下流風俗嬢 漫画 ネタバレ【イタイ風俗嬢?43歳であるものを売って商売!?】

     

    2017y05m29d_154527223

    作者:藤田素子

    1巻完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。

    ストーリーな女たちの『下流風俗嬢』を

    読みました。

     

    『43歳だけど、
    男達は43歳だと思っていない。』

     

     

    自分は人よりも若く見えている。

     

    そう勘違いをしている風俗嬢がいました。

     

     

    しかし、同僚からは、

     

    『どう見ても40代だから』

     

    と思われています。

    そんな風俗嬢はちょっとイタイ行動を
    とっていました。

     

     

    それは、
    取った客に自分のアダルトビデオを
    売ることです。

     

     

    以前にAV女優だった風俗嬢は、
    自分のあのシーンを視聴させて、
    ビデオを販売。

     

     

    そんな、男達の反応は…。

     

     

    イタイ風俗嬢?43歳であるものを売って商売!?

     

    「生駒ちゃん43歳でーす」

     

     

    ヒョウガラの衣装に、
    ヒョウの耳のカチューシャを
    つけて登場する風俗嬢の生駒。

     

     

    「よ 43歳!?」

     

     

    驚くお客の反応を見て喜びます。

     

     

    『絶対あたし

    43歳に見えないから』

     

     

    自分は若く見えると勘違いしています。

     

     

    しかし、客はどちらかと言うと、
    引いている…。

     

     

    「生駒ねえさん

    どう見ても40代だから」

     

     

    同僚からもそう思われています。

    気が付かないには本人だけ(汗)

     

     

    「これどうぞ」

     

     

    名作ビデオと書かれたタイトル
    を再生し始めます。

     

     

    『ああ~』

     

     

    「中身はお宝!!
    あたしの主演AVでーす」

     

    自分がAV女優だったころの

    ビデオを見せて…。

     

     

    プレゼントかと思えば、
    お金を徴収する生駒。

     

    「いや今日はいいよ」

     

     

    お客にも断られます。

     

     

    『本物がいいのかダビングは
    売れないのよねぇ』

     

    ここでも勘違いしてしまう。

     

     

    そんな中、

     

    「どれ監督は…と
    うんうん聞いた事あるな」

     

     

    生駒の話に興味深々の
    若い男性が現れたのです。

     

     

    そんな男性と生駒は…。

     
    ストーリーな女たちの『下流風俗嬢』は、
    自分が歳より若く見えている。

     

     

    そんな、少しイタイ風俗嬢を
    描いています。

     

    AV女優の経験もある生駒は、
    そんな生駒に興味深々の男性が
    現れ…。

     

     

    ストーリーな女たちの『下流風俗嬢』は、
    ハンディコミックで無料お試し読みができます。

     

    良かったら読んでください。

     

     

    ハンディコミックはコチラです。
    『下流風俗嬢』で検索してください。

     

     

      コメントを残す