見殺し先生 ネタバレと無料お試し読み【イジメの最悪な結末!?保護者に左右される先生?】

    2018y06m21d_225836028

    見殺し先生
    作者:和田海里
    1巻完結

     
    こんにちは!漫画花子です。
    今回は『見殺し先生』です。

     

     

    先生が生徒のイジメを見て
    見ぬふりするのでは!?

     

     

    タイトルからそんな内容が想定されます。

     

     

    しかし、この話はそれ以上の話だったことに
    驚かされる。

     

    というのも、
    先生は生徒達のイジメを見て見ぬふりを
    していた訳ではありません。

     

     

    むしろ、イジメられて生徒を
    助けようとしていたのです。

     

     

    なのに、その後先生を精神的に追い込んだのが、
    保護者でした。

     

     

    そうです!イジメの主犯格の生徒の保護者です。

     

     

    『私の娘がそんなことするはずがない』

     

    『誰が私の娘の名前にケチをつけたの!?』

     

     

    言ってもないことを、勝手に妄想し学校へ
    文句をいいにきます。

     

     

    まさに、モンスターペアレンツです。

     

     

    その後、イジメにあっていた生徒は
    最悪な結末を迎えることに…。

     

     

    『見殺し先生』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>>BookLive!
    『見殺し先生』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金

     

    見殺し先生のネタバレ

    『私を殺したのは舘山先生』

     

     

    そんな風に黒板に書かれた文字。

     

     

    その黒板には、イジメた生徒の名前が書いてありました。

     

     

    その生徒の名前は彩菜。

     

     

    「舘山先生今日もカッコイイよね」

     

     

    担任の舘山先生は、
    女子生徒にカッコイイと人気のある先生でした。

     

     

    そんな舘山先生が、

     

     

    「可愛い名前だよな」

     

     

    彩菜の名前を褒めたことがイジメのキッカケとなります。

     

     

    なぜ名前がイジメのキッカケに!?

     

     

    それは、自分の名前をコンプレックスに感じている
    女子生徒の輝月、海音、聖夜がその様子をみていたからなのでした。

     

     

    彼女たちは自分の名前が変と
    感じていました。

     

     

    最初に彩菜にしたことは無視…。

     

     

    彩菜が話しかけても、プイッとどこかへ行ってしまう。

     

     

    その後、クラスの女子達が彩菜を見て、
    ヒソヒソ話をするのです。

     

     

    女子のヒソヒソ話程、
    怖いものはありません。

     

     

    「うちのグループに入らない」

     

    そんな中声をかけてきたのが、
    輝月、海音、聖夜だったのです。

     

     

    彩菜は”ホッ”として輝月達のグループに
    入れてもらいます。

     

     

    しかし…。

     

     

    「今日から峯野さんのこと
    ダサイちゃんって呼ぼう!」

     

     

    「似合う…!」

     

     

    そういってバカにしたように笑います。

     

     

    「やめて。…やだ!!」

     

     

    更に、ツチグモ(巨大なクモ)の作り物を
    頭に無理やりつけられます。

     

     

    クモはかなり気持ち悪い…。

     

     

    「クスクス…クス…クス…」

     

     

    彩菜の様子を見て、皆クスクス笑う。

     

     

    そして、そのまま授業を受けさせられるのでした。

     

     

    彩菜は体を身震いさせながら、
    我慢して授業を受けます。

     

     

    舘山先生はそんな彩菜の様子に気がついて
    輝月達に注意をする。

     

     

    「怒らないから言ってごらん」

     

     

    舘山先生はなぜこんなことをするのか
    輝月にいいます。

     

     

    すると…。

     

     

    「先生も私達の名前変だと思っているんでしょ」

     

     

    「峯野さんの名前可愛いって言ってた」

     

     

    そんな輝月の様子を見て
    舘山先生は自分がうかつだったことと
    感じるのでした。

     

     

    「何かあったらスグ相談するんだよ」

     

     

    舘山先生は彩菜を気遣います。

     

     

    しかし、輝月のイジメはエスカレートしていくのでした。

     

     

    イジメの最悪な結末!?保護者に左右される先生?

     

    輝月と彩菜は舘山先生の所へ呼び出されていました。

     

    「下着とったとかありえないし…」

     

     

    輝月は彩菜の下着をとったことを認めない。

     

     

    しかし、彩菜は血相変えて嘘をついている
    輝月を批判する。

     

     

    「嘘をつくならお前の親御さんに相談することに
    なるが…」

     

     

    舘山先生は輝月が嘘をついていると感じます。

     

    そして、両親に連絡すると話すと輝月は…。

     

     

    「ママは関係ないでしょ……!?」

     

     

    顔面蒼白になって、
    それはやめて欲しい。

     

     

    とお願いしてくる輝月。

     

     

    「先生が必ずなんとかするからな」

     

     

    イジメがこのまま終わるはずがない。

     

     

    そう思ったのか舘山先生は、
    彩菜にそう話します。

     

     

    しかし、輝月の母親の出現で、
    事態はドンドンおかしな方向へ変化していきます。

     

     

    それは…。

     

    見殺し先生の感想

     

    担任の舘山先生に可愛いと名前を褒められたことが
    キッカケでイジメにあう彩菜。

     

     

    中学校のイジメは陰険で、輝月達が彩菜にしたことは
    あまりにも卑猥なことでした。

     

    学校を早退した彩菜を気遣い舘山先生は、
    輝月と彩菜を呼び出します。

     

    嘘をつくなら輝月の両親に話すと言うと、
    輝月は血相を変えて拒否するのでした。

     

     

    そんな、輝月の母親が学校へ…。

     

     

    事態は変わっていきます。

     

     

    彩菜の人生を大きく変えようとしていたのです。

     

     

    そして、舘山先生自身も…。

     

    モンスターペアレンツ。

     

     

    人に注意されても、
    自分の子が悪い訳がない。

     

     

    と思っている親は怖すぎます。

     

     

    もっと周りの声を聞くべきとも…。

     

     

    そして、保護者に左右されてしまう学校も
    悲しすぎる…。
    「見殺し先生」はBookLive!で108円
    読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。
    BookLive!はコチラです。
    『見殺し先生』で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す