say goodbye 漫画のネタバレ1巻(2話)【好きでもない男子と付き合う訳?優越感に浸るために…】

    2017y10m18d_114401703

    say goodbye(セイグッバイ)
    作者:中野純子
    3巻完結

     

     

     

    こんにちは!漫画花子です。

    say goodbye(セイグッバイ)の
    2作目(2話)10月のヒロインを
    読みました。

     

     

    1作目(1話)では、

    『こんな女性いそう』

    そう感じていましたが、

     

     

    この2作目(2話)も

    『こんな女性もいるかもしれない…。』

    って思った内容でした。

     

    それは、

     

    「優越感の為」

     

    「周りから注目されたい」

     

    そんな欲から、
    好きでもない男子と付き合う女子。

     

    付き合った彼は、
    甲子園のスーパースター。

     

    野球部のヒーローでした。

     

    そんな彼女は、心に傷を残してしまいます。

     

    なぜなら、
    彼が自分をかばって亡くなっているからです。

     

    「好きでもなかった…」

     

    彼女はそう言っています。

     

    彼が好きならともかく、
    好きでもないのに、自分をかばって
    亡くなった。

     

    そんな、彼が忘れられない。。。

     

    それは、罪悪感で…。

     

    前に進めないそんな彼女の前に、
    ある男子が現れます。

     

    優越感の為!?好きでもない人気男子と付き合う女性?

     

    『どうすればいい?』

     

    昔の彼氏が亡くなった時の夢を見る里見佳奈子。

     

    カナの彼氏は甲子園にも出場した野球部のヒーロー。

    彼氏は、カナをかばって亡くなります。

     

     

    「おれと付き合ってください」

     

     

    1年生の水野は佳奈子に告白をします。

     

     

    「ごめんなさい」

     

     

    佳奈子はその場ですぐ断ります。

     

    そんな水野は諦めない。

     

     

    「気が変わることだってあるだろ?」

     

     

    色んな所で、佳奈子と接触を持とうとします。

     

     

    しつこいと言えば、しつこいけど、
    嫌なしつこさでもない気がしました。

     

     

     

    佳奈子が学校から帰宅途中土手のようなところを
    歩いていると、水野がバイクを引いて歩いてきます。

     

     

    そして、

     

     

    「ずっと彼氏のこと
    思ってるつもりじゃないだろ?」

     

     

    一生このまま誰とも付き合わずにいるはずはないと
    思う水野はそんな質問をする。

     

     

    「いつか誰かを好きになったら
    私から告白するの」

     

     

    そういって走りはります。

     

    翌日の朝。

     

    「今日に限って
    なんでこんなにおせーんだよォ」

     

    水野はバイクにまたがり、
    佳奈子が家から出てくるのを待っていました。

     

     

    いつも10分前に学校へ登校しているはずの佳奈子が
    出てこない…。

     

     

    そのことにイライラしていました。

     

     

    そして、遅刻しそうな2人は水野のバイクに乗って、
    登校しようとした所…。

     

     

    「里見がバイクで事故ったって!!」

     

     

    学校でそんな情報が入る。

     
    「カナっ!」

     

    友達の鈴子が、佳奈子がいる病院に行ってみると、
    元気そうな佳奈子がベッドで猫を触っていました。

     

     

    鈴子は水野を責めると、

     

     

    「やめて!もう聞きたくない!」

     

     

    当時の彼氏が亡くなった事故を思い出して、
    佳奈子は大声を上げる。

     

    そして、

     

    「…ねぇ 鈴子」

     

    「気が付いてなかったでしょ?」

     

    佳奈子から鈴子へ衝撃的な話をするのでした。

     

    それは、自分の優越感のために起こした行動で…。

     
    『say goodbye』2話”10月のヒロイン”は、
    まんが王国で読むことができます。

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。
    まんが王国はコチラです。
    『セイグッバイ』と検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す