最凶ストーカー~粘着ブス女の呪詛~ネタバレと結末【異常すぎる行動!?3年間付きまといつづける女】

    最凶ストーカー
    ~粘着ブス女の呪詛~

    2017y07m20d_085652039

    作者:北上祐帆

     

     

    こんにちは!
    『最凶ストーカー~粘着ブス女の呪詛~』を読みました。

     

    「とにかく…怖い!!」

     

    何が怖いっストーカー女の蛍姫の行動!!

     

    ストーカーってここまで人の心を蝕むものとは…。

    それは、
    あまりの恐怖に人を
    ノイローゼにさせてしまうんだなぁ~っと。

     

    最終的には殺意まで感じる程に…。

     

    警察は彼女を注意する位でまったく解決にも
    繋がらない。

     

    確かに、いつも自宅の近くで待っていたり、
    『1時20分に寝たね』など手紙が送られてきたら、
    怖すぎます!

     

    それって

     

    『常にその男性を見ているってこと!?』

     

    とまで感じます。

     

     

    彼に彼女がいようが関係ない。

     

    そんな蛍姫の取る行動は本当に異常でした。

     

    異常すぎる行動!?3年間付きまといつづける女

     

    『蛍姫はいたーーー』

     

    花柄の丈の長いワンピースを着て、
    電柱の陰で不気味な顔をして笑う蛍姫。

     

    その姿は、見るからに怖い。

     

    「ストーカーって知ってる!?」

     

    「あなたみたいな人の
    ことをいうのよ!」

     

     

    婚約者の美紗が付きまとわれている永二の為に、
    蛍姫にそう言うが、彼女は無表情で無言。

     

    『ガチャガチャガチャ』

     

    永二と美紗が自宅へ入り鍵をかけると、
    玄関の扉をガチャガチャと開けようとします。

     

    『きのうダーリンは
    午前1時32分にねましたね』

     

    『私はダーリンの夢をみました』

     

     

    自宅には、
    蛍姫からの何通もの手紙と音声テープ
    が送られてきます。

     

    「警察に何回いったてちょっとあの女に
    注意するだけで」

     

    「オレはノイローゼ寸前だ」

     

     

    頭を抱えて苦しむ永二。

     

    「ん……」

     

     

    2人が愛し合おうとしたその時、

     

     

    「なんだかお互い気がのらないね…」

     

     

    そう言って、カーテンを開けると、

     

    「ギャア」

     

     

    窓越しに蛍姫がいて2人の様子を見て、
    ニヤっと笑っていました。

     

    それは、
    2人が愛し合っている所も
    窓越しで聞いていたということです。

     

    これは、流石に気持ち悪い…。

     

    永二は蛍姫に付きまとわれて3年。

     

    そのために、引っ越しも3回し、
    転職も3回しえいました。

     

    そして、

     

    『もう1週間会社を休んでいるという』

     

    永二は会社を休みガチに…。

     

    その訳は、蛍姫が同じ会社で働いて
    いたからでした。

     

    「もう1週間ほとんど寝てない…」

     

     

    ベッドで横になっている永二の顔は、
    やつれていて髭もはえっぱなし。

     

    それを見た、美紗は蛍姫に殺意を感じ…。

     

     

     

    『最凶ストーカー~粘着ブス女の呪詛~』は、
    ストーカー被害にあう、永二。

     

     

    その女性 蛍姫は、3回引っ越しても永二を
    追いかけてくる異常行動を起こす人でした。

     

     

    何時に寝たかまで見ていて手紙に書いて、
    永二に渡す。。

     

    自宅の玄関を勝手に開けようとする…。

     

    しまいには、会社にまで…。

     

    ノイローゼになってしまった永二を見た
    美紗が蛍姫を…。

     

     

    『最凶ストーカー~粘着ブス女の呪詛~』結末

     

    蛍姫が生きている限り幸せになれない。

     

    そんな風に感じた2人は、
    蛍姫を殺害してしまいます。

     

    しかし、蛍姫の本当の怖さはこの後なのです。

     

    今までは、
    目に見えるストーカー行為でした。

     

    しかし、死んでしまった蛍姫。

     

    その呪いが今度は2人を苦しめます。

     

    特に、美紗に…。

     

     

    美紗は電車に乗っている最中に、
    股を広げて自分の指でオ〇ニーを
    し始める。。

     

    しかも、周りには大勢の人がいます。

     

    そんな、
    美紗の卑猥な行動に男性は発情しながら、
    見てしまう。

     

    「お願い見ないでください…」

     

    泣きながらそう言っても、
    その行為を止めることは出来ないままで
    いました。

     

    つまり、見られ放題な訳です。

     

    さらに、永二が自宅に帰ると…。

     

     

    美紗は大根を使って、
    卑猥な行為をしていました。

     

     

    『最凶ストーカー~粘着ブス女の呪詛~』は、
    BookLive!で無料お試し読みが出来ます。

     

    良かったら読んでください。

     

    BooKLive!は登録無料、継続課金もありません。

     

     

    BookLive!はコチラです。
    『最凶ストーカー』と検索してください。

     

     

     

     

     

     

      コメントを残す