胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~のネタバレと無料お試し読み【昼のキャバ嬢もあり?夫の代わりに稼ぐ妻!?】

    2018y09m08d_052233350

    胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~
    作者:池田ユキオ

     

     
    こんにちは!漫画花子です。
    『胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~』を読みました。

     

     

    胡蝶伝説は他にも色々ありますが、
    今回は今までの続編とかでもなく、
    まったく違う話。

     

     

    キャバ嬢の話は同じです。

     

     

    この話の中で昼間のキャバ嬢がでてきます。

     

     

    『昼間営業するキャバクラってあるんだ!?』

     

    と昼間のキャバクラを初めて知った私です(汗)

     

     

    そんなキャバクラには、
    主婦バイトのように夫の代わりに稼ぐ妻がいました。

     

     

    その妻は夫がリストラされて、
    やむを得ずキャバクラで働き始めます。

     

     

    しかし、知らない男に接客する。

     

     

    しかもエロオヤジや酒臭いオヤジ。

     

     

    主婦バイト感覚で始めた主婦が、
    キャバの仕事が務まるわけもなく…。

     

     

    しかし、そんな主婦が化ける出来事が
    あります。

     

     

    そんな彼女に周りの男も魅了される…。
    『胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    『胡蝶伝説』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

     

    胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~のネタバレ

    『どうしてこんなことに…』

     

     

    昼のキャバで働くりさ子。

     

     

    酒臭いオヤジの接客に
    露骨に嫌な顔をします。

     

     

    「会社辞めてきた」

     

     

    そんなりさ子の夫は急なリストラにあいます。

     

     

    その後、仕事にもつかず、
    貯金はドンドン減っていきます。

     

     

    そして、生活のためにキャバで働き始めるのでした。

     

     

    「本当は私こんな所にいるはずの人間じゃないし」

     

     

    りさ子の教育担当怜子にそう話す。

     

     

    キャバをしておきながら、
    その言葉に引く怜子なのでした。

     

     

    「いや~今日も大変だったよ…」

     

     

    お店で疲れを癒そうとしているお客さんを
    怜子は盛り上げます。

     

     

    「あんたも飲めよ」

     

     

    りさ子に酒を進める客。

     

     

     

    しかし、

     

     

    「私は結構です」

     

     

    客のお酒を断るのでした。

     

     

    更に、

     

     

    「まだタバコを吸っている方がいらっしゃったなんて」

     

     

    タバコを吸おうとしている客に
    失礼な事を言い始めます。

     

     

    終いには、お客まで選ぼうとするのでした。

     

     

    そんな、りさ子に、

     

     

    「仕事なめてんのか!」

     

     

    怜子はりさ子に物申す。

     

     

    高級クラブで働くと話すりさ子に、
    怜子は昼間やってない事を伝えます。

     

     

    りさ子には、小さい娘がいました。

     

     

    そんなりさ子は、
    昼間働けるクラブが好都合だったのです。

     

     

    昼のキャバ嬢もあり?夫の代わりに稼ぐ妻!?

    『自分はここ(水商売)に居る人じゃない。』

     

     

    『水商売の人とは住む世界が違う。』

     

     

    キャバで働きながらも、
    いつも自分はここにふさわしくない。

     

     

    と思っていたのです。

     

     

     

    そんな、りさ子に怜子は。

     

     

    「グダグダいってないで稼げよ!」

     

     

    りさ子の守りたいもののために、
    キャバで稼げ!

     

     

    と強く言うのでした。

     

     

    『大事な物を守るために』

     

     

    りさ子はマイホームと家族、
    何より娘のために変わります。

     

     

    客がタバコを吸う前に、サッとライターを出して火をつける。

     

     

    今まで何もしなかった
    髪もクラブの女の子達に巻いてもらいます。

     

     

    「あんな娘いたっけ?」

     

     

    男達を魅了する。

     

     

    その姿はいままでのりさ子とは
    違ったのです。

     

     

    そして、りさ子が守りたかった物。

     

     

    それは、本当に守りたかったものなんだろうか?

     

     

    自宅へ帰ったりさ子は、
    衝撃な言葉を家族から聞いてしまうのでした。

     

     

    それは…。

     

     

    胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~の感想

    夫が会社リストラされ、
    やむを得ず昼のキャバクラで働き始めたりさ子。

     

     

    初めは、

     

     

    『ここは自分のいる場所じゃない』

     

     

     

    『この人達と自分は住む世界が違う』

     

     

    と思いながら仕事をしていたのです。

     

     

    客が来ても笑わない。

     

     

    接客もしなければ、しまいには客まで
    選ぶ始末。

     

     

    店としては困ったキャバだったのです。

     

     

    そんな、りさ子は教育係の怜子に
    言われて変わります。

     

     

    それは、りさ子の守りたいものを守る。

     

     

    そのために、必死でキャバを頑張ったのに、
    自宅へ帰ると驚くべき言葉を家族から
    聞くのでした。
    『胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~』は
    BookLive!で読むことが出来ます。

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     
    BookLive!はコチラです。
    『胡蝶伝説』で検索してください。

     

     

     

     

     

     

     

      コメントを残す