鬼の花嫁~カラダに刻まれた獲物の印 ネタバレと無料お試し読み【鬼と契約結婚!?花嫁の印は首元のマーク?】

    2017y12m06d_080859250

    鬼の花嫁
    ~カラダに刻まれた獲物の印
    作者:COTA

     
    こんにちは!漫画花子です。
    『鬼の花嫁』を読みました~♪

     

    COTAさんの出てくる男性はカッコよくていいですね(笑)

     

    今回は鬼がテーマのようですが、
    その冷たそうな雰囲気なのに、
    好きになった女の子に一途な感じが良いです!

     

    そして、その男の子がカッコイイという…。

     

    主人公は女子高生のりん。

     

     

    そして、読んでいると正体がわかるのだけど、
    同じ同級生で、何年かぶりにこっちに引っ越してきた!?

     

     

    引っ越してきたというか、リンのために来た、
    久喜蘇芳とう男子高生です。

     

    この久喜が実は鬼で、リンは鬼と小さい頃に結婚すると、
    契約を交わしていたのです。

     

     

    そして、その印として…。

     

     

    『鬼の花嫁』無料おためし読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>>コミックフェスタ

    『鬼の花嫁』と検索してください。
    ※登録無料

     

     

    鬼の花嫁のネタバレ

     

    「約束な!」

     

    「じゃあゆびきりしよ」

     

     

    子供の頃男の子との約束。

    そんな夢を見るりん。

     

     

    しかし、自分の記憶にはない夢でした…。

     

    「おはようりん」

     

     

    過保護すぎる兄がりんの目覚めを部屋で待っている。

     

     

    シスコンか!?と思うくらいのその重たい愛情に
    引いてしまうりん。

     

     

    その理由は、
    りん達は幼いころに両親を
    亡くしていたからなのでした。

     

    なぞの男子高生からいきなり首元にキス?

     

    『なんか濃くなってる…?』

     

     

    りんの首元には子供の時から、
    ★マークのようなアザがありました。

     

     

    その色が濃くなっているように感じます。

     

     

    神社に住むりんは家を出て、
    鳥居までいくと同じ制服を着ている男子高生が
    立っていました。

     

     

    「りんっ!」

     

     

    そこ男子高生がりんに気が付いたかと思ったら、

    嬉しそうにりんの名前を呼ぶ。

     

     

    しかし、りんは知りません…。

     

     

    「…りん…」

     

     

    名前を呼んだかと思ったら、
    いきなり抱きつき…そして…首元にやさしくキス…。

     

     

    それは、あのアザの所にキスしているようでした。

     

     

    「やめて!!」

     

     

    あまりに突然の出来事で、
    りんはその男子高生を押しのけて走り去るのでした。

     

     

    「転校生を紹介します」

     

     

    学校へ行くとりんのクラスに転校生が…。

     

     

    久喜蘇芳という男子で、
    あの時首にキスをした人でした。

     

     

    それから、色々と強引すぎるくらいりんに積極的な蘇芳。

     

     

    それは、保健室のベッドに押し倒したり…。
    (嫌な人を襲うのはしょうに合わないと、未遂に終わります。)

     

     

    「あの約束を覚えていない!?」

     

     

    りんは蘇芳と子供の頃約束を交わしていたのです。

     

     

    しかし、りんはその約束を覚えていない…。

     

     

    その事実を知った蘇芳は悲しそうな表情を見せます。

     

    鬼と契約結婚!?花嫁の印は首元のマーク?

     

    ある日、りんはクラスメイトに襲われる。

     

    すると…。

     

    「こいつは俺のものだ」

     

    蘇芳の目の色が変わり何か様子がおかしい…。

     

    「う…そ…っ」

     

    その姿を見たりんは、
    驚きと怖さのあまり声がでません。

     

     

    『この人は…誰?』

     

     

    蘇芳の後ろ姿を見てそんな風に思うりん。

     

     

    そして、
    りんを襲うクラスメイトから助けてくれたのですが、
    りんは怖くてたまりません。

     

     

    「来ないで!」

     

     

    「人間じゃ…ないの?」

     

     

    そして、もう関わらないでほしいと頼みます。

     

     

    しかし、
    首にあるアザは蘇芳がつけたもので、
    その意味は、鬼と人間が交わす契約の証。

     

     

    つまり、夫婦になる契約の証だったのです。

     

     

    一生消えることのない印。

     

     

    それを刻印されたりんは…。

     

     

    鬼になった蘇芳、その積極的なアピールが綺麗すぎる…。

     

     

    そして、りんも少しづつそんな蘇芳に惹かれ始める?

     

    鬼の花嫁の感想

     

    子供の頃に交わした約束。

     

    それが、鬼との結婚を示した契約の証だったとは…。

     

     

    そんなことも知らずに、
    高校生まで育ったりん。

     

     

    再びりんを迎えに来た?蘇芳は冷たい表情だけど、
    カッコよく一途にりんにアプローチをかけてきます。

     

     

    そして、
    理性を失ったクラスメイトの男子からりんを助けるために、
    蘇芳は鬼と化すのだけどその姿もまた良い(笑)

     

     

    鬼との契約結婚を知ったりんはその後どーなったのでしょうか?

     

     

    「鬼の花嫁」はコミックフェスタで
    1話60円で読むことが出来ます。

     

     

     

    面白いので良かったら読んでくださいね!
    無料お試し読みもできます。

     

     

    コミックフェスタはコチラ

    「鬼の花嫁」で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す