緋の稜線 ネタバレ 漫画 各務の和音の態度にはイライラさせられた

    緋の稜線

    2017y02m25d_051254613

    作者:佐伯かよの
    25巻完結

     

     

    こんにちは!

    『緋の稜線』です。

    瞳子は16歳になります。

     

     

    瞳子は、自分が各務の家の嫁に来た事を
    実感します。

     

     

    この家に来てまだ2週間。

     

     

    和音という各務の家の娘は、いちいち
    嫌味な女です。

    昇吾兄さんは必ず戦争から
    戻ってくると和音は言います。
    瞳子は昇吾との夜を思い出し、うっと
    吐き気を我慢します。
    昇吾の母は、もしかして
    妊娠?と言いますが、瞳子はまさかそんなわけないと
    言います。
    けど、瞳子は生理が遅れている事が
    不安になります。

     
    部屋に和音と2人きりになり、
    和音は、まだ私は昇吾兄さんの事を認めないわよと
    言います。
    和音は、とりあえず瞳子が
    気に入らないみたいで、嫌味ばっかりを
    言います。
    あんたよりは綺麗な人はたくさんいるとか
    何をやってもダメだとか言われ、
    瞳子も気分が悪くなります。
    瞳子は、好きで
    嫁になったわけじゃない、あんたの兄さんが

     

    あんな事さえしなきゃと言います。
    和音はあんな事ってなにと焦っています。
    兄さんもあんたなんか本気じゃないと
    和音は嫌味を言います。
    すると瞳子は怒って和音を叩きます。
    和音は、妹の言葉とは思えない事を言います。

     

    本気で兄を好きみたいです。
    瞳子はお腹が痛むのを感じます。
    久しぶりに、実家に帰ります。

     

    帰ってきた瞳子に、父さんは怒ります。

     

    もうお前は各務の家の子だろと。

    とは言っても
    実際は瞳子が可愛くて仕方がないのです。
    父さんは涙を流しながら、瞳子を
    家に迎えます。

     

    続きのネタバレ
    ⇒緋の稜線 ネタバレ 漫画 瞳子は小さい頃に昇吾に出会っている事を気づいてない

     

    『緋の稜線』はまんが王国で
    無料お試し読みをしています。

     
    良かったら読んください。

     

    まんが王国はコチラです。
    『緋の稜線』で検索が必要です。

     

     

     

      コメントを残す