ひとりじめ~調教願望~10巻ネタバレと結末【ベンチで真弘に抱かれる怜!しかし、涼を捨てきれない?】

    2017y10m26d_144140473

    ひとりじめ~調教願望~
    作者:響あい
    10巻完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『ひとりじめ~調教願望~』最終回の10巻です。

     

    『ひとりじめ』がついに完結します。

     

    雨宮涼と辻堂真弘の間で揺れる怜。

     

     

    身体だけの関係もあり?

     

    でも、心で好きななのは…。

     

     

    そんな、怜がこの10巻で描かれています。

     

     

    そして、9巻で終わった初詣に行って人混み避けたベンチで…。

     

     

    怜と真弘がエッチなことをし始めていましたね^^;

     

     

    その後は…。

     

     

    我慢していた気持ちが溢れる怜。

     

     

    そして、真弘もそんな発情した怜の顔を見て…。

     

    『ひとりじめ~調教願望~』無料お試し読みはこちら
    ↓    ↓    ↓
    >>>BookLive!
    『ひとりじめ』と検索してください!

    ※登録無料・継続課金なし

     

     

    ベンチで真弘に抱かれる怜!それは自分から?

     

    「ダメだろそんな大きな声あげちゃ」

     

    人混み避けたベンチに座る2人。

     

    真弘の手は怜の股に指を入れて…。

     

     

    我慢できずに喘ぎ声を上げてしまいます。

     

     

    「あぁ…ッ!」

     

     

    顔を歪め、頬を赤らめる…。

     

     

    そして、寒い中怜の吐息が白くなる。

     

     

    真弘のすることに身体をビクビクさせる怜。

     

     

    『すごくーー…愛おしい…』

     

     

    怜はダンダン、真弘と抱かれたいと願うのでした。

     

     

    『もっと感じたい』

     

     

    そう思って振り向くと…。

     

     

    「何?」

     

     

    爽やかな笑顔でそう答える真弘。

     

     

    そんな顔を見たら、
    スグに顔をそらして赤面してしまいます。

     

     

    「いつも気持ちありのまま
    見せてくれるお前が」

     

     

    「好きだよ」

     

     

    怜の身体を持ち上げ、会い向いになるように
    体勢を変える真弘は怜に素直な気持ちを伝える…。

     

     

    「…だから隠さないで教えて」

     

     

    真弘の目は優しい目で怜を見ていました。

     

     

    「ひ ひとつになりたいーーー…」

     

     

    恥ずかしがりながらも怜がそういうと、

     

     

    「どうぞ?」

     

     

    ベルトを緩めて、
    一言笑顔でそういう。

     

     

    「腰落とすだけだろ?」

     

     

    意地悪そうに赤面している怜の
    顔を眺める真弘。

     

     

    そして、怜は…。

     

     

    涼を捨てきれない?怜が選ぶ男性は…

     

    「また俺の元へ引き戻すことで」

     

     

    自宅に帰った怜。

     

     

    そして、涼と2人っきりでした。

     

     

    真弘と”もう一度恋に落ちた”と話す礼に、
    涼は自分の元へ引き戻そうとします。

     

     

    それは、身体に調教して…。

     

     

    「っ あ…!!」

     

     

    ソファーに座る涼の膝に怜を抱き、
    制服のボタンを1つ1つ外す。

     

     

    そして、涼は怜の胸元へ…。

     

     

    「あッ…!!っあ」

     

     

    「あぁっ…!」

     

     

    怜は涼のすることに感じてしまう。

     

     

    「わかっただろ」

     

     

    「こうして上書きすれば消える
    感覚だと」

     

     

    怜の感じる姿を見ながら、
    涼はその行為をやめない…。

     

     

    すると、怜はある物に目がとまる。

     

     

    そして…。

     

    ひとりじめ~調教願望~10巻の感想と結末

     

    初詣の人混みの中、
    人混みを避けたベンチで愛し合う2人。

     

    人が行きかう所で…。

     

    そんなスリルを味わいながら、
    怜と真弘はひとつになる。

     

    そして、
    自宅に帰ると涼はそんな
    怜達の姿が面白くない。

     

     

    再び、身体を調教することで、
    怜を自分の元へ引き戻そうとします。

     

     

    怜は真弘と同じように、
    感じ始めてしまう。

     

     

    『ひとりじめ』の最後は
    想像した通りの結末でした。

     

     

    真弘のためにスゴイ格好の怜。

     

     

    これはありなのか!?

     

     

    『ひとりじめ~調教願望~10巻』は、
    BookLive!で読むことが出来ます。

     

     

    新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。
    登録無料で継続課金もありません。
    良かったら読んでください。
    BookLive!はコチラです。
    『ひとりじめ』で検索してください。

     

     

      コメントを残す