お隣は1軒で2度おいしい 1巻のネタバレと結末【女子高生の恋?恋愛に興味のない男性を好きになって…】

    お隣は1軒で2度おいしい

    2017y08m10d_152531105

    作者:原田唯衣

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『お隣は1軒で2度おいしい』を読みました。

     

    お隣は1軒で2度おいしい 1巻のネタバレと結末

     

    男子高生でも、

     

    『恋愛に興味ない』

     

    そんな男子いるのかな?

     

    と思うけど、この話の中では存在します(笑)

     

     

    その男子は生徒会長をしていて、
    とにかくモテる…。

     

    しかし、恋愛には興味ないみたいです。。

     

     

    モテすぎて、自宅にまで押し寄せてくる
    女子達を自宅には上げたことがない。。。

     

    そんな中、
    1人だけ自宅に上がれた女子高生が
    いました。

     

    その女子高生もまた、
    恋愛に興味のない男子を好きだったのですが…。

     

    女子高生の恋?恋愛に興味のない男性を好きになって…

     

    「人が触れたものとか受け取らない」

     

    坂井杏咲は階段から落ちて、
    その下にいた生徒会長の小林桜佑に助けられる。

     

     

    そのお礼にお菓子を渡そうとすると、
    そんな冷たい言葉を言われます。。

     

     

    『最悪だ』

     

     

    初めて近くで話せたのに、
    結局、冷たくされた杏咲。

     

     

    「回覧板届けてきて!」

     

    自宅へ帰ると、母親からお隣さんに、
    回覧板を持って行くように言われます。

     

     

    「はい」

     

     

    玄関の引き戸を開けて出てきたのは、
    着物を着ている成人男性でした。

     

    「俺は小林幸晴ね」

     

     

    はじめ無愛想にしていたかと
    思ったらいきなり、テンションが高くなる
    お隣さん。

     

     

    「ご近所さんに迷惑かけないでよ」

     

    そう言って出てきた男性が、
    小林先輩だったのです。

     

     

    「うちの叔父がごめんね」

     

     

    小林先輩の叔父は26歳。

     

    最近、
    小林先輩も引っ越してきたと言います。

     

     

    「家の中の桜佑見たくない?」

     

     

    そんな、叔父である幸晴の誘いで、
    小林家でアルバイトをすることになった杏咲。

     

    「君だけだよ」

     

    「桜佑が家の出入り許したの」

     

     

    モテる小林先輩の元に訪れる女子は
    多数いました。

     

     

    そんな中、自宅へ上げたのは杏咲だけだったのです。

     

     

    幸晴は、桜佑に恋をしている杏咲の

    後押しをするのですが…。

     

    「恋なんてしたいと思わない」

     

     

    学校の教室で小林先輩(桜佑)に告白します。

     

     

    しかし、あっさりと断られる。

     

     

    恋愛に興味がないことをその時初めて知るのでした。

     

     

    「男なんて信じられない」

     

     

    小林家で幸晴と話していて、
    小説家でもある幸晴は杏咲がネタにされていることを
    知ります。

     

    小林先輩の後押しのことや、
    自分が小説のネタにされていたことに、
    カンカンになって怒ってる杏咲を見て、

     

    「明日は揚げ出し豆腐が食べたいな」

     

    からかうように、話す幸晴。

     

    年の離れた2人だか、
    これから2人の恋愛が始まるの?

     

    それを見ている桜佑は…。

     

    お隣は1軒で2度おいしい 1巻の感想

    とにかく、登場する男子がカッコイイです。

    好みは、幸晴です(笑)

     

    「恋愛に興味ない」

     

    そんな小林先輩だけど、
    今後杏咲を気になっていきそうな
    予感がします。

     

    その原因はやっぱり、
    幸晴のせいかな?

     
    「お隣は1軒で2度おいしい」の1巻は、
    まんが王国で無料で読むことができます。

     

    良かったら読んでください。

     

    まんが王国はコチラです。
    「お隣は1軒」と検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す