今宵、少女は獣に抱かれて9話ネタバレと感想【もう止まらない?自分から旦那様に襲われに行くひより…】

    [ComicFesta]【少女】今宵、少女は獣に抱かれ…【フルカラー】[ウェイブ].ver2.3.2

    今宵、少女は獣に抱かれて
    作者:COTA
    9話未完結

     

    こんにちは!漫画花子です。

     

    「今宵、少女は獣に抱かれて」9話です。

     

    ついに旦那様がひよりを抱いてしまう?

     

     

    というか、そういった危険を知りながらも
    ひよりから旦那様に近づいていきます。

     

     

    襲われてもおかしくない日が傾きかけた時間。

     

    ひよりは旦那様の部屋にいました。

     

     

    それは、
    旦那様の病のことが気になってしょうがなくて、
    話を聞いていたからです。

     

     

    しかし、やっぱり発作がはじまって、
    部屋を出ようとしたら…。

     

     

     

    もう、旦那様の行為が止まらなくなって…。

     

     

    『今宵、少女は獣に抱かれて』
    無料お試し読みはコチラです。
    ↓   ↓   ↓
    >>>コミックフェスタ
    『今宵、少女は獣に』で検索してください。
    ※登録無料

     

    今宵、少女は獣に抱かれて9話ネタバレ

     

    「旦那様のこともっと知りたいんです!」

     

     

    旦那様の病について知りたいひより。

     

     

    日は傾き旦那様と2人きりになるのは、
    危険な状態だとわかっていても、
    話を聞こうとします。

     

     

    「無理いってごめんなさい」

     

     

    状態をわかっていながら、
    そう話すひより。

     

     

    旦那様は病について、
    更に詳しく話そうとすると…。

     

     

    「……っ」

     

     

    「部屋から出ろ…っ」

     

     

    「今すぐに」

     

     

    やっぱり発作が出始めます。

     

     

    ひよりは急いで、
    ふすまの戸を開けて出ようとすると、

     

     

    『グイッ…ダンッ』

     

     

    着物を引っ張られ、
    そのまま押し倒されてしまう。

     

     

    『バサッ』

     

     

    旦那様は着物を脱ぎ始め上半身裸に…。

     

     

    ひよりは恥ずかしくて、
    直視できずを横を向いてしまう。

     

     

    『ちゅっ』

     

     

    ひよりの着物を”グイ”と引っ張り、
    胸元に口を這わす旦那様。

     

     

    『ちゅう…ちゅっ』

     

     

    「あ」

     

     

    ひよりと旦那様上半身はだけたまま…。

     

    今宵、少女は獣に抱かれて9話ネタバレ

     

    旦那様の病が気になるひより。

     

     

    日が傾いて発作がいつでてもおかしくない時間。

     

     

    だらかまた今度話すと旦那様から言われます。

     

     

    しかし、
    危ないとわかっていながら、
    ひよりは旦那様から無理やり話を聞くことに…。

     

     

    部屋に2人きり…。

     

     

    病のことを詳しく話そうとすると、
    旦那様の発作が始まる。

     

     

    そして、ひよりは再び押し倒されて、
    胸元を吸われます。

     

     

    上半身裸の2人…更に…。

     

     

    「今宵、少女は獣に抱かれて」は
    コミックフェスタで1話60円で読むことができます。

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んで下さい。

     

    登録は無料です。

     

     

    コミックフェスタはコチラ
    「今宵、少女は獣に」で検索してください。

     

     

     

     

     

     

      コメントを残す