ときめく、はじめての。 ネタバレ【女友達を好きになってしまった!?恋…それは、あなたにしてるんだよ!】

    ときめく、はじめての。

    2017y07m13d_235245105

    作者:野中友
    1巻完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。

    『ときめく、はじめて』を読んでみました~♪

     

    ときめく、はじめての。のネタバレ

     

    「女友達を好きなった…」

    男子との恋愛なら、
    極々普通のことだからいい出しやすいけど、

     

    『女子だとね。。』

     

    しかも、目の前で話している”あなた”だよ。

     

    となると、言えるわけがない。。

     

    そんな、女の子を…。

     

    友達を、好きなった紗矢。

     

    「恋をすると可愛くなるよね」

     

    そんな言葉を美絵乃に言われる。

     

    女友達を好きになってしまった!?恋…それは、あなたにしてるんだよ!

     

    「あたし好きな人ができたかも…」

     

    学校で昼食を食べている時、
    いきなり紗矢が美絵乃にそう言います。

     

    「いつ?一体だれに!?」

     

    美絵乃いきなりの発言に思わず席を立ってしまう。

     

    そして、

     

    「急に好きな人が出来たなんて…」

     

    そう思っていた美絵乃だが、
    紗矢はそんな自分の気持ちに気が付いたのが、
    最近なんだと話します。

     

    『あの紗矢が…』

     

    そして、
    なぜか『もや』っとした気持ちに…。

     

    「放課後ひま?」

     

    紗矢は美絵乃を誘って、
    買い物へ出かけます。

     

    「美絵乃だったら

    どんな感じが好きかな」

     

    美絵乃の好みを知りたいのか、
    聞いてくる紗矢。

     

    「ど どうかな」

     

    選んでもらったワンピースを試着してみると…。

     

    「紗矢の好きな人もったいない」

     

    美絵乃は、
    ワンピースを着た紗矢が可愛いくて、
    思わず言葉にでてしまう…。

     

    そんな言葉に、
    顔を真っ赤にして照れてしまいます。

     

    「用事というより

    デートコース巡りね」

     

    カフェにゲーセン、ショッピングと
    色々な所へ行く紗矢を見ていると、
    そう感じ始めた美絵乃。

     

    そして、

     

    『下見とか予行練習のつもりかしら』

     

    また”もやもや”した気持ちに…。

     

    パンケーキを食べて帰ることにした2人。

     

    「恋すると女の子は可愛くなる」と

    美絵乃はいいます。

     

    それに同意した紗矢。

     

    「わかるよ、いつも見ているから」

     

    美絵乃のすべてを褒める紗矢。

    最後に、笑顔でそう伝える。。。

     

    「紗矢の好きな人って…」

     

    ときめく、はじめての。の感想

    仲の良い友達を好きになってしまった。。

     

    もし、そうだったとしたら、
    困らせちゃ悪いというより…。

     

    今までの関係が崩れそうで、
    怖くて伝えられなくなりそうです。

     

    「両想いならうれしいけど。」

     

    紗矢はそう言っていたけど、
    もともと告白するつもりもないようでした。
    しかし、
    やっぱり好きっていう気持ちは
    出てきちゃう

    と読んでいて感じます。

     

    最後は、
    美絵乃のすべての行動が可愛いとか
    言っちゃってましたから(笑)

     

    そんな彼女の気持ちを気が付いてあげられたので
    しょうか?

     

    詳細は本編を読んでください。
    『ときめく、はじめての。』はコミなびで
    読むことができます。

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

    コミなびはコチラです。
    『ときめく』で検索してください。

     

     

     

     

     

     

      コメントを残す