パンドラ美容外科1巻のネタバレと感想【整形して美人になっても状況は変わらない?男性が本当に求めているものとは!?】

    2017y09m04d_110920938

    パンドラ美容外科~生まれ変わる女たち

    作者:岩田和久

     

     
    こんにちは!漫画花子です。
    『パンドラ美容外科~生まれ変わる女たち』1巻を
    読みました。

     

    全部で3部作で構成されていました。

     

    パンドラ美容外科1巻のネタバレ

     

    「女は見た目じゃない!?」

    そんな風に感じてしまう。

     

    第1話の『キツネ顔の女』です。

     

    なぜなら、この漫画で登場するユカリは、
    整形して美人になっても状況は
    たいして変わらなかったからです。

     

    『えっ!?キレイになったら男性の見る目が
    変わるのでは!?』

     

    男性が本当に求めているものは、
    外見の他にも何かあるのかもしれませんね。

     

    整形して美人になっても状況は変わらない?男性が本当に求めているものとは?

     

    「いつもながらに
    しっかり者だねユカリは!」

     

    お店NO.1のユカがお客様のグラスをたおして、
    服に水がかかってしまう。

     

    それを、テキパキと処理をするユカリ。

     

    ミスをしても、ユカはお客さんに許してもらえます。

     

    そんなユカに勝てないものは、
    ”顔だけ”と考えていました。

     

    ユカは背が低く童顔。

     

    男にとっては”愛され顔”とまで言われます。

     

    「あの”しゃくれ”笑えるよね」

     

    お店の子がヒソヒソと
    アカリの顔のことを話す。
    そんな悪口をアカリは耳にしてしまいます。

     

    アカリの顔は顎が長く狐のような顔。

     

    子供の頃から、
    その顔でからかわれ悩んでいました。

     

    そして、

     

    『この醜い顎を削りたい!!』

     

    整形を決意するのでした。

     

    パンドラ美容外科を訪れたアカリは、
    そこの女の先生に、

     

    「人生変わるけどいいかな?」

     

    整形すると人生が変わることを
    伝えられます。

     

    迷いもなかったアカリは顎を手術
    することに同意。

     

    「狐じゃない!これはドールだ!!」

     

    整形して美しくなった顔。

     

    それを自分自身で見たアカリは嬉しすぎて
    涙を流します。

     

    「肝心なのは中身よ!」

     

    整形手術をした女医は最後に
    アカリにそう、伝えるのですが…。

     

    「美人になったもんだな~」

     

    仕事に復帰したアカリは
    美人になったその顔のおかげで、
    セレブ客中心に任されるようになります。

     

    アフターもあったり、
    お客に好評だったはずが…。

     

    「ちょっと性格キツイんだね」

     

    なぜかお客とは長続きしない。

     

    そして、
    手術前よりも売り上げが下がるはめに…。

     

    それに引きかえユカは相変わらず
    お客に人気でそれをねたんだユカリは…。

     

    パンドラ美容外科1巻の感想

     

    「女性は外見じゃない」

     

    そんなことを教えてくれたような漫画でした。

     

    『整形して美人になる』

     

    最初はチヤホヤされるけど、
    その先が続かないって、
    やっぱり男性は女性の中身も見ているという
    ことなんでしょうね。

     

    見た目が変われば”男性が好きになる”は
    また別の話なのかもしれません。

     

    『パンドラ美容外科』1巻はまんが王国で
    先行配信をしています。
    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

    まんが王国はコチラです。
    『パンドラ美容外科』で検索してください。

     

     

     

     
    スポンサードリンク


     

      コメントを残す