専務が私を追ってくるのネタバレと感想【一夜限りの体の関係?その後まさかの再会に…】

    2018y06m20d_221220089

    専務が私を追ってくる
    作者:森千紗・坂井志緒

     
    こんにちは!漫画花子です。
    「専務が私を追ってくる」を読みました。

     

     

    「一夜限りの身体の関係」

     

     

    東京から実家に帰ろうと決意し、
    その日が東京最後の夜…。

     

     

    1人でバーで飲んでいると隣の男性に
    見とれてしまいます。

     

    それは、あまりにも綺麗でカッコいい男性だったから…。

     

    その男性ともう会わないだろう…。

     

     

    ということで、最後の東京の思い出と、
    一夜限りの関係を持つのでした。

     

     

    しかし、実家に帰って就職が決まり働き
    初めて3ヶ月が経つと新専務の秘書を
    お願いされます。

     

     

    その新専務が現れると、
    東京で抱かれた男だったのです。

     

     

    しかし、その女性は東京にいた時とは
    変わって地味な容姿をしているから気が付かれない?

     

     

    「専務が私を追ってくる」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>>BookLive!
    「専務が私を」と検索してください。
    ※登録無料・継続課金

     

    専務が私を追ってくるのネタバレ

    「別れよう」

     

     

    彼氏に別れを告げられる美穂。

     

     

    その原因は美穂の性格の悪さにあったのです。

     

     

    女としての自信か、
    自分の彼氏と他の彼氏を比べたり…。

     

     

    そのことが彼氏にバレて、
    別れを告げられる。

     

     

    『九州のおばあちゃんち
    誰か住んでほしいんだけど…』

     

    そんな中母から九州に住んでほしい。

    と連絡があります。

     

     

    美穂は東京を離れ九州のおばあちゃん家に
    住むことを決意するのでした。

     

     

    東京最後の夜に限って素敵な人と出会う美穂。

     
    バーで飲んでいると、
    隣に座った男性に見とれてしまう。

     

     

    「西麻布にはよく来るの?」

     

     

    男性は気さくに話してくれます。

     

     

    「僕は修」

     

     

    「お姉さんは?」

     

     

    男性は修と名乗ります。

     

     

    美穂はというと、
    偽名を使ってミキと名乗るのでした。

     

     

    「私今夜部屋をとっているの」

     

     

    「良かったら遊びにこない?」

     

     

    美穂は修を部屋に誘う…。

     

     

    『最後の思い出にするからいいよね神様』

     

     

    東京最後の夜、美穂は修に抱かれるのでした。

     

     

    『初めてあった人とこんなこと…』

     

     

    美穂はベッドの上で恥ずかしがります。

     

     

    そんな美穂を修は…。

     

     

    「かわいい」

     

     

    一言そう言うのでした。

     

    そんな修に美穂は本当にこの人が好きだ…。

     

    初めて会った相手だけど、
    良い時間を過ごすことができたのです。

     

     

    『ありがとうミカ』

     

     

    朝、修が起きないうちに美穂は置手紙をして
    その場を去ります。

     

     

    それは、もう会わない相手を思っていたから…。

     

    一夜限りの体の関係?その後まさかの再会に…

    美穂は九州のおばあちゃんの家に住み始めます。

     

     

    そして、女の自信を封印するために、

     

    『着飾らない』

     

     

    『外食しない』

     

     

    『恋愛しない』

     

    と東京で自己愛を満たしていたものを
    やらないと決める。

     

    就職もして何事も上手く進んでいると思っていました。

     

     

    「新専務の専属秘書です」

     

     

    入社して3ヶ月美穂は新専務の秘書を頼まれます。

     

    新専務は、
    東京から来る社長の息子。

     

     

    つまり、次期社長でもあったのです。

     

     

    「来たか」

     

     

    社長の息子(新専務)が部屋に入ってくると、
    見たことある顔が…。

     

     

    『修!?』

     

     

    なんと、東京最後の夜を一緒に過ごした
    あの男性だったのです。

     

     

    そして…。

     

    専務が私を追ってくるの感想

    彼氏にフラれて、
    九州のおばあちゃんの家に住むことにした美穂。

     

     

    東京最後の日、修とバーで出会います。

     

     

    美穂は修を誘い夜景の見える綺麗なホテルで
    一緒に一夜をすごす。

     

     

    美穂は修に本名も名乗らず、
    九州へ行くのでした。

     

     

    九州で就職もして、
    東京での女の自信を封印するために
    地味な容姿でいました。

     

     

    新しい職場に就職して3ヶ月。

     

     

    新専務の秘書をしてほしいと社長に
    お願いされます。

     

     

    新専務は社長の息子。

     

    そして、東京最後の夜に一夜を過ごしたあの
    修だったのです。

     

     

    『専務が私を追ってくる』は
    BookLive!で108円で読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

     

     
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。

     
    BookLive!はコチラです。
    『専務が私を』で検索してください。

     

     

      コメントを残す