を欺くためだけの
    結婚という意味で…。

     

    自分の人生を担保に結婚する女!?

    明葉はそんな百瀬のプロポーズをお断りします。

     

     

    「なんでそんなに結婚したいんですか?」

     

     

    そんな明葉の質問に百瀬は驚くべき回答をします。

     

     

    「好きな人がいるからです」

     

     

    明葉が好きなんだじゃなくて、
    他に想いを寄せる女性がいるからこそ…。

     

     

    片想いをずっとしたいからこそ…。

    他の女性と結婚したい。

     

    と言い出す百瀬。

     

     

    そんな百瀬を明葉は、
    ”型破りな人”としか思えないのでした(笑)

     

     

    『絶対ないから』

     

     

    百瀬との結婚は絶対あり得ない。

     

     

    そう思っていた明葉。

     

     

    しかし、実家の借金が500万必要ということが
    のちにわかります。

     

     

    200万は自分の貯金から返す。

     

     

    後…300万…。

     

     

    その300万が即金しないと実家の土地も家も
    売られてしまうことになります。

     

     

    追い込まれた明葉は300万を百瀬から借りる代わりに、
    自分の人生を担保に百瀬との結婚を申し込むのでした。

     

    婚姻届に判を捺しただけです1巻の感想

    プロポーズをファミレスでする男 百瀬。

     

     

    彼は変わった恋愛観を持っていました。

     

     

     

    結婚は世間の目を煩わせるため。

     

     

    必要な時にだけ夫婦になる。

     

     

    ということでした。

     

     

    そんな彼が明葉にプロポーズ。

     

     

    一度はプロポーズを断るが、
    実家の借金の肩代わりをしてもらうかわりに
    明葉の人生を担保に結婚することになります。

     

     

    意外とお似合いな2人。

     

     

    今後の発展が楽しみです~♪

     

     

    『婚姻届に判を捺しただけです』
    はBookLive!で194円で読むことができます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     

     
    BookLive!はコチラです。
    『婚姻届に判を』と検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す