獣人カレシと子作り生活 ネタバレと感想【大きすぎたアレを無理やり私の中!?欲情すると大変なことに…】

    [ComicFesta]【TL】獣人カレシと子作り生活。~そんなおっきいの…入らない…っ.ver2.3.2

    獣人カレシと子作り生活
    ~そんなおっきいの入れない…っ
    作者:駒込

     

     

    こんにちは!漫画花子です。
    「獣人カレシと子作り生活~そんなおっきいの入れない…っ」を
    読みました。

     

     

    野獣と人間が共存する世界。

     

     

    それは、
    野獣との比率はたった1割と少数なのですが、
    なんせ知能や性的なことも人間より高い。

     

     

    そして、
    人間の彼氏を持つ主人公の春花。

     

     

    彼氏がなかなか抱いてくれないから、
    露出の高い下着のようなもので、
    近づいてみると…。

     

    初めは手をださなかった彼氏も
    ついに欲情し、大変なことに!?

     

    人間だと思ったら、
    実は野獣…。

     

     

    もう、そこから、人間よりも性的能力も
    高い野獣だったから、春花もそのすごさに
    悲鳴をあげる!?

     

     

    「獣人カレシと子作り生活~そんなおっきいの入れない…っ」
    無料お試し読みはコチラ
    ↓  ↓   ↓
    >>>コミックフェスタ
    「獣人カレシと子作り生活」と検索してください。
    ※登録無料

     

     

    獣人カレシと子作り生活~そんなおっきいの入れない…っのネタバレ

     

    「いいから一緒にこい」

     

     

    会社の上司でもある野獣につかまる春花。

     

     

    野獣は人間よりも知性、体力ともに高く、
    上司やリーダーになることも少なくない。

     

     

    『ガシっ』

     

     

    「私がご一緒にましょうか?」

     

     

    春花が連れていかれそうになると、
    社内の男性 望月が助けてくれます。

     

     

    望月は部長を務めていて、
    春花の彼氏。

     

     

    「知ってるだろう?」

     

     

    「強すぎる性衝動から人間の女性を
    襲う事件も少なくない…」

     

     

    もしかしたら、社内で春花も、
    野獣の上司に襲われたかもしれない…。

     

     

    と心配する望月なのでした。

     

     

    そして、望月と付き合って1年。

     

     

    なのに、キスもしたことがない。

     

     

    というより、キスをしようとすると、
    避けられている気がするのでした。

     

     

    大きすぎたアレを無理やり私の中!?欲情すると大変なことに…

     

     

    そんな、望月に色気仕掛けをし始める春花。

     

     

    温泉に来ていた2人。

     

     

    「ベランダに出てみませんか」

     

     

    春花の服装は、
    ネグリジェのような色気がプンプンの服。

     

     

    そんな、服で望月にくっつくと…。

     

     

    「そんな格好していたら風邪ひくぞ」

     

     

    上着をかけられてしまいます。

     

     

    何もしてくれない、望月に不満を

    覚えた春花はもう限界!!

     

     

    「私に…欲情してください…っ」

     

     

    そういって、上着を脱ぎ望月に近づく…。

     

     

    『ちゅっ』

     

     

    優しく春花からキス…。

     

     

    『あ…大きくなってきた…』

     

     

    積極的にも春花は望月のアレを
    さすってやると…。

     

     

    「ダメだ…」

     

     

    望月の様子がおかしい…。

     

     

    どんどん大きくなるアレと、
    体つきも…。

     

     

    『ええ!?』

     

     

    見る見るうちに野獣化していく望月。

     

     

    そして、

     

     

    「すまない…」

     

     

    「もう抑えられない」

     

     

    そういうと、春花の服をはだけさせて…。

     

     

    『ひゃあっ』

     

     

    『ジュポ…ジュピ…ジュポ』

     

     

    野獣の長い舌で春花のアソコを刺激する。

     

     

    『長い舌が奥まで…』

     

     

    『ジュポ…ジュププ…』

     

     

    「あっ」

     

     

    「ひっ」

     

     

    春花も気持ちよすぎて顔が歪んでしまいます。

     

    我慢できなくなった望月は服を脱ぎ始めます。

     

     

    そして、初めてみる望月のアレをみて、

     

     

    『想像以上に大きい…!!』

     

     

    春花は固まってしまう…。

     

     

    そして、

     

     

    『グイっ』

     

     

    「ああっ」

     

     

    春花は…。

     

     

    「獣人カレシと子作り生活~そんなおっきいの入れない…っ」の感想

     

    人間と野獣が共存する世界。

     

     

    そこで、春花は野獣の上司に襲われそうになります。

     

     

    しかし、彼氏の望月が春花を助ける。

     

     

    付き合って1周年ということもあって、
    2人で温泉にいきます。

     

     

    そして、キスもまだしたことないことに、
    春花は不満に思う。

     

     

    自分から積極的にネグリジェのような服を来て
    アピールするが、拒否されて…。

     

     

    「私に…発情してください」

     

     

    そして、春花からキス。

     

     

    それがキッカケで、望月は発情し、
    野獣となります。

     

     

    その後の、野獣とのセックスが凄まじすぎて
    春花は…。

     

     

    とにかく、野獣だからこそできる
    セックスがヤバかったです。

     

     

    「獣人カレシと子作り生活~そんなおっきいの入れない…っ」は
    コミックフェスタで1話60円で読むことが出来ます。

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

     

    コミックフェスタはコチラ
    「獣人カレシと子作り生活」と検索してください。

     

     

      コメントを残す