宝井理人 テンカウント ネタバレと感想【2人の関係がゆっくりと進んでいく…それが魅力的】

    テンカウント

    2016y10m06d_000830632

    作者:宝井理人

    5巻未完結

     

    テンカウントを読んでいていいなと思うのは、
    まず絵の綺麗さです。

     

    絵の繊細なタッチが好きで、
    読んでいて見やすい作品だなと思います。


    ストーリーとしての魅力は、
    展開が急ではなくゆっくり進んでいくことです。

     

    個人的なイメージなのですが、BLの作品は展開が速く行為に
    及ぶまでが「あっ」という間なもの多いおい気がします。
    テンカウントはそういうこともなく
    2人の関係性がゆっくり進んでいくのが
    魅力だなと感じます。

     

    その分2人の感情の変化であったり
    周りとの関係性の変化等を感じられる部分が多く、
    そこが作品でありながらリアルに近くも感じられるのがいいなと思います。

     

    その中で、
    成長しているような所を感じられるのも、
    他とは違う魅力が詰まっていると思います。

     
    また、
    主人公が「潔癖症」というのもあまり他にはなく、
    それをだんだんと克服していく様子やそれぞれが
    抱えている過去のことも徐々にあかされていく展開が
    先が気になるように話が作られているなと感じます。

     

     

    それぞれの抱えている問題がこれから2人の関係性を
    どうかき回していくのかや、それを乗り越えた先の関係性が
    どうなるのかがとても気になります。

     

     

    そのためBL作品があまり得意でない方でも
    読みやすい作品で魅力的だと思いました~♪

     

    無料お試し読みもあるので、
    興味がある方は読んでみて下さい!

     

    無料お試し読みはコチラです。
    「テンカウント」で検索が必要です。

     

      コメントを残す