38°cのキスの漫画無料とネタバレ3話【玲に気持ち良くさせられて…。感じる弥生の顔にゾクゾクする?】

    2017y10m06d_230714034

    38°cのキス~真夏の午後、クーラーが壊れた部屋で…
    作者:宮越和草

     

    こんにちは!漫画花子です。

    『38°cのキス』3話です~♪

     

    第2話の続きで、真夏の暑い日にエアコンがつかない。

     

    そんな暑い中で、
    玲と弥生汗をかきながらもエッチなことを…。

     

    その汗が妙に色っぽく感じさせていましたね(笑)

     

    この3話では、玲は気持ちを抑えられなくなって
    ますますその行為はエスカレートしていきます。

     

     

    そして、弥生を最後まで気持ち良くさせてしまって…。


    『38°cのキス』無料お試し読みはこちらです。

    ↓  ↓  ↓
    >>>コミックフェスタ

    『38°cのキス』と検索してください。

    ※スマホ専用・登録無料

     

    玲に気持ち良くさせられて…。感じる弥生の顔にゾクゾクする?

     

    「かわいい」

     

    玲は弥生の感じる顔を見てそう言うと、
    キスをする…。

     

    身体中汗をかきながら、激しくキスをする。

     

    それは舌と舌を絡めて…。

     

    「ん…きも…ちい…い…」

     

     

    唾液で糸をひく2人のキス、そして頬を赤らめ歪む顔…。

    色っぽい顔で弥生は玲にそう伝えると…。

     

     

    『ゾク…』

     

     

    玲はゾクゾクしてしまうのでした。

     

     

    そして、玲の行為は更に、

     

    「あ…っ」

     

    「も…イ…ク…」

     

     

    エアコンが壊れている暑い部屋で玲は弥生の
    アソコに指を入れる。

     

     

    『ぐぷ…ぐぷ…』

     

     

    いやらしい音が部屋に響きます。

     

     

    「あ…ああっん」

     

     

    「あ”つっ」

     

     

    歪んだ顔をしながらその気持ちよさに声がでてしまう弥生。

     

     

    『ビクンッ』

     

     

    「ああ”あ”っあ”あ”っあ…」

     

     

    身体をガクガクさせて感じる弥生の身体は
    汗でビッショリしていました。

     

    そして…。

     

    38°cのキスの感想

    絵が可愛いから、弥生も可愛いし、玲もカッコいいです。

     

    そして、顔も体も汗をかいてビッショリな所が色っぽく感じます。

     

    玲の行為がだんだなエスカレートしていって、
    感じる弥生の歪んだ顔にドキドキです。

     

    「38°cのキス」はコミックフェスタで無料お試し読みができます。

     

    1話50円なので良かったら読んでください。

     

     

    コミックフェスタはコチラ

    「38°cのキス」で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す