奥田健次の出張カウンセリング ネタバレと感想【著者自身が虐待されていた!?その生い立ちとは?】

    2018y06m13d_093117417
    マンガ 奥田健次の出張カウンセリング
    作者:奥田健次 ・ 武嶌波
    1巻完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『マンガ 奥田健次の出張カウンセリング』を読みました。

     

    こちらは、漫画拝啓アスペルガー先生の続編になります。

     

     

    アスペルガー先生の話が好評だったことから、
    こちらの話が出来たようです。

     

     

    最初は、著者の生い立ちの話。

     

     

    虐待を受け育った奥田先生。

     

     

    その先に虐待を受けたからこそ、
    手に入れたものがありました。

     

     

    それは、”人を恐れない”ということです。

     

     

    逆なのでは!?と感じちゃいますが、
    奥田先生は人を恐れず自分お意見をバンバン言う
    大人になったのでした。

     

     

    それは、周りからみたら生意気とも捉える
    人もいるかもしれません。

     

     

    そんな、奥田先生の生い立ちがどんなものなのか、
    読んでみて下さい。

     

     

    『奥田健次の出張カウンセリング 』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>>BookLive!
    『奥田健次の出張』と検索してください。
    ※登録無料・継続課金なし

     

    奥田健次の出張カウンセリング のネタバレ

    父は外に女性がいました。

     

     

    そのうち、
    ほとんど自宅へは帰ってこなくなります。

     

     

    作曲家の父と
    ピアニストの母から生まれた奥田先生。

     

     

    父の記憶と言えば、

     

     

    『ひざの上に乗せギターを弾いてくれたこと』

     

     

    『竹で出来たテッポウのおもちゃをくれたこと』

     

     

    その後、2歳の時に両親は離婚。

     

     

    「僕あの人にお父さんになってもらいたい」

     

     

    離婚した後、
    母は日曜日に良く会う男性がいました。

     

     

    そして、母はその人と再婚したのです。

     

    著者自身が虐待されていた!?その生い立ちとは?

     

    『おくだけんじ』

     

     

    園の名札が変わります。

     

     

    そして、苗字も…。

     

     

    母が再婚をしたのを境に

     

     

    『バチッ』

     

     

    けんじは父親から暴力を振るわれるように
    なっていったのです。

     

     

    『ガツ』

     

     

    父親がけんじを殴る…。

     

     

    それは、食事の時にひじをついていたから。

     

     

    殴られる日々の始まりでした。

     

     

    けんじと同じことをしても、弟は殴らず、けんじだけ殴られる。

     

     

    そんな父親でした。

     

     

    『また殴られる…』

     

     

    『家には帰れない』

     

     

    両親とお出かけした時に、
    そう思ったけんじは、
    弟の連れて外を歩き回ります。

     

     

    夜になると、どうしょもなくなって、
    消防署へ…。

     

     

    そして、保護されます。

     

     

    「お父さん帰ったら叱らないであげて下さい」

     

     

    そう話す消防署の人に

    「はい」と一言話す父。

     

     

    『怒られない良かった。』

     

     

    と思ったのですが…。

     

     

    『バチッ』

     

     

    『バチッバチッ…ゴッ』

     

     

    「自分が何したかわかっとんか」

     

     

    父親は自宅に帰ると、
    けんじの顔がボコボコになるまで、
    殴り続ける…。

     

     

    止めようとする母親は、
    肋骨の骨を折ってしまいます。

     

     

    その後、けんじは、
    学校を休みがちになり、
    家出と万引きもするようになっていきます。

     

    更に色んな事象がけんじを襲う…。

     

     

    それは…。

     

    奥田健次の出張カウンセリングの感想

    作曲家の父とピアニストの母のもとで生まれたけんじ。

     

     

    父は、外に女性がいてそのうち、
    自宅へ帰ってこなくなります。

     

     

    そして、両親は離婚。

     

     

    母が再婚をすると、
    新しい父親はけんじを日々殴り続けたのでした。

     

     

    「家に帰れない」

     

     

    そう思ったけんじは、外を歩き回る。

     

    夜になると消防署に行きます。

     

     

    そこで、保護されたけんじ。

     

     

     

    しかし、自宅へ帰ると、
    顔がボコボコになるくらい、
    父親に殴られるのでした。

     

     

    けんじは、家出を繰り返し、
    万引きをするようになっていきます。

     

     

    そんな、けんじは中学に入ると…。

     

     

    カウンセラーと立派に感じる奥田先生ですが、
    幼少期から色んな辛い経験をしていることを
    知りました。

     

     

    だからこそ、
    他の子供達の辛い問題を解決できる先生に
    なれたのかもしれませんね。

     

     

    凄いです!

     

     

    「奥田健次の出張カウンセリング」は
    BookLive!で読むことができます。

     

    奥田健次の出張カウンセリングは1冊1404円
    漫画本にしは少し高めです。

     

     

    しかし、BookLive!は、
    新規登録のみ1冊半額で読むことができるのです。

     

    つまり、約700円で読むことができます。

     

     

    登録無料で無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

     

    BookLive!はコチラです。
    「奥田健次の出張」と検索してください。

     

     

     

      コメントを残す