強制除霊師・斎 哀しみの悪鬼のネタバレと感想【女と経験したい?その願望がまとわりつく…】

    2017y12m11d_090926369
    強制除霊師・斎 哀しみの悪鬼

    作者:小林薫 斎

     

    こんにちは!漫画花子です。
    「強制除霊師・斎 哀しみの悪鬼」です。

     

    「霊の話は好きですか?」

     

    この話は除霊とかそういった話です。

     

    しかし、こんな霊がいたら怖い!

    と感じますね。

     

    それは、女と経験しなかった男性の霊が、
    結婚を間近に迎えた女性に憑りつく…。

     

    それは、夜な夜な寝ている時に、
    身体をベタベタ触ってくるんです。

     

    もちろん、普通の人は目には見えないから、

    「なんか夜中に人に
    触られている感じがする…」

     

    そしてその感覚は、ダンダン男性に触られたくない…。

     

    という感覚に堕ちいってしまうのです。

     

    それがたとえ婚約者だとしても…。

     

    女性にまとわりつく、
    男性霊が気持ちわるい…。

     

    夜中女性の布団の上になって。。。
    「強制除霊師・斎 哀しみの悪鬼」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!
    「哀しみの悪鬼」で検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    強制除霊師・斎 哀しみの悪鬼のネタバレ

     

    「毎晩のように
    体を触られている夢をみる」

     

    結婚を間近に迎えた笑美。

     

    夜になると、男性に胸や背後から体中を触られている
    感覚になる。

     

    それは、悪い夢だと思っていました。

     

    「マリッジブルーか?」

     

    ウエディングドレスと婚約者と見に行っても
    浮かない笑美は浮かない顔をしていました。

     

    そんな、笑美を心配する婚約者の雅紀。

     

    結婚式が楽しみという雅紀に、
    知らない男性に毎晩身体を触られている夢を
    見ているとは言えませんでした。

     

    「お兄ちゃん夜中に私の部屋にきた?」

     

    兄を疑うように、
    聞いてみても兄は知らないという…。

     

    「今日俺のアパートに
    泊まっていかない?」

     

    雅紀からそんなお誘いもあるが、
    気持ちがのらない笑美。

     

    そして、やんわりとお断りすると、
    雅紀は残念そうな顔をします。

     

    しかし、
    今の笑美は男性に身体を
    触ってほしっくなかったのでした。

     

    それがたとえ婚約者だとしても…。

     

    そしてまたその晩…。

     

    『今日はとりわけしつこい』

     

    笑美の身体を触る感覚がまた…。

     

    頑張って起きてみようとし、
    目線を向けると…。

     

    何が布団の中で目が光っている…。

     

    その中をよく見ると…。

     

    強制除霊師・斎 哀しみの悪鬼の感想

     

    結婚を間近に迎えている笑美。

     

    最近、夜寝ていると、
    身体を触られる感覚におちいります。

     

    それは、胸だったり…アソコだったり…。

     

    すごく嫌な感じで朝目覚めます。

     

    そして、結婚準備をしていても
    浮かない顔をしていました。

     

    婚約者の雅紀すら触られたくない
    気分になってしまいます。

     

    また、その晩しつこく体を触られる夢を
    みていました。

     

    頑張って起きようとして、
    目線を向けた先は、笑美の布団の中。

     

    そこにはなんと…。

     

    その絵は本当に気持ちわるいし、怖かった…。

     

     

    『強制除霊師・斎 哀しみの悪鬼』
    BookLive!で12月21日まで324円で読むことができます。

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。
    BookLive!はコチラです。
    『哀しみの悪鬼』で検索してください。

      コメントを残す