部長のにゃんこ 2巻のネタバレ【神谷部長と勢いでキス…。可愛い猫と呼ばれて。。。】

    部長のにゃんこ

    2017y08m07d_000542473

    作者:ひさわゆみ

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『部長のにゃんこ』2巻を読みました。

     

    神谷部長がカッコよすぎる。
    ハマって4巻一気読みです(笑)

     

    部長のにゃんこ 2巻のネタバレ

    『勢いでキス…』

     

    気が付いたら会社の神谷部長とキスを
    していました。

    それは、
    あやだけ驚くのではじゃなくて、
    神谷部長自身も驚いていました。

     

    そして、帰る所のないあやは、
    部長の2階に住むことになります。

     

    会社では可愛い猫を飼ったと
    神谷部長は部下に話す。

     

    そんな、シーンにドキドキです(笑)

     

    神谷部長と勢いでキス…。可愛い猫と呼ばれて。。。

     

    『気まずい…』

     

    神谷部長は、
    口に手をあて自分自身の行動に驚く。。。

     

     

    「悪い」

     

     

    そう一言神谷部長が言うと、
    あやは気まず過ぎて、その場を
    逃げようとします。

     

     

    「時間わかってるのか」

     

     

    時計の針は夜中の1時近くで、
    もう電車もない。

     

     

    「今日は泊ってけ」

     

     

    あやは2階の空いている部屋で
    泊ることになります。

     

     

    『わたし猫だっけ?』

     

     

    その夜は、
    あやは猫になり神谷部長に抱かれる
    夢を見てしまいます。

     

     

    「しばらくここにいたらどうだ?」

     

     

    そんな部長の一言で、あやは
    引っ越し先が決まるまで、
    部長の家に住むことになります。

     

     

    「お疲れのようですね」

     

     

    会社であくびをする神谷部長を見ていた
    部下がそんな事を話しています。

     

     

    「最近、猫を拾ったんだ」

     

     

    たまたま、通りかかったあやは、
    部長のその言葉を聞いて資料を
    廊下にバラまいてしまいます。

     

     

    「可愛いでしょうねー猫ちゃん」

     

     

    そんな部下の言葉に、

     

     

    「ああ 可愛いよ」

     

    あやの資料を拾いながら、
    そう冷静に答える。

     

    その言葉を聞いて、
    赤面してしまうあや。

     

    『こんな無防備な…』

     

    スーツを着たまま疲れて
    ソファーで寝ている部長。
    その寝顔を見ながら、
    あやは部長のほっぺを”つん”と
    さわります。

     

    すると、部長は寝ぼけてあやの手を引き…。

     

     

    部長のにゃんこ 2巻の感想

     

    あやに聞こえるように、自宅で飼っている猫(あや)を
    『ああ 可愛いよ』という所とか、
    本当にドキドキしちゃいます。

     

    さり気なく好意を伝えているようで…。

     

    そして、
    ソファーの上で部長に引き寄せられたあやは
    再び…。

     

    特にエッチなことをしている訳でもないのに、
    なんでこんなに胸キュンするんだろう(笑)

     

     

    続きのネタバレ

    ⇒部長のにゃんこ 3巻のネタバレ【肘が当たっただけでもドキドキする?飲み会の席で神谷部長が隣に…】

     

     
    「部長のにゃんこ」2巻、
    はBookLive!で108円で読むことができます。

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

    BookLive!は登録無料で継続課金もありません。
    BookLive!はコチラです。
    「部長のにゃんこ」で検索してください。

     

     

     

     

      コメントを残す