隣の席の神崎くんとセックスしてしまった1巻のネタバレと感想【童貞を奪う!?純粋な男子高生をからかったら…】

    2017y11m24d_141213457

    隣の席の神崎くんとセックスしてしまった
    作者 花宮初
    10巻未完結

     
    こんにちは!漫画花子です。
    『隣の席の神崎くんとセックスしてしまった』1巻を読みました。

     

    「童貞を奪った女子高生」

     

    帆花は隣の席の神崎くんの童貞を奪ってしまう…。

     

    それは、単に”からかってやろう”という安易な
    考えから、なぜかそのまま神崎くんが気持ちを
    止められなくなって、最後までしてしまった…。

     

    そんな神崎くんは、帆花の隣の席で、

     

    いつも不愛想で冷たい。

     

    絶対好きじゃないでしょ?

     

    むしろ嫌われているのでは?
    と感じるほどの態度だったのに…。

     

     

    本当は、すごーく帆花の事が好きだったんですよね。

     

    つまり、好き避けとか言うやつですよね(笑)

     

     

    好きだからこそ、避けてしまう、冷たくしてしまう…。

     

    そんな、純粋すぎる神崎くんは、
    まんまと帆花がからかうと、それにハマっちゃたんです…。

     

    しかし、ウエットすぎる神崎くんに、
    ドライな帆花がハマっていく話。

    これは、見逃せない(笑)

     

    「隣の席の神崎くんとセックスしてしまった」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>まんが王国
    「隣の席の神崎くん」で検索してください。
    ※登録無料

     

    隣の席の神崎くんとセックスしてしまった1巻のネタバレ

     

    『隣の席の神崎は今日も不機嫌である』

     

    帆花は神崎が苦手、
    なぜなら、今までの男子は優しかったのに、
    神崎だけが、不機嫌でなんとなく怖いから…。

     

    「もしかして帆花のこと
    好きだったりして」

     

    他の女子には普通の態度の神崎。

     

    しかし、帆花にだけなぜか感じが悪い…。

     

    「やばい熱が下がらん…」

     

     

    風邪をひいてしまった帆花は自宅で休んでいました。

     

     

    『ピンポーン』

     

     

    そんな時、神崎がプリントをもって、
    帆花の自宅へ届けてくれます。
    (多分自主的に(笑))

     

     

    「プリント届にき…おいっ」

     

     

    熱が高かったのか、
    神崎を玄関で迎えると、
    そのまま帆花は倒れこんでしまいます。

     

     

    「吹田おじや食う?」

     

     

    気が付くと、

    神崎が部屋で帆花の様子を見てくれていたのです。

     

     

    そして、おじやまで作ってくれます。

     

     

    「二人とも再婚して
    別で暮らしているから」

     

     

    帆花の親は再婚して別で暮らしていました。

     

     

    つまり、1人暮らしをしていて、
    そんな事をしった神崎は…。

     

     

    「笑って言うはなしじゃねーだろ」

     

     

    難しそうな顔をする…。

     

     

    「私のこと好きなの?」

     

     

    帆花は、神崎から受けたストレスからか、
    ちょっとからかいたくなります。

     

    そして、

     

    「何も思ってないクラスメートを
    部屋に入れたりしないよ」

     

     

    ものすごーく意味深な発言をする。

     

     

     

     

    『がばっ』

     

     

    「なんちゃって…。」と帆花がいった言葉など、
    神崎の耳に入っていない。

     

     

    もう、そのままベッドに押し倒されてしまいます。

     

     

    『ぐ…すごい力』

     

     

    「神崎お願い話を聞いて…」

     

     

    もう、神崎のスイッチが入って、
    そんな帆花の言うことなど聞かない…。

     

    というより理性が止められない!?

     

    そして…。

     

    隣の席の神崎くんとセックスしてしまった1巻の感想

     

    いつも不愛想な神崎。

     

     

    しかし、それは本当は帆花のことが
    好きというサインでもありました。

     

     

    「色んな好きという形があるんだ」

     

     

    と帆花は感じながら、家にプリントを届けてくれた
    神崎をからかいだすと…。

     

    すごい力で、押し倒され、
    キスをされる…。

     

    スイッチの入った神崎はもう理性がぶっ飛んでいました。

     

     

    そしてそのまま…。

     

     

    「隣の席の神崎くんとセックスしてしまった」
    まんが王国で1巻100円で読むことができます。

     

     

    無料お試し読みもあるので
    良かったら読んでみてください。

     

     

    登録も無料です。

     
    まんが王国はコチラです。
    『隣の席の神崎くん』で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す