テンカウント ネタバレ 4巻【潔癖症になったキッカケ!かなり闇を感じるBLだと4巻で確信】

    テンカウント

    2016y10m07d_132816658

    作者:宝井理人

    5巻未完結

    こんにちは!漫画花子です。

     

    テンカウントの4巻は、
    宝井さんのツイッターで発売日を知り、
    発売してからしばらくして店頭で購入しました。
    3巻の表紙から

    「すごいなぁ」

     

    と思っていました。

     

    4巻もまた狙ったようにすごいので1巻から4巻まで
    並べるだけでキャラクター性がわかります。

     

    絵は相変わらずきれいです。

     

    3巻の終わりが完全にエロ展開の途中だったので
    4巻冒頭はいきなりのエロシーンで

    本番ではないにしろ結構、言い方が

    悪いかもしれませんがえげつない冒頭です。

    ⇒テンカウント 3巻ネタバレはコチラ

     

    しかし、
    やりすぎであることから次につながったので、
    激しめのエロシーンでしたが無駄ではなかった
    のかなと思いました。
    4巻は完全に受けの城谷の
    核心に触れる過去の回想シーンがあるので、
    とても人の闇に触れる重たい内容になっていました。

     

    そして、
    これは宝井先生ならではの
    表現なのでしょう…。

     

    回想が、
    「潔癖症になったキッカケ」までなので、
    そこからつながる核心的なことを文字で

     

    表現していないので、

    「本当に人の気持ちを受け取るような形?」

    人の弱いところを行動で示したといった形なので、
    言葉でわかるというより心で共感するという回想になっています。
    説明が難しいのですが、
    すべてが解明されるほどの回想ではないので、
    逆に言えば解明され切れないのでもやっとして終わる回想です。
    でも、
    潔癖症になったキッカケの

    人間関係などがわかるので、今までちらりと

    見せてきた闇のキッカケが解明はされます。

     

    ただ根本的なところが見えないので、
    そのキャラクターもそれがわからないの

    だろうなと思えました。
    1巻の終わりで攻めの黒瀬から突き放したのが、
    4巻では今度受けの城谷が突き放したので、
    完全に両想いではない。

     

    ゆがんだ恋愛感情からなる展開が
    とてもドキドキさせられました。
    1巻の最初ではここまで歪になるとは

    思えなかったので、SとMというのもありますが、

     

    かなり闇を感じるBLだと、
    4巻で確信しました。
    正直、「これはまだまだ長く続く話だな…」

     

    と戦いてはいるのですが、シリアス好きな人は
    本当にハマる展開になってきたなと感じる4巻でした。

     

     

    テンカウント 5巻ネタバレはコチラ

    ⇒テンカウント 5巻 ネタバレ【結構…おお…となるくらい激しめだなぁと感じました】

     

     

    無料お試し読みはコチラです。
    「テンカウント」で検索が必要です。

     

     

     

      コメントを残す