スカートの中はケダモノでした。 4巻 ネタバレ【本当の姿を見てほしい…!観覧車の中で愛し合う2人】

    スカートの中はケダモノでした。

    2016y06m07d_150341605

    作者:ハナマルオ

    8巻未完結

     

     

    こんにちは!漫画花子です。

     

    スカートの中はケダモノでした。4巻です。

     

    静歌に告白した涼。

    男性が苦手な静歌は涼を彼氏ではなく、

    「彼氏候補」とします。

     

     

    男性姿がものすごーくカッコイイのに、

    女装しなければいけない理由も3巻で

    わかりました。

     

    ⇒スカートの中はケダモノでした。3巻ネタバレ

     

    4巻では、そんな涼がなぜ女装をするのか?

    そして、2人はまたそんな所で…。

     

    本当の姿を見てほしい…!観覧車の中で愛し合う2人

     

    「今度の休日デートして」

     

    涼とホテルでルームサービスやホテル代を
    すべてだしてもらいお礼をしたいと話す静歌。

     

    その代わりに、デートをすることになりました。

     

    遊園地で2人は楽しんで少しベンチに座って休憩すると

     

    「ちゃんと「俺」を見てくれる子に会いたかったんだ。

    寄ってくる子は俺の見た目しか見ていないから

    話していてもむなしくて…」

     

    涼は街コンで女装していた理由を話始める…。

     

    「ザーーーー」

     

    いきなり大雨が降ってきます。

     

    雨をしのぐために観覧車に乗りこむ2人。

    静歌の服はグッチョリ濡れています。

     

    寒くないよう涼の着ていた上着を羽織らせる。

     

    「キスしてもいい?」

     

    優しくキスをしたら止まらない…。

     

    「吐息が暖かい…」

     

    静歌が上になり、

    2人は抱き合うように座り、

    徐々に下の服だけを脱がされる。。

     

    「あっ、あっ…」

     

    涼のする行為にゾクゾクして、

    顔を歪めます。

     

    そして、
    キスを何回もして、
    ものすごーく気持ちよくなる2人。

     

    観覧車の中で愛し合います。。

     

     

    スカートの中はケダモノでしたは、

    涼の本音と観覧車の中で2人は愛を確かめちゃいます。

     

    静歌は愛されているのもあるのか、

    「今まで一番気持ちよさそう~」

    でした(笑)

     

     

    1巻150円で読めるので読んでみて下さい!

     

     

    無料お試し読みはコチラです。

    「スカートの中はケダモノでした」で検索して下さい!

      コメントを残す