一日千秋 1巻のネタバレと感想【不妊治療の末に疲れた妻?子供が欲しい人に出来ない事実】

    2018y05m16d_110219088

    一日千秋
    作者:森脇葵

     

    こんにちは!漫画花子です。
    『一日千秋』を読みました。

     

     

    「子供が欲しい…」

     

     

    不妊治療をしている子供を授からない。

     

     

    そんな、結婚7年目を迎える夫婦の話です。

     

     

    夫は良き理解者であり、
    とても優しい…。

     

    子供が欲しいと思って思い詰めている妻の
    気持ちを良く察してくれています。

     

     

    そんな、夫だけど…。

     

    「子供が大好き」

     

     

    それは、一緒にいれば性格や態度でよくわかる。

     

    見ていると、こっちも辛くなります。

     

     

    だって、夫も子供が欲しいのだから…。

     

     

    義母にも子供が出来ないからって、
    週に1回はアドバイスの電話。

     

     

    その義母のアドバイスは妻を追い詰められる。

     

     

    「世の中は不公平だ!」

     

     

    子供が欲しくないっと思っている女性に
    子供が出来る。

     

     

    なぜ、自分に授からないのだろう…。

     

     

    結局妊娠出来た女性をドロドロした気持ちで
    みてしまうのです。

     

     

    そんな自分自身も嫌だったりして…。

     

     

    しかし、その気持ちは当たり前のことの気がする…。

     

     

    子供が欲しくて出来ないって本当に辛いことだと
    思うから。

     

     

    妊娠の確立が低くって、
    妊娠できるって奇跡とすら思う事です。

     

     

    そんな夫婦についに子供が!?

     

     

    「一日千秋」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓   ↓
    >>>まんが王国
    「一日千秋」と検索してください。

    ※登録無料

     

    一日千秋1巻のネタバレ

     

    『子供なんてすぐに出来ると思っていた』

     

     

    そんな風に思っていた翔子は34歳になり、
    結婚7年目を迎える。

     

    子供3人くらいほしいね。

     

     

    そんな風に夫の裕と話していたけど、
    今は不妊治療を繰り返している。

     

     

    そして、今回で人工授精5回目。

     

     

    『私達夫婦に子供は?』

     

     

    と聞く人もいなくなった。

     

     

    というより、聞きずらくなったのかもしれない。

     

     

    特に、生理不順でもないし、大きな病気もしたことがない。

     

     

    なのに、不妊で病院に通う翔子。

     

     

    初めはドキドキしていた人工授精だが、
    今となって緊張もない。

     

     

    『体と経済的なことも考えて今回で最後』

     

     

    そんな風に考えていたのでした。

     

    不妊治療の末に疲れた妻?子供が欲しい人に出来ない事実

     

    「これって陽性でてるじゃん」

     

     

    人工授精を受けた後、
    会社に出社した翔子。

     

    トイレに妊娠検査薬を発見する。

     

     

    それは、会社の同僚の茜のものだった。

     

     

    茜はまだ若い。

     

     

    だからこそ、こんな考えだ。

     

     

    大失敗』

     

     

    『バリバリ仕事をするのが憧れだったのに』

     

    『自由な時間ともさよならだ』

     

    『別に私は今じゃなくてもよかったのに』

     

     

    この茜の言葉が翔子の心につきささる。

     

     

    そんな、翔子は会社に不妊治療をしていることを
    言っていない。

     

     

    「欲しい時にすぐできるとは限らないだよ」

     

     

    翔子はそんな茜に一言いいます。

     

     

    茜は綺麗ごとを言っていると思っているようだが、
    翔子は大真面目。

     

     

    「また母さん…?」

     

     

    翔子の電話がなります。

     

     

    それは、義母からなのでした。

     

     

    「赤い魚は妊娠に効くみたいだから…」

     

     

    「あなたたち子供の作り方知っているの?」

     

     

    お決まりの子供に関しての電話。

     

    そんな、義母に夫の裕が、

     

     

    「母さんもういいだろ」

     

     

    翔子の電話を取り上げ、裕がそう話す。

     

     

    理解力のある裕はいつも翔子の気持ちを考えてくれる。

     

     

    しかし、

     

     

    「これ?君にあげるよ」

     

     

    ファミレスのような所で食事をしていると、
    小さな男の子が裕に近づく。

     

    それは、”ナプキンで作ったあひる”が
    欲しいとねだるのでした。

     

     

    そんな、姿を見ていると翔子は辛くなる…。

     

     

    裕が子供を好きなのを知っているから…。

     

     

    そんなある日、
    翔子は妊娠検査薬をしてみると陽性反応が!?

     

     

    「子供を授かったのだろうか?」

     

     

    と喜ぶ2人。

     

     

     

    しかし、その喜びは皮肉な結果と終わるのでした。

     

     

    翔子は自分の気持ちを抑えられませんでした。

     

     

    そんな中、茜は知らずに翔子を傷つける…。

     

     

    その原因は…。

     

    一日千秋1巻の感想

     

    34歳、結婚7年目で子なし。

     

     

    子供がほしくて今回で5回目の人工授精を
    受けている翔子。

     

     

    そんな中会社の同僚茜が妊娠。

     

     

    不妊治療を受けている翔子を知らない茜は、
    翔子を気づ付けます。

     

     

    それは、子供なんて今はいらない。

     

     

    そんな感じだから…。

     

     

    「欲しくて授からない翔子」

     

     

    「欲しくないのに授かった茜」

     

     

    皮肉にも子供が欲しい人に
    授からない事実があります。

     

     

    そんな、女性の気持ちは本当につらいものでしょうね…。

     

     

    母親になる資格がないから!?

     

     

    とまで自分を責める翔子を見ていると辛いです。

     

     

    「一日千秋」はまんが王国で読むことが出来ます。

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

     

    まんが王国はコチラです。
    「一日千秋」と検索してください。

     

     

      コメントを残す