自分の顔が大キライ ネタバレと感想【ルックスってどれ位大事?美人が得してブスが損するって嘘!?】

    2018y06m21d_120028573

    自分の顔が大キライ
    作者名 :長谷川ケイ
    1巻完結

     

    こんにちは!漫画花子です。

     

    『自分の顔が大キライ 』を読みました。

     

    この漫画結構値段はお高めなんですが、
    内容はとても考えさせらるものでした。

     

    というのも、このタイトルからわかるように
    自分の顔が嫌いな作者の実話を元に描かれています。

     

     

    作者は自分が可愛いと思い込んでいたけど、
    ある日周りの反応で、自分がものすごーくブスということに
    気が付きます。

     

     

    そして、その後ルックスを気にしすぎるあまり、
    暗い中学生活を送り、そのままネガティブな感情を持つ
    大人になっていくのです。

     

     

    それは、大人になってバイトをした先でも、

     

     

    『ルックスでこんなに差がつくものなんだ…』

     

     

    と実感させられる現実を目の当たりにします。

     

     

    その後、念願の整形をして綺麗になっても
    作者は何も変わっていない自分に気が付くのでした。

     

     

    綺麗になったはずなのに変わっていないって、
    どういう意味なのかご自身で読んでください。

     

     

    『自分の顔が大キライ 』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>> BookLive!
    『自分の顔が大キライ 』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金

     

    自分の顔が大キライのネタバレ

    『私は自分の顔が大嫌いでした』

     

     

    ケイは自分の顔が嫌いでした。

     

     

    それは、ブスだったからです。

     

     

    「ケイちゃんは可愛いねぇ」

     

     

    4人兄妹の一番末っ子で生まれたケイは、
    両親に可愛がられます。

     

     

    そのこともあってか自分は可愛い。

     

     

    っと思っていました。

     

     

    しかし、小学生になると、

     

     

    『私ってこんな顔だったけ?』

     

     

    修学旅行の写真に写っている自分の
    姿を見て、何か違和感を感じるようになります。

     

     

    「ニキビいっぱいで気持ち悪いって」

     

     

    小学4年生でにきびがひどかったケイ。

     

     

    男子達に気持ち悪いと言われてしまいます。

     

     

    『近くで顔を見られたくない』

     

     

    机でグループを作った時、
    目の前にはクラスメイトの男子。

     

     

    見られたくなくって下を向くケイ。

     

     

    『エラの張った四角い輪郭』

     

     

    『一重まぶたで小さくて離れた目』

     

     

    『横に広がった形の悪い鼻』

     

     

    『私って…ブス…じゃん…』

     

     

    ケイは自分自身の顔を見て、
    そう思ってしまうのです。

     

     

    その日からケイは綺麗になりたい。

     

     

    という気持ちが強くなります。

     

     

    『整形か…』

     

     

    そして、整形にも興味を持ち始め
    中2の時に整形を決意します。

     

     

    ルックスってどれ位大事?美人が得してブスが損するって嘘!?

    「こんなブスやと思わなかった」

     

     

    海に行くと、知らない男にその言葉を連呼され…。

     

     

    アルバイト先では、
    真面目に仕事をしていたし、社員のポンさんに
    気に入られていると思っていました。

     

     

    バイトの中でも遅刻やドタキャンが多く、
    仕事に来てもあまり動かない丸崎さんという
    女の子がいたのです。

     

     

    その子はものすごーく可愛い子でした。

     

     

    ある日、バイト仲間で飲みに行くと、
    ポンさんの話になります。

     

     

    ポンさんは裏表が激しい人で、
    なんとケイの悪口を言っていたという…。

     

     

    そして、遅刻をよくする丸崎さんのことを聞くと、

     

     

    「あいつが一番可愛いって」

     

     

    ポンさんはルックスで評価して
    丸崎さんが一番のお気に入りと知るのでした。

     

     

    ケイは人一倍頑張ってきたのに、
    その話を聞いて、厳しい現実を目の当たりにした瞬間だったのです。

     

     

    その後ケイは念願の整形を終えます。

     

     

    整形を終えた後、
    ケイは今までと雲泥の差のような経験をする。

     

     

    『結局はルックスが大事!?』

     

     

    周りが変わり始めます。

     

     

    しかし、綺麗になったとしても
    ケイは変わっていなかったのです。

     

     

    その理由は?

     

     

    自分の顔が大キライの感想

     

    子供の頃可愛いと言われ、
    自分を可愛いと思っていたケイ。

     

     

    しかし、小学校の時に男子の反応で
    自分が可愛くないことに気が付かされます。

     

     

    その後、綺麗になりたいと中2で整形を決意。

     

     

    それまで、可愛くないということで、
    嫌な思いを沢山するのでした。

     

     

    整形した後、ハーフのように綺麗になり、
    男達の反応が変わる。

     

     

    その差にケイは苦しい思いを
    してしまいます。

     

     

    『ルックスってどれ位大事?』

     

     

    それを教えてくれる漫画じゃないかと感じます。

     

     

    ルックスに囚われすぎると、
    自分が壊れてしまうかもですね…。

     

     

    『自分の顔が大キライ』はBookLive!で
    読むことが出来ます。

     

     

    1冊972円と高めです。

     

     

    しかし、BookLive!では新規のみ1冊半額で
    読むことが出来るのです。

     

     

    つまり、486円で読むことが出来ます。

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでみて下さい。

     

     

    登録無料で継続課金もありません。

     

     

    BookLive!はコチラです。
    『自分の顔が大キライ』

     

     

      コメントを残す