サバイバー~SEXというお仕事~ネタバレ1巻【色んな男性の性事情!?良きパパが風俗へ行く理由とは?

    2017y09m19d_135342901

    作者:滝直毅
    漫画:倖他真誠
    3巻未完結

     
    こんにちは!漫画花子です。
    『サバイバー~SEXというお仕事~』を読みました。

     

    風俗店で働く女性達の話です。

     

    そんな、お店で働く女性の身に起きることや、
    気持ちが描かれています。

     

    読んでいて、

    そういった裏世界を知ることができますよ。

    サバイバー~SEXというお仕事~1巻のネタバレ

     

    身体を使ったお店で働いている鈴花。

    そのお店に来る男性はどいういった想いで来るのか?

     

    そんな事が描かれていました。

     

    『家庭では良いパパが…』

     

    『恋人気分で来るお客』

     

    普段良いパパしてそうな人や、
    彼女や妻に見せられない性欲をぶつける…。

     

    とか、普段は普通の人もいます。

     

    他には怖い客も…。

     

    怖い客って、乱暴する男性です。
    その話は怖い!

     

    『身体を売ってる女性は最低?』

     

    そんなことはなくて、働いている女性は、
    事情があって働いていて、普通の女の人です。

     

    色んな男性の性事情!?良きパパが風俗へ行く理由とは?

     

    「男は天国、女は地獄」

     

    そんな風俗店で働く鈴花。

     

    「ほとんどは普通の女性です」

     

    風俗で働く女性はほとんど普通の女の人。
    しかし、事情があってみんな一生懸命働いています。

     

    「いらっしゃいませ」

     

    中年でハゲた親父

    田中様が店に来店し鈴花を指名します。

     

    そして…。

     

    『口臭い!気持ち悪い!』

     

    そう思いながら抱かれる。

     

    しかし、いっさい顔には出さずに
    笑顔で気持ち良くさせます。

     

    田中は鈴花にキスをすると、
    顔の周りが唾でべちょべちょに…。

     

    「このまま入れていい?」

     

    いきなり生でしよとする田中。

     

    そして、渋々スキンをしてバックで挿入し…。

     

    「気持ちいいよ気持ちいい!!」

     

    そのまま絶頂を迎えるのでした。

    事が終わると、憑き物落ちたかのように変わる…。

     

    「お家では良いお父さん
    いい旦那さんなんだろうな」

     

    田中様を見送る時にそう思う鈴花。

     
    「鈴花さんご指名続きます」

     

     

    そんな田中様を見送るとまた別の客の指名が…。

    次は理想の恋人のように振る舞う鈴花。

     

    『普通に良い人の仮面を

    はずした男の本音』

     

    『彼女や妻に見せない性への欲望』

     

    そんなことを鈴花は風俗店に

    勤め知ってしまいました。

     

    しかし、この仕事は危険な事もあるのです。

     

    それは命に関わること…。

     

    サバイバー~SEXというお仕事~1巻の感想

    普通の女性が何かの事情があって働く風俗店。

    そこで働く女性達の想い。

     

    そして、
    風俗店に来る普通の男性が見せる性への欲望
    が描かれています。

     

    他には、狂っている客。

     

    そして、

    風俗店で働く女性達の危険も描かれています。

     

    知らない世界なので、読んでいてとても興味深い!

     

     

    「サバイバー~SEXというお仕事~」は

    BookLive!で1巻200円読むことができます。

     
    無料お試し読みもあるので、

    良かったら読んで下さい。

     

    BookLive!は登録無料で継続課金もありません。

     

    BookLive!はコチラです。
    「サバイバー」で検索してください。

     

     

     

      コメントを残す