あなたがしてくれなくても 11話のネタバレと感想【新名がミチを避けた理由?その訳を2人で話す時】

    2018y07m01d_225141684

    あなたがしてくれなくても
    作者:ハルノ晴
    1巻未完結
    こんにちは!漫画花子です。
    「あなたがしてくれなくても」11話を読みました。

     

     

    お互い夫婦同士セックスレスのミチと新名。

     

     

    その想いが通じるのか、
    非常階段の所で新名が思わずミチを
    抱きしめてしまいましたね。

     

     

    しかしその後、なぜか新名がミチのことを
    避けるようになってしまいました。

     

     

    その理由は、やっぱり気まずいから!?

     

     

    それともミチに対して別の感情が出たのかな!?

     

     

    その理由はわからないままこの11話まできました。

     

     

    この11話で、
    新名がなぜミチを避けていたのか
    心の内が明かされる…。

     

     
    「あなたがしてくれなくても」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>>まんが王国
    「あなたがしてくれなくても」と検索してください。
    ※登録無料

     

    あなたがしてくれなくても11話のネタバレ

    「はぁっ」

     

     

    ミチは会社でため息をつきます。

     

     

    それは新名から送られてきたメールが原因でした。

     

     

    『仕事が終わった後会いませんか?』

     

     

    そう書かれたメールにOKを出したミチ。

     

     

    しかし、会って何を話すのか不安になってしまいます。

     

     

    「今はただ新名さんの
    話を聞くのが怖い…」

     

     

    そう思いながら、
    約束した待ち合わせ場所へ向かうミチ。

     

     

    それは、お互いセックスレスとカミングアウトした時の
    場所でした。

     

     

    『カララン♪』

     

     

    バーの扉を開けると新名がカウンターに座って一人で
    飲んでいました。

     

     

    「お疲れ様です」

     

     

    ミチがそう言いながら新名の隣に行くと、
    新名もニコッと笑って『お疲れ様』という。

     

     

    『ここはお酒の力を借りて…』

     

     

    ミチは緊張をほぐすためにお酒を飲み始めます。

     

     

    「吉野さん」

     

     

    声をかける新名。

     

     

    そして、あの非常階段でなぜ自分がミチを
    抱きしめてしまったのか。

     

     

    その胸の内を語り始めるのでした。

     

    あなたがしてくれなくても 11話の感想

    非常階段で抱き合った後、
    新名に避けられていたミチ。

     

     

    その後、新名から仕事を終わった後
    会えませんか?

     

     

    とお誘いのメールが届きます。

     

     

    そのメールにOKを出したミチは
    新名に会いに行く。

     

     

    その待ち合わせ場所は、
    お互いセックスレスをカミングアウト
    したあの場所でした。

     

     

    そして、なぜ新名があの時ミチを
    抱きしめてしまったのか?

     

     

    自分の心の内を明かすのでした…。

     

     

    セックスレスでも色んな形が
    あることを知りました。

     

     

    悩みは深いことがわかります。

     

     

    「あなたがしてくれなくても」は
    まんが王国で100円読むことが出来ます。

     

     
    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

     
    まんが王国はコチラです。
    『あなたがしてくれなくても』と検索してください。

     

     

     

      コメントを残す