部長のにゃんこ 3巻のネタバレ【肘が当たっただけでもドキドキする?飲み会の席で神谷部長が隣に…】

    部長のにゃんこ

    2017y08m08d_095603872

    作者:ひさわゆみ

    4巻未完結

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『部長のにゃんこ』3巻を読みました。

     

    部長のにゃんこ 3巻のネタバレ

     

    『肘が当たっただけでもドキドキする』

     

    飲み会の席で、
    好きな人が隣に座っただけでも
    ドキドキするのに、肘とか当たったら。。。

    神谷部長はわざと?あやの隣に座ります。

     

    席は隣同士なんだけど、
    お互い違う人と話す。

     

    しかし、あやは意識しちゃうんですよね~♪
    この気持ち良くわかります(笑)

     

    そして、
    『トン』と肘があたっちゃう?

     

    肘が当たっただけでもドキドキする?飲み会の席で神谷部長が隣に…

     

    『おかしい』

     

    『ダメだってわかってるのに』

     

    神谷部長が付かれてソファーで横になっている所に
    あやが頬を”ツン”とすると、部長はいきなり
    あやを抱こうとします。

     

    『書類をはじく長い指』

     

    そんな部長の指があやの身体を
    触ります。

     

     

    「いずみ…」

     

     

    寝ぼけているのか、
    女性の名前を呼ぶ部長。

     

    その女性が誰なのか、
    モヤモヤした気持ちで会社に
    出社し仕事をしているあや。

     

     

    そしてその夜は、会社の飲み会で…。

     

     

    「ここ 空いているか」

     

     

    ビールを飲んでいるあやの隣に、
    神谷部長が座ります。

     

     

    「ねぇ?
    藤沢さんだってそう思うでしょ?」

     

     

    隣に座ったものの部長と話すわけでもなく、
    他の人と話しているあや。

     

     

    『トン』

     

     

    何かが当たったと思って、
    肘をみると、部長の肘が当たっていました。

     

    「悪い 当たった?」

     

    長い指…。

     

    いいにおい…。

     

     

    部長を意識しすぎて、
    心臓がドキドキしてしまいます。

     

     

    「自分だけドキドキしてばかみたい…」

     

     

    飲み会の後、部長のいる自宅へ帰宅するあやは、
    部長の想いを抑えきれなくなります。

     

     

    そんなあやを優しく包み込むように抱っこすると、

     

     

    「おまえとキスして」

     

     

    「オレだって
    平気だってわけじゃないよ」

     

     

    静かにあやに話す神谷部長。

     

    そして…。

     

    部長のにゃんこ 3巻の感想

    どんどんいい雰囲気になる2人に
    ドキドキでした。

     

    神谷部長はあやのこと

     

    「どー思っているのかな?」

     

    そう感じていたけど、
    この巻を読むと、あやのこと好きなのでは!?

     

    そんな風に感じで、更にドキドキ感が(笑)

     

    最後は神谷部長と優しくキスをして
    口元は首筋に…。

     

     

     

    続きのネタバレ

    ⇒部長のにゃんこ 4巻のネタバレ【神谷部長に食べられちゃってる?溶けそうな想い。。】

     

     

     

     

    「部長のにゃんこ」3巻は
    BookLive!で100円で読むことができます。

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

     

    BookLive!は登録無料で継続課金もありません。
    BookLive!はコチラです。
    「部長のにゃんこ」で検索してください。

     

     

     

     

     

     

      コメントを残す