テンカウント 2巻ネタバレ【ゆがみながらも関係を持つ?過激目なエロシーンにドキドキ】

    テンカウント

    2016y10m07d_132748766

    作者:宝井理人

    5巻未完結

     

    こんにちは!漫画花子です。

     

    テンカウントの2巻は1巻と同時購入だったため、
    一巻と続けてすぐに読み終わってしまいました。
    1巻の終わりがネタバレになりますが、
    受けの城谷を攻めの黒瀬が突き放すといった

    形で終わったので、2巻はドキドキしながら

    内容を読み始めた覚えがあります。


    宝井理人さんの前作「花のみぞ知る」では3巻完結で、3巻でお互いの両想いハッピーという形でした。

     

    なので、
    そういった要素はテンカウントでも、

    「もう少し後に来るかな?」

    と思いきや、2巻で両想いとは違いますが、
    恋愛感情があるといった展開になります。。。

     

    また思っていたより、
    過激目なエロシーンが入ってきました。

     

    一巻ではそこまで感じられませんでしたが設定として
    攻めの黒瀬はS気があり受けの城谷はM気があるというので
    話を進めるといったコメントを宝井先生自身がしていたので、
    それが2巻では割と現れてきたなという印象を受けました。

    ⇒テンカウント 1巻ネタバレはコチラ

     

    1巻では和やかに二人が仲良くなり突き放され、
    といった内容だったことに比べると2巻ではまたくっつき、

     

    二人の関係がだんだん

    「支配している側」と

    「される側」

    という立場が見えてきて、

     

    人のゆがんだ恋愛感情みたいなのが
    見えてちょっと二人の関係性に闇を感じました…。

     

    表紙の怖い感じも、
    これを示唆していたのかなとまで思えるほどです。

     

    しかし、
    ゆがみながらも関係を持ったということに、
    腐女子の心としては

    「やったね!」

     

    と親指を立てる所でした。。
    最後に、
    潔癖症になった根本的なところに触れるようなシーンがあり、
    城谷に潜んでいる闇に触れる部分があったので、
    また続きが読みたいとなる仕掛けになっていました。

     

    またそういうところまで描写するあたりに、
    このテンカウントという話は、

    「割と深いぞ…」

    という続き物ならではの展開も少し読めました。

     

    テンカウント2巻まで買うと、

     

    「本当に続きを買わなくてはいけない」

     

    みたいな使命感にかられる内容が見られますので、
    どっぷりつかりたい人は2巻まで買ってしまえば
    ハマると私は思います。

     

     

    逆にハマってしまうのが怖い人は
    もう買わないほうがいいのではと思いました。

     

    続きのネタバレはコチラ

    ⇒テンカウント ネタバレ3巻【そろそろ城谷の闇が見えそう?】

     

     

    無料お試し読みはコチラです。
    「テンカウント」で検索が必要です。

     

     

      コメントを残す