大人のふらちな誘い方のネタバレと感想【いきなりキス!?出来る男性が迫るわけ】

    2018y11m17d_153854679

    大人のふらちな誘い方
    作者名 :相川ヒロ
    1巻完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『大人のふらちな誘い方』を読みました。

     

     

    この漫画は1話完結で5話入っています。

     

     

    ・樋口さん、ちょっとそれは困ります!
    ・ふらちにおあずけ
    ・ふらちに暴いて
    ・ふらちなアフター5
    ・カラダからのプロポーズ

     

     

    そのうちの、『樋口さん、ちょっとそれは困ります!』の
    話です。

     

     

    『仕事中に突然キス…』

     

     

    仕事中にいきなり樋口さんに
    キスをされてしまう女子…。

     

     

    何をされたかわからない程、
    その唐突な行動に驚いてしまいます。

     

     

    なんでキスされたか…。

     

     

    その理由はうるさいから!

     

     

    そんな理由で!?

     

     

    と思ってしまう…。

     

     

    そんな樋口さんがどんな人かというと。
    仕事が超出来るインテリ系男なのです。

     

     

    どことなく、近寄りがたい雰囲気をだす樋口さん。

     

     

    誰も口応えもしません。

     

     

    そんな樋口さんがいきなり…。

     

     

    「男は疲れすぎると無性にしたくなる…」

     

     

    とその女性にあることを平然と誘ってきます。

     

     

    そんな樋口さんにドキドキ!?

     

     

    「大人のふらちな誘い方」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    「大人のふらちな誘い方」と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    大人のふらちな誘い方のネタバレ

    『今日こそ告白します』

     

     

    スマートで仕事ができる管理部の樋口さん。

     

     

    その樋口さんに告白しようとしている女子がいました。

     

     

    どちらかと言うとカワイイ系で童顔な彼女。

     

     

    そして、どんくさい所も…。

     

     

    『今忙しい時期だから残っているはず…』

     

     

    そういって会社にいる樋口さんの元へいくと…。

     

     

    『樋口さんいた!』

     

     

    一人残ってパソコンで作業をしていました。

     

     

    「おぉお話が…」

     

     

    緊張マックスのその女子は、
    樋口さんに近づいていきます。

     

    すると…。

     

     

    『ガッシャーン』

     

     

    コードに引っかかり、
    床に転落…。

     

     

    顔を上げると…。

     

     

    『樋口さん!』

     

     

    上から横目で見下ろす樋口さんの姿が…。

     

     

    赤面している女子だが周りを見ると…。

     

     

    サーバーは倒れ、PCの画面は消えていました。

     

     

    どうやら怖い雰囲気の樋口さん…。

     

    いきなりキス!?出来る男性が迫るわけ

    「すみません…暗くてよく見えなくて…」

     

     

    「どうしたら…あ…あのっ…」

     

     

    アタフタしていると…。

     

     

    『!!!?』

     

     

    樋口さんの手が彼女の頭をつつみ、
    優しくキスをされていたのです。

     

     

    「ちょっと黙っていてくれます?」

     

     

    樋口さんは一言そういうと、
    作業にとりかかる。

     

     

    しかし、2日分のバックアップは
    とれておらず、大変な状況になってしまったのです。

     

     

    「ボーッ」

     

     

    樋口さんにキスをされて、
    惚けた顔をしているその女子。

     

     

    しかし、事の重大さに気が付いた彼女は…。

     

     

    「もうなんでもします!」

     

     

    顔をうつむいてそう話す。

     

     

    「じゃあ…セックスさせてください」

     

     

    樋口さんは平然とした顔で彼女に
    そんな言葉をいいます。

     

     

    忙しい時は男は無性にしたくなる…。

     

     

    そう話すのでした。

     

     

    「データーが飛んでいる」

     

     

    その後、社内でデーターがなくなっていることで
    大騒ぎになります。

     

     

    「誰がこんなことを!」

     

     

    会社の皆がザワザワしはじめる…。

     

     

    「手と頭を動かしましょう」

     

     

    増々怖い雰囲気でそんな言葉をいう樋口さんなのでした。

     

     

    「会議室こもったきり修羅場だ…」

     

     

    樋口さんは一人会議室にこもり、
    いつ家に帰っているのかも寝ているのかも…。

     

     

    わかりませんでした。

     

     

    心配したその女子は、
    樋口さんが作業する会議室に入っていく…。

     

     

    「せめてご飯くらい食べないと…」

     

     

    樋口さんに話しかけても、
    聞こえていない。

     

     

    とっさにおにぎりを樋口さんの口に
    運びます。

     

     

    「体が資本だし…」

     

     

    言い訳のようにゴニョゴニョ話すその女子に
    樋口さんは…。

     

     

    「じゃあ…いただきます」

     

     

    そういって、その女性を腕で引き寄せ
    キスをしようとする…。

     

    その後…。

     

    大人のふらちな誘い方の感想

    スマートで仕事ができる管理部の樋口さん。

     

     

    そんな樋口さんは近寄りがたい雰囲気をいつも
    だしていました。

     

     

    更に、仕事が忙しくなると、
    増々怖くなり誰も近づかなくなります。

     

     

    樋口さんに好意を寄せる社内の女子が
    告白をしようと樋口さんに近づく…。

     

     

    すると、パソコンのコードにひっかかり、
    転んでしまいます。

     

     

    それと同時に、サーバーが倒れ、
    パソコン画面が映らなくなる…。

     

     

    2日分のデータが飛んだ瞬間でした。

     

     

    「黙っててもらえます?」

     

     

    謝るその女子に樋口さんはキスをする…。

     

     

    そして、なんでもする。

     

     

    という女子に対して、
    身体を要求してくる樋口さんなのでした。

     

     

    データが飛んだことで増々忙しくなり、
    樋口さんは家に帰っているのかも、
    寝ているのかもわからない。

     

     

    そんな樋口さんにおにぎりを口に運ぶと…。

     

     

    そのままその女性は…。

     

     

    とにかく、平然といやらしいことを言う樋口さんなのに、
    ドキドキしてしまう所がいいです。

     

     

    「大人のふらちな誘い方」はBookLive!で
    読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。
    BookLive!はコチラです。
    『大人のふらちな誘い方』と検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す