本当のキスのネタバレと感想【優しかった男子が暴力を!?人は環境で変わるもの?】

    2018y10m10d_095214596

    本当のキス
    カルビ佐藤
    7巻未完結

     
    こんにちは!漫画花子です。
    『本当のキス 』を読みました。

     

     

    ここに出てくるリョウがカッコよすぎる…。

     

     

    恋愛話好きなら是非読んでほしい漫画です。

     

     

    『優しかった男の子が暴力を…』

     

     

    人は環境によって、
    性格すら変わってしまうものなのかもしれません。

     

    中学3年の秋クラスに馴染めなかった咲良。

     

     

    そんな中、同じクラスのリュウだけは、
    仲がよかった。

     

     

    リュウはクラスの皆に好かれていて、
    誰とでも仲がよかったのです。

     

     

    「嫌だなーと思ったら親切にしてみなよ」

     

     

    クラスに馴染めない咲良にそんなアドバイスを
    するリュウ。

     

     

    リュウはその後も、
    咲良の近くにいていつも助けてくれるのでした。

     

     
    『クラスの女子と馴染ませてくれた』

     

     

    『誕生日、家族が祝っていくれない時

    友達の約束を断ってまで一緒にいてくれた…』

     

     

    そんな、リュウはとても優しかった。

     

     

    しかし、
    リュウはある日突然いなくなります。

     

     

    再び再開した時は、社会人になってから。

     

     

    リュウと気が付いて追いかけたその先で
    リュウは棒をもって男を殴ろうとしていました。

     

     

    何があったのか!?

     

     

    とっさに声を出す咲良は…。

     

     

    『本当のキス』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    『本当のキス』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    本当のキスのネタバレ

    『クラスメイトと仲良くする気がありません』

     

     

    咲良は体育祭の決め事の話に
    入ってこない。

     

     

    一人で机に座っているのでした。

     

     

    「リュウは?」

     

     

    幼馴染のリュウの周りには
    いつも誰かがいる。

     

     

    「誰かに見られるのがいや」

     

     

    学校の帰り、リュウと帰る咲良。

     

     

    「おいしーーい!」

     

     

    リュウは小学校からの幼馴染で
    リュウの母親とも顔見しり。

     

     

    咲良はリュウの自宅へ遊びにきていて、
    母親が作ったシュークリームを
    ほうばるのでした。

     

    「人に壁つくんなよ」

     

     

    リュウは咲良にそんな風に声をかける。

     

     

    咲良が他の人と仲良くしない所をみて
    そう話します。

     

     

    そんなリュウは母親だけの片親。

     

     

    一人で家にいることも多かった。

     

     

    「収入もないし子供だし」

     

     

    母親が仕事にでて一人なのはしょうがないと
    良い息子を演じます。

     

     

    しかし、

     

     

    「本当はいやだよ」

     

     

    「だから一緒にいてよ」

     

     

     

    咲良の肩に寄りかかって弱音を吐く
    リュウなのでした。

     

     

    「もうオレいなくても大丈夫だな」

     

     

    咲良が皆と溶け込む所をみたリュウ。

     

     

    そんな風にリュウが話すと、
    その日からリュウは咲良のもとから
    姿を消してしまうのです。

     

    優しかった男子が暴力を!?人は環境で変わるもの?

    雨が降っていたその日。

     

     

    街中でリュウに似た人とすれ違う。

     

     

    咲良は社会人になっていました。

     

     

    『ついて来ちゃった…』

     

     

    咲良はリュウに似た人の後を
    ついていきます。

     

     

    すると…。

     

     

    一人の男が倒れていて、
    その周りを数人の男が取り囲んでいました。

     

     

    「吐いた?」

     

     

    リュウが一言そういうと、
    服を脱ぎだす。

     

     

    そして、手に持ったのが棒。

     

     

    その棒で男を殴ろうとしていたのです。

     

     

    「やめてぇ!」

     

     

    とっさに咲良は声をあげてしまう。

     

     

    そのすきに男は逃げて、
    リュウは少し振り向きます。

     

     

    鋭いその目で咲良を見たかと思ったら…。

     

     

    「お前誰」

     

    リュウは咲良に抱き付いてそう話す。

     

     

    「咲良だよ。覚えてない?」

     

     

    その言葉に、
    リュウは中学の時とは違った目つき。

     

     

     

    「いたね…」

     

     

    更に、冷たい言葉遣い。

     

    そして、そのまま咲良の服に手をかけると…。

     

     

    中学の時のリョウはもうそこには
    いなかったのです。

     

    本当のキスの感想

    中学の時、咲良はクラスで浮いていた。

     

     

    そんな中同じクラスのリュウはいつも咲良のそばに
    いました。

     

     

    リュウは咲良の小学の頃からの幼馴染。

     

     

    そして母子家庭でした。

     

     

    リュウは仕事に母親がでると自宅に一人。

     

     

    それが本当は嫌だ。

     

     

    そんな弱音も咲良に話していたのです。

     

     

    リュウは咲良に優しかった…。

     

     

    しかし、リュウはある日咲良のもとから
    いなくなるのでした。

     

     

    咲良がリュウと再会したのは、
    社会人になってから。

     

     

    それは雨の降った街中でリュウは
    男を棒で殴ろうとしていた。

     

     

    とっさに声をあげた咲良。

     

     

    咲良に気が付いたリョウは、
    中学の頃の優しいリョウとは違ったのです。

     

     
    この漫画のリョウのギャップに
    キュンキュンしてしまった私です。

     

     

    なぜ彼がこうなってしまったのか?

     

     

    本当は咲良が好きなはず!

     

     

    など読んでいて、引き込まれてしまいました。

     

     

    「本当のキス」はBookLive!で108円
    読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     

     
    BookLive!はコチラです。
    『本当のキス』で検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す