漫画家とヤクザ 12話のネタバレと感想【吾妻は累が好き?ふとしたキスが愛情を感じてヤバイ!】

    2017y10m03d_051152867

    漫画家とヤクザ
    作者:コダ
    12巻未完結

     
    こんにちは!漫画花子です。
    『漫画家とヤクザ』12話を読みました~♪

     

    見た目は怖そう!ヤクザなのに、
    男らしくてものすごーく優しい所とかにキュンキュンしちゃいます。

     

    そのギャップがいいんですよね~♪

     

    『好きっていう気持ちがわからない…』

     

    吾妻は人を好きになるという感覚がわからない。

    とこの12巻で描かれています。

     

    ”好き”とか”愛している…”とか言葉では聞いたことが
    ない吾妻だけど、

     

    累に対する態度にものすごーくキュンキュンしてしまう。

    それは、言わなくても『累が好き!』

     

    という気持ちが伝わってくるからです。

     

    『気持ちよくなるだけで終わる…。』

     

    体だけの関係じゃなくて、エッチなことをするとき、
    ふとしてくれるキス…。

     

    累を好きだよ…。

     

    と言っている気がしました。

     

    そして、子供のように甘える吾妻は母性本能をくすぐりますね。
    見た目が怖そうなのに、子供のように甘える所とか…。

     

    本当、ヤバイです。

    それではネタバレを見ていきましょう~♪

     

    漫画家とヤクザ12話のネタバレ

    「家族ねぇ」

     

    「欲しいと思ったこともねーわ」

     

    産婦人科の美智子先生にそんな話をする吾妻。

     

    そんな、美智子先生とは吾妻が若いころからの付き合い。

     

    「お互い好きだから
    会ってるんじゃないの?」

     

    美智子先生に累とのことでそんな質問をされて…。

     

    「人を好きって
    どんなのかわかんねーな」

     

    しかし、吾妻は”好き”って何なのか?それがわからない。

     

    吾妻は累が好?ふとしたキスに愛情を感じてヤバイ!

     

    「生理まだ終わってないから…」

     

    体目当てで吾妻が来ていると思っていた累。

     

    しかし、生理とわかっていながら会いに来る意味が
    わからない。

     

    しかも手も繋がれて歩いている。。

     

    『このままだとそのうち来なくなるかも』

     

    エッチが出来ないことに不安を感じている累。

     

    「物足りなかったりしない?」

     

    ベッドで横になっている吾妻にそう話すと。

     

    「まーそれなりに」

     

    そんな返しをしながら、心の中では、

     

    『累となら一緒にいるだけでも…』

     

    と思っていました。

     

    「手でしようか?」

     

    赤面しながら話す累の顔。

    それを見てキュンとしてしまう。。。

     

    「下手クソ」

     

    一生懸命手でしている累にそう一言。

     

    「でも悪くねえ」

     

    累の顔を両手でつかんで顔を”すりすり”して喜びます…。

     

    『愛人の子供のくせに
    図々しいのは昔からだな』

     

    次期若頭候補に吾妻の名前が挙がっていることから
    弟の龍吾に敵対心を抱かれる。

    そして、昔弟にされた嫌がらせを思い出してしまいます…。

     

    『なんか元気ない』

     

    その日累のもとを訪れた吾妻は
    元気がありませんでした。

     

    『累の匂い』

     

    累に”ぎゅうっ”と抱きつく吾妻。

     

    その姿は、
    小さな男の子がお母さんに抱き付いた
    みたいに安心した顔をしています。

     

    「恋人とか家族が欲しいとかわかんねーな」

     

    「家族なんて面倒なだけだろ」

     

    なんとなく、何かがあったことを察した累は…。

     

    「く…口でしようか?」

     

    顔を赤く染めて、照れながらまたそういいます。

    そんな累の顔を見て”ゾクゾク”してしまう吾妻。

     

    『前すげぇ嫌がってたのに』
    前は嫌がっていたのに、
    自分のアソコを舌で舐める累の姿を見て…。

     

    累の顔に両手をあてて、キスをする。

     

    漫画家とヤクザ12話の感想

    別に望んだわけでもないのに、次期若頭候補の上がった吾妻。

    そのせいで家族でもある弟に嫌がらせを受けます。

     

    『家族なんてめんどくせー』

     

    そんな、心の隙間を埋めているのが累!?

     

    吾妻はまるで小さな男の子のように甘えるその姿に、
    母性本能をくすぐられます。。

    見た目は怖いのに、中身は可愛い!

    そんなギャップにドキドキしちゃいます。

     

    こんな男性いるのかなぁ~(笑)

     

     

    『漫画家とヤクザ』12話は
    まんが王国で100円で読むことができます。
    良かったら読んでください。

     

    まんが王国はコチラです。
    『漫画家とヤクザ』で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す