貸出妻Mネタバレと感想【不倫公認の夫!?寝取られ妻を見ているのが好きな男】

    2018y05m22d_224423489

    貸出妻M
    作者:松本救助
    1巻完結

     

    こんにちは!漫画花子です。
    「貸出妻M」を読みました…。

     

     

    数部作になっている貸出妻M。

     

     

    そのうちの「絵画教室」の話です。

     

     

    この漫画を読んでいると、
    凄く胸がドキドキします。

     

    その内容は、

    寝取られ妻を見物する夫が描かれているから…。

     

     

    妻を他の男に抱かせ、
    その光景を見ているのです。

     

     

    不倫公認!?と思っていたら、
    妻を他の男に抱かせる目的が他にあったのです。

     

     

    妻や夫の独特な性癖に、
    ドキドキさせられちゃいますよ。

     

     

    ただのエロではなくて、
    しっかりとしたストーリー展開が
    また、気持ちを興奮させられてしまいました。。。

     

     

    「貸出妻M」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓  ↓
    >>>まんが王国
    「貸出妻M」と検索してください。
    ※登録無料

     

    貸出妻M(絵画教室)のネタバレ

    昭和初期のような時代。

     

     

    大きな家に帰宅する旦那様。

     

    「お風呂になさいますか」

     

     

    「それとも…」

     

     

    綺麗で可愛い妻が旦那様を出迎えてくれます。

     

     

    「妻という立場で…」

     

     

    「不道徳な行為を興じたその罪の内情を」

     

     

    旦那様が妻に迫る…。

     

     

    他の男に抱かれたと、
    悪いことをしたはずの妻に、
    なぜか冷静な旦那様。

     

     

    その訳は…。

     

    不倫公認の夫!?寝取られ妻を見ているのが好きな男

     

    『私は絵画教室に通うことにしました』

     

     

    妻は絵画教室に通うことに…。

     

     

    そこで、マンツーマンで男の先生から指導を
    受けます。

     

     

    「まずは姿勢をのばして…」

     

     

    先生の手が優しく妻の腰に触れる。

     

     

    そして、姿勢を正します。

     

     

    『ふわ』

     

     

    先生の身体から何か匂いが…。

     

     

    その匂いに妻はドキッとして、
    頬を赤く染める。

     

     

    その表情は恥ずかしそうに、
    目を横下に向け色っぽい表情に…。

     

     

    旦那様は、そんな妻の表情を
    見逃さない。

     

     

    木の陰から、
    妻と先生のやりとりを見ているのでした。

     

     

    『久々に感じる雄の匂い』

     

     

    妻は、欲情だた漏れだったのです。

     

     

    恋をしたのか、
    女性ホルモンから肌も綺麗になり、
    先生から褒められる。

     

     

    『他の男の匂いに抱かれたかったのです』

     

     

    妻は先生の身体の匂いを積極的に
    嗅ぐ始めます。

     

     

    すると…。

     

    「あまり見ないでください」

     

     

    妻は赤面し、とてもだらしない顔をしている。

    と先生に見られるのを拒むのでした。

     

     

    『くっ』

     

     

    先生が妻の胸を手で持ち上がると、
    ブラウスから妻も胸がこぼれ落ちる…。

     

     

    『はぁ…はぁ…』

     

     

    先生もそんな色っぽい妻の姿に
    欲情しない訳もなく、

     

     

    「旦那さんは触ってくれないの?」

     

     

    妻の身体を触り始めます。

     

     

    「んっ…んっ」

     

     

    絵画が並んだ美術室のような部屋で、
    先生に抱かれる妻。

     

     

    『ズッ』

     

     

    『ズッ』

     

     

    「声だしても大丈夫ですよ」

     

     

    「この時間誰もこないですから」

     

     

    先生は壁に妻を押し付け激しく動く。

     

     

    「あぁあああ」

     

     

    久々のせいもあってか、
    妻は気持ちよくて顔を歪ませてしまう。

     

     

    そして、妻の目の先には旦那様が…。

     

    貸出妻Mの感想

     

    旦那様と一緒に住む妻。

     

     

    妻は絵画を習いに行くのでした。

     

     

    そこで教えてくれる男の先生の匂いに
    ドキドキする妻。

     

    「他の男の匂いに抱かれたかったんです」

     

     

    それを望んでいたのか、
    妻は先生の匂いをクンクン嗅ぎます。

     

     

    先生もそんな妻に欲情しないはずもなく、
    妻は先生に抱かれてします。

     

     

    その一部始終を旦那様は眺めている。

     

     

    帰宅した後、旦那様は妻に…。

     

     

    色っぽすぎる妻に、
    ドキドキ感がおさまらない漫画でした。

     

     

    「貸出妻M」はまんが王国で読むことが出来ます。

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

     

    まんが王国はコチラです。
    「貸出妻M」と検索してください。

     

     

      コメントを残す