私は天才をかってる ネタバレ1巻【大人のごほうび?浬が瑚花の首筋に…】

    2017y09m02d_064116534

    私は天才を飼っている

    作者:七尾美緒
    4巻未完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『私は天才を飼っている』1巻のネタバレです。

    私は天才を飼っている ネタバレ1巻

     

    サラサラの髪の毛で切れ長な目。

     

    浬くんがカッコイイです。

     

    そんな浬は天才で、他人は基本スルー。

     

    つまり、ほぼ無視をするのですが、
    子供のころからずっと一緒の瑚花だけには、
    見せる優しい態度。

     

    そして、瑚花自身も気が付いてしまいます。

     

    『浬が好き』

     

    という自分の気持ちに…。
    そんな2人に特別な秘密が…。

     

    それは、瑚花はご主人で、天才の浬にお願いをする時は、
    3つの条件が必要でした。

     

    3つの条件を満たすために、
    大人のごほうびに瑚花の首筋にキスマークをつける浬。

     

    こんな事をしても、
    浬は瑚花を恋愛対象として見ていないみたい。

     

    本当かな!?

     

    大人のごほうび?浬が瑚花の首筋に…

     

    「一ノ瀬瑚花さん俺をあなたの」

     

    「犬にしてください!!」

     

    小岩井裕太は、瑚花に告白をする。

     

    こんな告白の仕方をする理由は、
    瑚花は男を飼っていると言われていたからです。

     

    「瑚花いったいこのプログラムは
    誰が考えたんだ?」

     

    子供の浬は魔法のコードといって、
    瑚花にUSBを渡します。

     

    USBに入っているプログラムを
    見たIT企業を経営する瑚花の父親は驚く!

     

    そのUSBの内容をもとに作ったものが
    父親の会社を急成長させていくのでした。

     

    「浬は天才なのだと」

     

    そう思う瑚花。

     

    「あの子男飼ってるよ」

     

    そんな瑚花と浬は、主人と飼い人の関係!?

    瑚花は浬の”飼い主”。

     

    で、父の会社を浬が手伝う為の
    3つの条件を子供の時に契約するのでした。

     

    それは、

     

    その1:瑚花がかわいくおねだりをする

    その2:このことは父と瑚花以外は
    誰も知られてはいけない

    その3:報酬として浬のいう事を
    なんでもきく

     

    この3つです。

     

    ある日飲み会で、
    お酒に弱い瑚花がお酒を飲んで、
    具合が悪くなります…。

     

    一緒にいた小岩井くんが心配して瑚花を
    介抱しようとするけど、

     

    『こわい』

     

    お酒を飲んで具合が悪くなっていく自分に
    恐怖を感じていくのでした…。

     

    「遅くなってごめん」

     

    そんな、瑚花の状態を穂積から連絡をもらって駆けつけた浬。

     

    『自分の中でこの人だけが特別だと』

     

    安心する自分を知って浬が、
    特別ということに気が付きます。

     

    そして、浬が好きという事も…。

     

    「家に帰る途中に吐いちゃったから」

     

    気が付くとラブホのベッドの上で寝ていました、
    しかも下着姿で…。

     

    何をするわけでもなく、
    手をだしてくることもない。

     

    「瑚花はそのままでいいから」

     

    瑚花をからかうだけで、
    子供扱いをする浬。

     

    しかし、瑚花はそれが嫌でした。

     

    「…そんなに大人になりたいの?」

     

    世間知らずで子供な自分が嫌で、
    浬を避けるようになります。

     

    それは、
    成長して浬の隣にならべる
    自分になりたいと思っていたから…。

     

    瑚花の気持ちを知った浬は大人扱い
    をすると言い始めます。

     

    「キスさせてよ」

     

    子供だからしなかったお願いごと。

     

    大人のお願いごとなら…。

     

    そして、首筋にキスをし始める浬に
    瑚花は…。

     

    「私は天才を飼っている」1巻の感想

     

    ラブホへ連れていったり、
    お酒を飲んだ時に駆けつけてくれたり…。

     

    浬は「迷惑」と瑚花と、恋愛関係はなるつもりは
    ないみたいなこといっているけど、

     

    好きじゃない人にこんな事できる!?

     

    と感じてしまいました。

     

    今後、
    どんな展開になるのか2人関係が楽しみです。

     

    「私は天才を飼っている」1巻は
    今ならまんが王国で1巻無料で読めます。

     
    良かったら読んでください。
    登録は無料です。

     

    まんが王国はコチラです。
    「私は天才を飼っている」で検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す