桃色リップスティック ネタバレと感想【鬼上司は優しい?そんなギャップに惹かれるあゆみ】

    2017y12m13d_124343061

    桃色リップスティック
    作者:長江朋美
    1巻完結

     
    こんにちは!漫画花子です。
    『桃色リップスティック』を読みました~♪

     

    カッコいい上司って会社にいますか?

     

    この漫画の話は、
    本社から移動になった所長と新入社員あゆみの話です。

     

    その所長がイケメン。

     

    切れ長な目で背も高い…。

     

    しかし、欠点があるんです。

     

    それはものすごーく厳しい!

     

    そして、
    初めは女子社員の目の保養になっていたものの、
    次第に嫌われていく存在になります。

    それは、女性だけではなく、会社全員に…。

     

    会社の人から敵対心をもたれた所長。

     

    いつも1人でいることが多くなります。

     

    そして、そんな所長が少しづつ気になるあゆみ。

     

    社員旅行で所長の意外な一面を知ったあゆみ。

     

    そのあとは…。

     

     

    『桃色リップスティック 』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓  ↓
    >>>BookLive!
    『桃色リップスティック』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    桃色リップスティックのネタバレ

     

    「今日来る新しい所長…さ…32歳!?」

     

     

    あゆみが他の女子社員とランチをしていると、
    そんな話がいき交います。

     

     

    独身で本社から移動になってくる所長。

     

     

    そんな話をしていたら…。

     

     

    「こちらが赤坂由基所長」

     

     

    会社の人から所長を紹介されます。

     

     

    その姿は
    ”キリっ”としていてとてもカッコイイ!

     

     

    「明日からやめるように」

     

     

    応接室でランチをしていた女子社員に、
    いきなりやめるよう話します。

     

     

    その話を聞いておもしろくない女子社員。

     

     

    所長が移動してきたことで、
    平和なOL生活は終わりを告げたのでした。

     

     

    「何を指導しているのか」

     

     

    販売課長に嫌味を言う所長。

     

     

    次第に、
    社内の人にまで
    嫌われるようになっていきます。

     

    鬼上司は優しい?そんなギャップに惹かれるあゆみ

     

    「美容部員が足りない!?」

     

     

    病欠で一人美容部員が足りなくなります。

     

     

    その日は、
    東西デパート30周年セール。

     

     

    準備していたはずなのに、
    病欠で休んでしまった部員ために準備不足に…。

     

     

    「私でよければ行きましょうか?」

     

     

    その時あゆみが声をかけます。

     

     

    そして、
    あゆみは美容部員として手伝うことになったのです。

     

     

    「送っていくから乗りなさい」

     

     

    あゆみを車で送ってくれるという所長。

     

     

    「俺のせいだと言うように」

     

     

    先輩達に
    「仕事を抜ける」と一言いう時間もなかった
    あゆみに所長が言います。

     

     

    「ますます嫌われ…」

     

     

    女子社員にますます嫌われると、
    ついそんな風に言ってしまったあゆみに。

     

    「かまわないよ」

     

    クスっと笑って話す。

     

     

    次の日、
    所長のせいにして先輩たちに話すと、
    「所長に言われたなら仕方ない…。」

     

    と許してくれます。

     

     

    「あんたは俺たちを
    バカにしてる!!」

     

     

    同じ会社の藤川が我慢できなくてついに
    所長に反論。

     

     

    社内の雰囲気は
    徐々に悪化していくのでした…。

     

     

    そんな中社内旅行があります。

     

     

    「所長ずっと一人で…」

     

     

    バスの中、
    前の方に座る所長を見ながら
    そんな風に思っているあゆみ。

     

     

    「あげます」

     

     

    そんな所長に
    アイスクリームをもって
    かけよります。

     

    そして…。

     

    『ぎゃっ』

     

    転んでアイスが滅茶苦茶になった姿をみた所長は、

     

    「あはは…面白な君は」

     

    ものすごい可愛い笑顔をして笑うのでした…。

     

     

    いつも怖くてクールな所長の崩れた顔。

     

     

    それを見たあゆみ…。

     

     

    そこがキッカケで2人の関係は徐々に近づいていきます。

     

     

    その過程にドキドキです。

     

     

    そして、所長が皆に厳しいのには訳があったのです。

     

     

    それをしったあゆみは…。

     

    桃色リップスティックの感想

     

    穏やかで平和なOL生活を送っていたあゆみ。

     

     

    しかし、
    本社からイケメン所長が移動になってその平和なOL生活は
    終わります。

     

    厳しい所長に社内の雰囲気はギシギシに…。

     

    次第に所長は会社の皆から嫌われていくのでした…。

     

    1人でいつもいる所長が気になるあゆみ。

     

    社員旅行の時にアイスクリームをもって駆け寄ると、
    思いっきり転んでしまいます。

     

    ぐちゃぐちゃになったアイスとあゆみを見て、
    大笑いする所長。

     

    初めて所長の笑った顔をみたあゆみは、
    ドキッとせずにはいられないのでした。

     

    とにかく、所長のギャップがヤバかったです。

     

    ドキドキせずにはいられない!?

     

     

    「桃色リップスティック」はBookLive!で読むことができます。

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。
    BookLive!はコチラです。
    『桃色リップスティック』で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す