鬼の花嫁 4話漫画ネタバレと感想【兄が豹変?久喜蘇芳は災厄をもたらす者!?】

    2017y12m06d_080859250

    鬼の花嫁
    ~カラダに刻まれた獲物の印
    作者:COTA

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『鬼の花嫁』の4話こんなお兄ちゃん知らないです。

     

     

    りんとなんとなく、
    打ち解けてきたような雰囲気を見せた3話。

     

     

    しかし、この4話へそんな考えを覆すようなことが
    起こります。

     

     

    その原因は、りんの兄!

     

    兄は、蘇芳を見るなり、
    今まで見せたことのない険しい顔をします。

     

     

    りんの兄といえば、
    りんに過保護でその愛は、
    異常!?とまで感じるほど…。

     

    男の子を連れてこえば、
    それは…もう…怒るでしょ?

     

    という感覚ではないのです。

     

    こいつはヤバイ!危ない!近くにいるな!

     

     

    みたいなまるで、
    りんの命に関わりそうな感じで蘇芳を見ています。

     

     

    その訳は…。

     

     

    『鬼の花嫁』無料おためし読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>>コミックフェスタ

    『鬼の花嫁』と検索してください。
    ※登録無料

     

     

    鬼の花嫁4話のネタバレ

     

    「妹から離れろ!」

     

    りんは、こんな険しい兄を見るのは初めてでした。

     

    そして、どーやらこの2人は知り合いのよう…。

     

    しかし、蘇芳はそんな兄を見て、

     

    「相変わらずだな…」

     

    と話しています。

     

    蘇芳は兄からりんに”近づくな”と
    忠告を受けているのでした。

     

    「争いをするために来たわけじゃない」

     

    という蘇芳はその日はそのまま立ち去ります。

     

    兄が豹変?久喜蘇芳は災いをもたらす人!?

    蘇芳を見るなり豹変した兄。

     

     

    そして、

     

     

    「おまえが不幸になるだけだ」

     

     

    「災厄をもたらす者」

     

    と蘇芳のことを話します。

     

     

    絶対近づかないようにと、
    約束までさせられます。

     

     

    その夜りんは、
    葛藤していました。

     

     

    兄が言うような感じがしなかった蘇芳。

     

     

    しかし、兄が嘘をついたり、人を悪く言う人でない。

     

    ということも知っていたからです。

     

     

    そして、りんがとった行動は…。

     

    鬼の花嫁 4話の感想

     

    蘇芳に会うなり険しい顔をするりんの兄。

     

    そして、いきなり手をあげます。

     

    何がなんだかわからないりん。

     

     

    そんな兄を見て、
    蘇芳はその日は何もせずに立ち去るのでした。

     

     

    りんは兄と2人っきりになると、
    久喜蘇芳はどんな人物なのかをききます。

     

     

    そして、

     

    二度と近づかないように
    兄と約束させられるのでした。

     

     

    りんは心の中で葛藤をしていました。

     

     

     

     

    「鬼の花嫁」はコミックフェスタで
    1話60円で読むことが出来ます。

     

     

     

    面白いので良かったら読んでくださいね!
    無料お試し読みもできます。

     

     

    コミックフェスタはコチラ

    「鬼の花嫁」で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す