幽霊彼氏 ネタバレと感想【自作自演彼氏?彼氏がいる自分が必要!?】

    2018y07m07d_160905899

    幽霊彼氏
    作者:おぐりイコ
    1巻未完結

     
    こんにちは!漫画花子です。
    今回は青年漫画『幽霊彼氏』を読みました。

     

     

    『幽霊彼氏…』

     

    一緒に寝る大きなベッドに枕を2つ並べて。

     

     

    彼氏の道具…。

     

     

    同棲しているかのように見えるけど、
    彼氏の姿はない。

     

     

    彼氏は、忙しくて家に帰ってこれない

     

     

    彼氏だらしなくて片づけが苦手

     

    彼氏は電話やメールより書置き派。

     

     

    とにかく、気配を見たことがないのです。

     

     

    本当に彼氏がいるかもしれないし、
    もしかしたら彼女の自作自演の彼氏なのかもしれない。

     

     

    つまり、
    彼女の心の中だけの彼氏、
    妄想ってことです。

     

     

    どちらが事実なのかわからない。

     

    そんな、不思議な感覚に引き込まれます。

     

     

    『幽霊彼氏』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>>まんが王国
    「幽霊彼氏」と検索してください。
    ※登録無料

     

    幽霊彼氏のネタバレ

    『ひづきへ…』

     

     

    部屋の壁にかかっている伝言板に、
    今日も遅くなると彼氏のつとむから連絡が…。

     

     

    その伝言板に返事を書くひづき。

     

     

    『つとむへ…』

     

     

    作った夕飯をチンして食べてね。

     

     

    とひづきは伝言板に書いて、
    夕飯を冷蔵庫へいれます。

     

     

    『私には同棲中の彼氏がいる。』

     

     

    ひづきの彼氏はちょっと変わっている。

     

     

    それは、片付けは苦手でだらしない。

     

    ゲームは好き。

     

     

    メールや電話よりも書き置き派。

     

     

    そして、毎日忙しくてかえってこれないのです。

     

     

    「ゲームとかやるんですね」

     

     

    会社の後輩にそんなことを言われるひづき。

     

     

    すると…。

     

     

    「彼氏がやってるみだいだから気になって…」

     

     

    頬を赤らめながら会社の後輩に話します。

     

    自作自演彼氏?彼氏がいる自分が必要!?

    「本気でみづき先輩狙ってるんですか?」

     

     

    同じ会社の水原がひづきに好意があるようだった。

     

    そして、見たことはない形だけの彼氏のことを、

     

     

    『幽霊彼氏』

     

    と呼ぶのでした。

     

     

    しかし、そんな水原とゲームで対戦した時、
    彼氏のソフトを使ってギャフンと言わせます。

     

     

    そのことで水原は彼氏とみづきが仲が良い…。

     

     

    と感じるのでした。

     

     

    その後も、ひづきとつとむは伝言板だけで
    会話をし続けます。

     

     

    『交流会にいってきます』

     

     

    普段絡みのない会社の人達との
    交流会に参加することになった
    ひづき。

     

     

    相手は男性社員ばかり…。

     

    「室川ですよろしくて…」

     

     

    その中の室川が…。

     

    「そういう考え方一番無理ですね」

     

     

    ひづきの彼氏の話になると、
    会えない彼氏なんて必要ない。

     

     

    と言い始めます。

     

     

    何の意味があるのかと…。

     

     

    そして、あなたが必要なのは、
    恋人がいる自分自身?

     

     

    と失礼な発言まで…。

     

     

    そんなひづきは…。

     

    幽霊彼氏の感想

    忙しくて家に帰ってこないひづきの彼氏。

     

    そして、誰もあった事がない。

     

     

    それは、
    ひづきですらもしばらく会っていないのです。

     

     

    しかし、伝言板ではひづきへの言葉が書かれていたり、
    お弁当を作ってくれたり…。

     

     

    金曜日には帰るから…。

     

    など、伝言があるのです。

     

     

    そんな、ひづきを気になる男性もいて、
    アプローチをかけたり、
    またまた彼氏がいる自分が必要なのでは!?

     

     

    っと物申す人も…。

     

     

    彼氏がいるの?それとも妄想?

     

     

    幽霊彼氏を見てみたい私です。

     

     

    「幽霊彼氏」はまんが王国で
    読むことが出来ます。

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

     

    まんが王国はコチラです。
    「幽霊彼氏」と検索してください。

     

     

     

      コメントを残す