パーフェクトワールド31巻プチキス 最新刊【鮎川は大丈夫?地震後、彼は今…】

    パーフェクトワールド
    作者:有賀リエ

     

     

    こんにちは!
    『パーフェクトワールド』最新刊31巻です。

     

    パーフェクトワールドと言えば、2018映画化が決まりましたね。

     

    主演はあの」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典さんと
    若手女優の杉咲花さんです。

    話がズレてしまいましたが、31巻の話に戻します。

     

    地震後車イスごと倒れてしまった鮎川。

     

    歩くことの出来ない身体。

     

    誰もいない実家の部屋。

     

    叫んでも、ベッドの壁を叩いて誰も気が付いてくれません。

     

    そんな彼を救ったのは?

    パーフェクトワールド31巻のネタバレ

     

    鮎川は大丈夫?地震後、彼は今…

     

    「鮎川さんそこにいるのか!?」

     

    「鮎川!!大丈夫!?」

     

    本棚は倒れ本が散乱している…。

     

    その中に車イスごと倒れて気を失っている
    鮎川がいました。

     

    地震で戸も思うように動かない。

     

    そんな戸と壁の狭い隙間を

     

    「私なら入れる」

     

    と身を乗り出して次の部屋へ移ります。

     

    「きゃっ」

     

    『ドツ』

     

    本棚など物が倒れている部屋を進む川奈は、
    その足元の悪さに倒れてしまう。

     

    「起きて!!鮎川!!」

     

    「聞こえる!?」

     

    必死になって鮎川の身体をさする川奈。

     

     

    「川奈……?」

     

     

    気が付いた鮎川は夢を見ていたようでした。

     

    それは、必死に助けを求めていた鮎川は

     

    声もガラガラ

     

    手は出血しています。

     

    それは、この数時間大声をだして助けを求め、
    ベッドのふちをずっと叩いていたからでした。

     

    生き延びるために…。

     

     

    そして、その声は誰にも届かず疲れ果てて寝てしまう。

     

     

    『身近に危険を感じながら生活しているんだ』

     

     

    自分はこんなもので良かった。

     

    という事でも鮎川にとっては命取りになる可能性もあることを
    川奈は知ります。

     

    「家?俺たちの!?」

     

    そんな状況の中でも、建設中の家を気にする鮎川は、
    圭吾にそう話します。

     

    それは、
    この地震で修繕が必要なのか確認したかったからです。

     

    現場まで1時間もかかるのに建設中の家へ向かう3人。

     

    そして…。

     

    パーフェクトワールド31巻の感想

     

    誰もいない実家、鮎川が一人でいる時に
    地震は起こります。

     

    そして、車いすごと倒れた鮎川は必死に助けを
    求める。

     

    生きるために…。

     

    それは、大声で助けを求めたり、ベッドのふちを手で叩いて。

     

    川奈と圭吾が見つけた時には、
    鮎川は寝ていました。

     

    そして、気が付いた時には声はガラガラで、
    手には出血が…。

     

    自分(川奈)よりいつも生活の中でも身の危険を感じているた鮎川。

     

    その意識の違いに気が付かされるのでした。

     

     

    『パーフェクトワールド』31巻は
    まんが王国で1巻100円で読むことができます。

     

    無料お試し読みもできるので、
    良かったら読んでください。

     

    まんが王国はコチラです。
    『パーフェクトワールド』で検索してください。

     

     
    スポンサードリンク


      コメントを残す