ラブファントム 6巻 最新刊のネタバレ【百々子が取られる?慧以外の男から告白されて…】

    2017y10m22d_015008019

    ラブファントム

    作者:みつきかこ
    6巻未完結
    こんにちは!漫画花子です。
    『ラブファントム』最新刊の6巻が発売されましたね。

     

    百々子も可愛いけど、なにより、慧さんファンとして、
    即読みでした(笑)

     

    40代のおっさんといっても、
    慧さんはカッコいいです。

     

    こんな、

     

    『40代のおっさん本当にいるの?』

     

    といった感じ。

     
    タバコを吸う姿とか、
    横顔とか…。

     

    とにかく、どこから見てもカッコいいとしか言えない。

     

    そんな、慧が焦るシーンがこの6巻にはあります。

     

    それは、

     

    『百々子が取られる!』

     

    と思う瞬間があるからです。

    誰にとられるのかというと、
    5歳の玲史と莉央のパパです。

     

     

    そんな、双子ちゃんのパパ太蔵は、
    百々子に惚れてしまうのです。

     

    『ラブファントム』
    無料お試し読みはこちら
    ↓    ↓    ↓

    >>>BookLive!
    『ラブファントム』と検索してください!

    ※登録無料・継続課金なし

     

     

    ラブファントム 6巻のネタバレ

     

    「あのっ大丈夫ですか~!?」

     

    百々子が街を歩いていると、
    ビルの隙間で男性が膝を抱えて下を向いていました。

     

     

    病人と思った百々子はそんな男性に
    声をかける。

     

     

    「…あと…3分…」

     

     

    男性はそう言うとそのまま百々子の膝に頭をのせて
    そのまま寝てしまいます。

     

     

    「お目覚めですか?」

     

     

    男性が目を覚ますと、百々子の顔が…。

     

     

    「お父さま見つけっ!!」

     

     

    慧さんの家に来ていた、
    莉央ちゃんと玲央くんがそこにいました。

     

     

    「原太蔵と申します~」

     

     

    会社の社長をしていると話すその男性は、
    なんと莉央ちゃんと玲央くんのパパ。

     

    「お父さまの仕事場
    見学してみませんか?」

     

    太蔵は仕事が忙しく、
    子供達を置いて職場に戻ってしまいます。

     

    そして、百々子が莉央ちゃんと玲央くんの
    面倒を見ることに…。

     

    百々子が取られる?慧以外の男から告白されて…

     

    「何これ激ウマ!!」

     

     

    百々子は仕事で大変そうな、
    太蔵の会社の社員にお茶をだす。

     

     

    そして、皆喜んでくれます。

     

     

    「じゃー今日は終業~!」

     

     

    仕事も終わって、
    会社には太蔵と百々子と2人。

     

    子供達は寝てしまいました。

     

     

    「慧さんお疲れさまです」

     

     

    慧からの電話にでる百々子。

     

     

    その顔は嬉しそう…。

     

    そんな表情を見ていた太蔵は、

     

     

    「やあ慧くん」

     

     

    「久しぶりだね」

     

     

    百々子が電話をしている耳元で、
    話しだす太蔵。

     

     

    「百々子さんを借りてしまっててごめんね」

     

     

    「このあと一緒に食事をと思っているんだ」

     

     

    太蔵は、慧と百々子を食事に誘ったと思ったら…。

     

     

    「じゃあ急いだほうがいい」

     

     

    「僕が彼女を返せなくなる前に…」

     

     

    「来れるといいね?」

     

    そう太蔵は電話越しで話す…。

     

    そして…。

     

    ラブファントム6巻の感想

    百々子が街を歩いていると、
    莉央ちゃんと玲央くんのパパ太蔵と出会います。

     

    そして、太蔵の会社を見学し、仕事が忙しい太蔵の代わりに
    莉央ちゃんと玲央くんの面倒を見ることになった百々子。

     

    大変そうな太蔵や社員にお茶をだしたり、
    子供達の面倒をよく見てくれる百々子の様子を見ていた太蔵。

     

    仕事を終え、社員も帰り百々子と太蔵は2人っきり。
    (子供たちは寝ています)

     

    そんな中、百々子は慧からの電話を出ると…。

     

    「僕が彼女を返せなくなる前に…」

     

    挑発するようなことを言い始める太蔵。

     

    そんな太蔵に慧は…。

     

    とにかく、ドキドキでした。

     

    やっぱり慧さんはカッコいいです(笑)

     

    「ラブファントム」はBookLive!で読むことが出来ます。

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。
    登録無料で継続課金もありません。
    新規登録のみ1冊半額で読めます。

     

    BookLive!はコチラです。
    「ラブファントム」と検索してください。

     

     

    スポンサードリンク



      コメントを残す